ダイヤモンドブログへようこそ!!ダイヤモンドブログではスポーツ選手や芸能人のブログを掲載しております。

お得情報随時掲載中♪

芸能人ブログ、エンタメ情報ならダイヤモンドブログ



ニュースカテゴリ

ダイヤモンドブログから旬な芸能ニュースをお届け!
エンタメの最新動向をチェック♪


M!LK、結成5周年記念でスペシャル尽くしのリリイベ!久々な“締め挨拶”も復活画像あり

11月07日

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年11月6日、ダンスボーカルユニットM!LKが10thシングル『ERA』のリリースイベントを都内で行い、会場となった東京ドームシティ ラクーアガーデンステージの広場はもちろん、2階のバルコニーも含め1,500人のみ!るきーず(M!LKファンの総称)がつめかけ、大きな盛り上がりを見せた。

今年の11月をもって結成5周年を迎えたM!LK。
登場すると自己紹介から始まり、その後早速MCからこの日のライブはスタート。
勇斗が「今日は、お歌を歌わせて頂きたいんですが…」と可愛らしい単語でMCを行うと早速メンバーから“お歌”という単語へ総ツッコミが入る。
そして「何とね!何と何と…」とたっぷりタメて焦らしながら発表したのは「今日はスペシャルメドレーをやっちゃいます!やばいのよ!何かとは言えないんだけども、今までのリリイベ史上一番豪華かもしれない!」とワクワクを隠せない様子で口にすると、会場からは大きな悲鳴が上がる。同様にそれを受けてメンバーも終始満面の笑みを見せ、ワクワクした気持ちを隠せない様子。

すると瑞生が「久々のアレ、かましますか!俺がコーヒーが…と言ったら…」と口にしだすと会場からはさらに大きな、悲鳴に近い歓声が起こり、「コーヒーが」という呼びかけに対し、観客が「飲めません!」というコール&レスポンスで1曲目『コーヒーが飲めません』がスタート。
その後もノンストップでメドレーが展開されていくが、いずれの曲もこれまで発表されている全9枚のシングル表題曲が発売された順に次々と披露されるという、豪華なセットリストで進行していく。

なお2thシングル『反抗期アバンチュールでは』、「まだまだ子どもなの?」という歌詞を舜太が可愛らしく歌うと会場からはそのキュートな様子に大きな歓声が起こり、3th『新学期アラカルト』ではライブさながら、お立ち台は無いもののステージ左右でメンバーが観客を煽る仕草も。また5thシングル『疾走ペンデュラム』ではサビの手を貝のようにパカパカとさせる場面で、手の動きに合わせて瑞生が頭を振ると「かわいい!」と歓声が上がる様子も見られた。

一気に9曲のメドレーを歌い終えると、静かに勇斗が「5年間の僕たちの想いがつまっています」と語りだし、本日発売となる結成5周年を記念した10thシングル『ERA』がスタート。
後のMCで仁人が「歌詞の一文字一文字に意味が込められている」と語った通り、絶叫するように歌う様子を見せるなど時に激しく、時にたっぷりと想いを込めたような様子で歌いあげるなど、感情豊かにパフォーマンスを行い、会場の観客を引き込んで行く。

一通り歌い終えると、これまでの勢いとは一転、ホッとしたような柔らかい笑顔を見せ、静かにお礼を言うメンバーたち。

その後、勇斗が「5年間、色々ありましたでしょ!?」と茶目っ気のある言い方をしながら、“これまでの総括”として、メンバー1人1人が想いを述べる時間へ。
なお順番を巡って「どうする?どうする?」とメンバー同士お互いをキョロキョロ見渡しながら順番を決めるなど、飾らないM!LKらしい姿を見せる場面も。

それぞれのメンバーのコメント(抜粋)は以下。
舜太:1年半だがたくさんの濃厚な経験をさせてもらって、こうしてリリースイベントをやらせてもらったりしているが、これは当たり前な事じゃない。これからも感謝を忘れずに1歩1歩、大切にやっていきたい。

琉弥:時には不安などもあり、お客さんからパワーをもらってたけど、今は逆にパワーを与えられるようになってきているので、これからも頑張っていきたい。

勇斗:5年間は、すごく短かった。
今日も多くのファンの方に来てもらえて幸せな気持ちでいっぱい。
この5年間、別れや出会いがあって、濃厚で素晴らしい時間をメンバー、み!るきーず、スタッフの皆さんと過ごすことができた。これからも、まだまだ全力で突っ走っていきます。

柔太朗:1年半だけど、みんなが温かく迎え入れてくれて。やりたい事がいっぱい見つかったし、夢もたくさん実現できたし、まだまだやりたい事もいっぱいあるし、M!LKにいれる事が嬉しい。これからもずっと続けていけたらと思っている。

瑞希:おじさんになりましたね、僕らも(笑)!
今じゃ、こんなに話せるようになったし、新メンバーみんなも立派になってきてくれたし、仲間としてすごく嬉しい。僕らなりの年齢で今表現できる事をやりながら、これから先の未来も皆さんに楽しんで頂けたらと思う。

太智:別れや新メンバーとの出会いがあったり、色々な事があったけど皆さんに支えてもらって、僕たち7人はステージに立てて、このシングルの発売日を迎えられた。
その事をメンバー全員とても感謝している。ファンの皆さんが喜ぶ事をもっともっとやっていきたいと思うし、まだまだ達成しなきゃいけない目標がたくさんあるので、それに向かって頑張っていきたい。

仁人:5年という節目は、メンバーや皆さんがいなければ迎えられなかった
本当に感謝している。自分も来年20歳となり、自分にとってもM!LKにとっても大切な年になると思っている。2020年、より多くの方にM!LKという名前を知っていただけるように一生懸命、一歩一歩歩んで行きたい。この後のツアーはもちろん5年後、10年後、大きなステージで皆さんにお会いできるように頑張りたい。

そして最後にメンバーと会場に来ているファンで記念撮影を行い、M!LKメンバーが普段行う「以上、僕たちはM!LKでした!」という挨拶に続き、以前にイベントで行われた「私たちは」とM!LKが呼びかけ、観客が「み!るきーずでした!」とコールをしてイベントを締めるという5周年記念というこの日ならではなスペシャルな内容が最後まで行われ、この日のリリースイベントは幕を閉じた。

(取材・文/ 佐藤 早雪)


情報提供元:WWSチャンネル
記事名:「M!LK、結成5周年記念でスペシャル尽くしのリリイベ!久々な“締め挨拶”も復活」




見逃すな!注目ニュース!!

もっと見る

★注目ダイヤモンドブロガー★

  • 梅本まどか
  • 出川哲郎
  • みひろ
  • SHOW-YA(ショーヤ)寺田恵子
  • CHERRSEE
  • 諸星和己
  • 範田紗々
  • 大島薫
  • 上本達之
  • 越川優
  • 奥田健次
HARA(ハラ) ZeppTour2019〜HELLO〜 オフィシャルサイト
MONSTA X Official Mobile Site
EXID公式モバイルサイト
MOMOLAND公式モバイルサイト