ダイヤモンドブログへようこそ!!ダイヤモンドブログではスポーツ選手や芸能人のブログを掲載しております。

お得情報随時掲載中♪

芸能人ブログ、エンタメ情報ならダイヤモンドブログ



ニュースカテゴリ

ダイヤモンドブログから旬な芸能ニュースをお届け!
エンタメの最新動向をチェック♪


【ライブレポート】岡崎体育が笑いを封印?氣志團万博2020のステージで新境地のバラードを披露。画像あり

9月26日

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年まで毎年開催されてきた千葉県・袖ケ浦海浜公園のステージで開催されていた氣志團万博。今年は9月26日に『氣志團万博2020 ~家でYEAH!!~』と称し、1日限りのオンライン開催で実施されている。今回、オンライン開催のステージになったのは都内某ライブハウス。そのステージに登場した岡崎体育が、これまでの彼とは違う一面を披露し大きな爪痕を残した。

2019年には、デビューから目標にしてきたさいたまスーパーアリーナの公演を実現。アーティストとして脂の乗ってきた岡崎体育が、オープニングから彼にしかできない独自の世界観を引っさげて現れた。そんな1曲めは『MOSSAIの神』。「MOSSAIステージの神、MOSSAI様〜」と不穏な音色に合わせ、いつものBASIN TECNOのパーカーで頭からフードをかぶった岡崎がステージに現れる。氣志團万博の野外ステージはメインとなるYASSAIステージとサブとなるMOSSAIステージあるのだが、岡崎は3回出演しているにも関わらず毎回サブのMOSSAIステージでの出演であることに不満を噴出。前回の氣志團万博出演時には、それを逆手に取って自らがMOSSAIの神となってステージに降臨したのだ。

というわけで、今回もそのままの勢いでオープニングはMOSSAI様ネタで登場したのだが、彼の悪ふざけはこれでは終わらなかった。2曲目も追い打ちをかけるかのように『MOSSAI様の憂鬱』。曲の中で「MOSSAIで終わる気はない」と宣言し、綾小路 翔に宣戦布告。っていうか、今回会場はMOSSAIステージでもYASSAIステージでもなく都内のライブハウスなんですけど(笑)

「こんばんは、みなさん。2年ぶりの出演となります。去年はさいたまスーパーアリーナでワンマンライブをするという僕の人生のピークだったのかもしれないという大きなイベントがあったんで、出演依頼はすべて断ってしまっていて…。今年はこういった形で開催してくれた氣志團に拍手!」昨年出演できなかった理由と氣志團への感謝を告げる岡崎。

「今、画面の前でみなさんが、いつものフェスとはちょっと違う感覚で見ているような気がしてて。というわけで、インターネット上のケンカを曲にしてみました」。続いての曲『Fight on the WEB』では、曲に合わせて画面にアスキーアートや掲示板風のコメントが映し出されるという演出で楽しませてくれた。岡崎はネットでケンカをしている中の人になりきって、ソロライブなのに一言も声を発しないという大胆なスタイルでこの曲を乗り切った。新しい表現で、オンラインライブならではの面白味を感じさせてくれるアイデアには、改めて驚かされた。

「ここからはちょっと、岡崎体育・第二章じゃないですけど、真面目な曲もちょっとやってこうかなと。それを聞いてもらえたらと」。ステージにはコントラバスとチェロの奏者が登場し、岡崎の新たな側面を魅せてくれる『龍』が披露された。『龍』は優しさに満ちたバラードソング。これまでの彼の作風を封印した曲だが、こうしたギャップも彼の新しい魅力になることだろう。

「次で最後の曲となってしまいました」。『龍』を歌い終え、無音の中で淡々とMCを続ける中、話題は再びYASSAiステージへ。「出たくて仕方なくて。でもMOSSAIステージの神になってしまったので、アーティストとして今後どんなに大きくなっても絶対にYASSAIステージに出ません!」。誰も頼んでもいないのに、いきなりYASSAIステージには出ないと宣言するところも彼らしくておもしろい。

そんな岡崎のラスト1曲は『Eagle』。こちらもストリングスを背景にしたサウンドに、選びぬかれた歌詞を載せた壮大なスケールの曲。彼言う第二章の入り口を思わせてくれる新境地を垣間見せてくれた。「いろんな曲を今まで、実家で作ってきました。去年東京に引っ越してきていろんな曲を作ってます。音楽にはいろんな力があって、感動させたり、テンションあがったり。画面の前で見てくれているみんなが、それぞれ自分の家からイエーイってできるところまで連れていきたいと思っています」決意表明とも取れるメッセージを残し、第二章を踏み出した彼はステージを去っていった。


氣志團万博2020 ~家でYEAH!!~
岡崎体育 セットリスト

M1:MOSSAI様
M2:MOSSAI様の憂鬱
M3:Fight on the WEB
M4:龍
M5:Eagle


情報提供元:WWSチャンネル
記事名:「【ライブレポート】岡崎体育が笑いを封印?氣志團万博2020のステージで新境地のバラードを披露。」




見逃すな!注目ニュース!!

もっと見る

★注目ダイヤモンドブロガー★

  • 梅本まどか
  • 出川哲郎
  • みひろ
  • SHOW-YA(ショーヤ)寺田恵子
  • CHERRSEE
  • 諸星和己
  • 範田紗々
  • 大島薫
  • 上本達之
  • 越川優
  • 奥田健次
NO KICK NO LIFE ~新章~ X DIAMOND FES オンライン配信で開催決定!!
韓流の全てがあるショップ、K-LIFE WORLD SHOP、ここにしかない商品をぜひチェック!
EXID公式モバイルサイト
MOMOLAND公式モバイルサイト