ダイヤモンドブログへようこそ!!ダイヤモンドブログではスポーツ選手や芸能人のブログを掲載しております。

お得情報随時掲載中♪

芸能人ブログ、エンタメ情報ならダイヤモンドブログ



ニュースカテゴリ

ダイヤモンドブログから旬な芸能ニュースをお届け!
エンタメの最新動向をチェック♪


ファイナルファンタジーの興味深い事実画像あり

1月26日

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ファイナルファンタジーは、最も人気のあるビデオゲームの一つです。それは、その様々な作品を保有し、多様なゲームプレイ方式を持つ日本のロールプレイングゲームです。その人気の高さから、コンソール、コンピュータ、スマートフォン、ゲームストリーミングサービスなど、いくつかのプラットフォームで配信。また、漫画、小説、映画などのメディアにも進出しています。このゲームシリーズの醍醐味は、1つのパーティで複数のキャラクターを操作することです。また、新たなアクティビティを行う、敵を倒すための強力な装備を入手し、パーティの戦力を強化していく必要があります。

 ワールドマップを探索していると、ランダムな出会いがたくさんあるので、いくつかのバトルコマンドを解除しましょう。アクティブタイムバトル(ATB)システムを利用して、戦闘スキルを発動させます。
 敵が突然現れるかもしれないので、常に目を離さないようにしてください。ファイナルファンタジーシリーズ についてもっと知るために、知っておくべき興味深い事実をいくつか紹介します。


ゲーム内のロマンス
 信じられないかもしれないが、ファイナルファンタジーの生みの親であるクリエイター、 坂口博信氏がゲーム内恋愛機能を取り入れ普及させた。基本的には、プレイヤーが他のプレイヤーと仮想的な関係を築くことができる機能です。


象徴的なメロディ
 ファイナルファンタジーのどのバージョンにも、ゲームのトレードマークとなる前奏曲があります。その「プレリュード(The Prelude)」または「クリスタルテーマ(Crystral Theme)」が10分足らずで作られたことが明かされた。シリーズの作曲家である植松伸夫氏によると、坂口氏が突然スタジオに押しかけてきて「あと1曲欲しい」と言ったのがきっかけで作曲された。


バトルシステム
 驚愕な事実は、ファイナルファンタジーのバトルシステムが、アメリカンフットボールを参考にしていたということだ。このゲームのバトルシステムのデザイナーである伊藤博之氏は、これまでロールプレイングゲームをプレイしたことがないことを認めています。その代わり、彼はアメリカンフットボールからインスピレーションを得てゲームプレイのデザインをしたという。そのため、事前準備を重視した攻撃では2つのチームが交代しながら行う。


アクシデント・グラインド・パラダイス
 気づいていないかもしれませんが、シリーズ5で登場した「Peninsula of Power(英語版表記)」は除外されているような場所です。
 プラボカの北東にある土地の塊で、船に乗ってしか行けない。プログラムのミスにより、パーティのレベルを人為的に上げることができる場所になってしまった。


シークレットパズル
 謎解きが好きな人は、船に乗ってAボタンとBボタンを55回押して発動させましょう。基本的には好きなように遊べるミニゲームです。一番の魅力は、パズルをクリアするごとに100ギルがもらえることです。


隠れクエスト
 ファイナルファンタジーIXには、知られざる隠れクエストがあることをご存知でしょうか?

 それは、ゲームが日本で独占的に発売された13年後に、たまたま攻略ガイドを読んでいたファンが発見されました。クエストをクリアするには、最後のダンジョンの一つから始めて、ネロ兄弟に話しかけるためにいくつかの重要なポイントから脱出しなければなりません。


ジェノバ
 ファイナルファンタジーVIIの開発中には、多くの変更点があります。大きな変更点の一つがジェノバのキャラクター設定です。ゲームの最終版では、ジェノバは惑星に不時着した宇宙人です。過去には彼女のDNAはスーパーソルジャーを作るためにも使われていました。
 しかし、元々のコンセプトでは、ジェノバは全ての人間の遺伝子の中に含まれているということでした。ジェノバを目覚めさせれば、特別な力を与えられます。また、自身の身体の一部を裂くクリーチャーに変化した。また、それぞれの体のパーツを倒さなければモンスターに変化させることもできます。


各シリーズのシド
 ファイナルファンタジーのゲームには、最初のゲームを除いてシドという名前のキャラクターが存在します。 事実、彼は多くのゲームで象徴的なキャラとして考えられています。シドはそれぞれのゲームで異なる要素を提供しており、シリーズのどの作品に登場するかによって、プレイアブルなキャラクターになることも、そうでないキャラクターになることもあります。


ステータスとゲームの魔法
 一般的な概念に対して、ステータスの統計やゲームの魔法は完全に役に立たず、無意味なものではありません。その機能はゲームやキャラクターによって異なり、ステータスが高ければ、強力な魔法でダメージを与えます。


カルト・フェイバリット
 セフィロスはシリーズで最も人気のある悪役として知られていますが、日本でカルト的な人気を誇るのがファイナルファンタジーIIのエンペラー・マテウスです。彼は地獄と天国を支配していた悪役で、主人公たちへの復讐を目論んでいます。


7人組のチーム
 このゲームは当初、わずか7人のチームで制作されました。それから10年後、120人以上のクリエイティブな人々が協力してファイナルファンタジーVIIを制作しました。一方で、ファイナルファンタジーXIIの制作には300人近くの人が関わったそうです。
 ファイナルファンタジーシリーズは、ゲーム業界で何十年もの時を経ています。最新作はファイナルファンタジーVIIのリメイク版で、すでにシリーズ16作目が開発されています。これほどのファイナルファンタジー作品があるのだから、まだまだ多くの逸話があることは間違いないだろう。
 誰かわかる?もしかしたら、あなたが次のプレイヤーになって秘密の隠れ家を発見するかもしれません。




コメントする

見逃すな!注目ニュース!!

もっと見る

★注目ダイヤモンドブロガー★

  • 梅本まどか
  • 出川哲郎
  • みひろ
  • SHOW-YA(ショーヤ)寺田恵子
  • CHERRSEE
  • 諸星和己
  • 範田紗々
  • 大島薫
  • 上本達之
  • 越川優
  • 奥田健次
NO KICK NO LIFE 新章-雲外蒼天- X DIAMOND FES
ダイヤモンドチケットでGoToイベントキャンペーン 対象イベントが20%OFF!
EXID公式モバイルサイト
MOMOLAND公式モバイルサイト