ダイヤモンドブログへようこそ!!ダイヤモンドブログではスポーツ選手や芸能人のブログを掲載しております。

お得情報随時掲載中♪

芸能人ブログ、エンタメ情報ならダイヤモンドブログ



ニュースカテゴリ

ダイヤモンドブログから旬な芸能ニュースをお届け!
エンタメの最新動向をチェック♪


【ライブレポート】BEYOOOOONDS(ビヨーンズ)、グループ初の単独ライブを笑いと熱気の渦で包み込む!画像あり

12月02日

このエントリーをはてなブックマークに追加

12月2日(月)、ハロー!プロジェクト所属の12人組グループ・BEYOOOOONDSの初となる単独ライブが東京・Zepp DiverCityにて開催された。


無数のサイリウムが光る中、映画の始まりを告げるかのような映像がスクリーンに流れ登場しBEYOOOOONDS。
全員で大きく一礼し、前田の「全てはここから始まった。寸劇でのスタートなんて開いた口が塞がらながかった。でも嫌いじゃなかった。今、万感の想いを込めてこの歌を歌おう」という言葉から始まったのは、デビュー曲『眼鏡の男の子』。眼鏡の男の子を巡る、女子の熾烈な争いを歌った楽曲で幕が上がると、続いて『眼鏡の男の子』のサイドストーリーを歌った『恋のおスウィング』へ。ムーディーでとびきりキュートな楽曲が創り出す世界観が、会場をミュージカルの一幕のような空間で包み込む。
続いてまたこちらは違ったサイドストーリーの『文化祭実行委員長の恋』へ。
デビュー曲から派生した2つのストーリーをBEYOOOOONDSが盛大に繰り広げていく。


ユニットコーナーのトップバッターを飾ったのは、高瀬、前田、山﨑、岡村、清野の5人から成る雨ノ森 川海。シックなドレスに身を包み披露した『GIRL ZONE』ではどこまでも強く妖艶な表情を見せる。強さの中に見え隠れする脆さが彼女たちの、良い意味で危険な様子を加速させる。小林、平井、里吉の3名が披露した『We Need a Name!』では、BEYOOOOONDS内ユニット、雨ノ森 川海、CHICA#TETSU、どちらにも所属せず”その他”と呼ばれることもある3人が”名前が欲しい”と思いの丈を叫んだ。
一岡、島倉、西田、江口の4人から成るCHICA#TETSUは、ステージに登場すると4人でブブゼラの合奏を披露。シュールな空間に笑いが会場を包むと、一転、とびきり可愛いアイドルソング『都営大江戸線の六本木駅で抱きしめて』を披露し、個性豊かなユニットコーナーは幕を閉じた。


その後、赤い衣装に身を包み登場したBEYOOOOONDSは、最高潮のアップチューン『 アツイ!』と、『恋愛奉行』を続けざまにドロップ!爽やかな汗を流しながらアツイパフォーマンスを魅せるBEYOOOOONDSに、オーディエンスも声を枯らすほどのC&Rで応える。
この2曲で存分に体力を消費したと思いきや、ここに来て怒涛のエクササイズソング『Go Waist』へ!
会場中の人々が汗を流し、BEYOOOOONDSとのエクササイズを楽しんだ。

本編最後に披露されたのは『伸びしろ~Beyond the World~』。ここまで怒涛に魅せてきたBEYOOOOONDSがしっとりと聴かせるナンバーだ。BEYOOOOONDSはこの日、初の単独ライブで果てしない伸び代を見せつけたことだろう。


その後、会場に手を振り一度ステージ袖へと姿を消すと、アンコールをする間もなくノンストップで会場へ戻ってきたBEYOOOOONDSの面々。
それぞれがファンへの感謝の言葉を述べ、アンコールとなるラストナンバー『ニッポンノD・N・A!』へ。
最後の最後まで全身全霊でオーディエンスへと熱を届けたBEYOOOOONDSに、会場も溢れんばかりの歓声と笑顔で包まれ、BEYOOOOONDS初となる単独ライブは大成功で幕を閉じた。


情報提供元:WWSチャンネル
記事名:「【ライブレポート】BEYOOOOONDS(ビヨーンズ)、グループ初の単独ライブを笑いと熱気の渦で包み込む!」




見逃すな!注目ニュース!!

もっと見る

★注目ダイヤモンドブロガー★

  • 梅本まどか
  • 出川哲郎
  • みひろ
  • SHOW-YA(ショーヤ)寺田恵子
  • CHERRSEE
  • 諸星和己
  • 範田紗々
  • 大島薫
  • 上本達之
  • 越川優
  • 奥田健次
MONSTA X Official Mobile Site
EXID公式モバイルサイト
MOMOLAND公式モバイルサイト