ダイヤモンドブログへようこそ!!ダイヤモンドブログではスポーツ選手や芸能人のブログを掲載しております。

お得情報随時掲載中♪

芸能人ブログ、エンタメ情報ならダイヤモンドブログ



ニュースカテゴリ

ダイヤモンドブログから旬な芸能ニュースをお届け!
エンタメの最新動向をチェック♪


【ライブレポート】NMB48、夢に描く京セラドームに向かって、今年もNMB48至上主義でよろしく!!<AKB48グループ TDCホールライブ祭り>画像あり

1月19日

このエントリーをはてなブックマークに追加

AKB48グループが1月18日(土)から1月26日(日)の9日間、TOKYO DOME CITY HALL(以下、TDCホール)にて「AKB48グループ TDCホールライブ祭り」を計16公演を開催する。


2日目となった19日(日)のトップバッターに大阪・難波を拠点に活動するNMB48が登場した。公演タイトルを「NMB48 選抜メンバーコンサート 〜10 年目もライブ至上主義〜」と題したこのコンサートに、泉綾乃、梅山恋和、加藤夕夏、川上千尋、小嶋花梨、塩月希依音、渋谷凪咲、上西怜、白間美瑠、堀ノ内百香、南羽諒、村瀬紗英、安田桃寧、山本彩加、横野すみれ、吉田朱里が出演した。

今年、グループ結成から10周年の兄バーサリイヤーを迎えるNMB48。10年間の歩みをカウントアップするように映し出された映像。懐かしい気持ちがいろいろと甦る。その映像を受ける形で、山本彩加が「よくNMB48は大丈夫かと言われますけど、これまでの歴史があるからこそ、ここまで走り続けてきました。目指している夢をつかむまで、まだまだ走り続けます。ここからみんなで10年目の扉を開けたいと思います」と宣言。力強い言葉を受けライブは、NMB48の2020年を華やかに幕開けるように「夢は逃げない」から始まった。10周年を迎える今の気持ちをすべて打ち明けるように、メンバーたちが力強く歌いだす。頭上高く掲げた手には、メンバーみんなの強い意志が込められていた。その力強いステージングから、NMB48の輝く未来が見えてきた。華やかさへ、さらに華やかな色を塗り重ねるように、楽曲は「しがみついた青春」へ。わちゃわちゃはしゃぎながら歌い踊るメン,バーたちの姿がとても美しい。青春という限られた時間を思いきり笑顔で燃やし尽くそうとする姿が舞台に描き出されてゆく。その笑顔と共に生み出す強い意志が、ワクワクする気持ちと一緒に胸へ突き刺さる。



会場中を包み込む「最高!!」の叫び声。誰もが最高に熱した気持ちを胸に、NMB48の歌う「サササ サイコー!」に合わせ、大きく手を振り楽しみだした。途中にはトロッコも登場。白間美瑠と吉田朱里が乗り込み、フロア中の人たちと触れ合う場面も登場。その身近さも「サイコー!」じゃない!!会場中に咲いた笑顔をさらに大きく花開かせるように、NMB48は「ワロタピーポー」を披露。序盤から彼女たちはテンション高いステージングを通し、この会場へ夏を呼び戻すような熱を生み出していった。「ウォーオーオー!!」と力強く歌うメンバーたちの声が、胸を熱く高ぶらせたのも嬉しかった。

歌い終え、山本彩加が代表し、NMB48が今年10月に10周年を迎えることや、京都セラドームへ立つことを目標に活動している想いを述べてくれた。その言葉を受け、ここからはMCコーナーへ。
最初のMCコーナーには、渋谷凪咲・山本彩加・上西怜・梅山恋和が登場。ここでは、「10年目もライブ至上主義」にかけ、「10年前の○○至上主義」という質問コーナーを実施。上西怜が「ゲーム至上主義」と宣言。横野すみれは「6歳なので、おままごと至上主義でした」と発言。渋谷凪咲は「10年前は中1だったから、前髪をM字バンクにする主義」だったことを告白。当時は、父親のムースを使って髪の毛を固めていたことも語っていた。山本彩加は、「ズーッと外で運動していた運動主義だった」ことを伝えてくれた。続いては、「僕」をタイトルに据えた曲ばかりを集めたコーナーへ。


トップを飾ったのが、吉田朱里。彼女は長くて白い男性用のワイシャツを身にまとい、「僕はあいされてはいない」を通し、大人な色気をふんだんに振りまくセクシーなステージングを披露。ソファに座り、歌いながらシャツを脱ぐなど、終始ふんだんに色気を振りまきながら観客たちを挑発。さすが初期メンバー、そこは大人の女性としての見せ方をわかってるということだ。

後方ステージに姿を現したのが、加藤夕夏・小嶋花梨・川上千尋・安田桃寧・塩月希依音・泉綾乃・横野すみれ・南羽諒。彼女たちはあえて狭い舞台の上で、パワフルなステージングを魅力に「僕以外の誰か」を熱唱。心の内側を吐露するように、切なさと情熱を重ね合わせ歌う彼女たち。その姿がとても熱情的に見えていた。


アコギを奏でる堀ノ内百香の演奏に合わせ、「僕らのレガッタ」を歌ったのが白間美瑠。楽曲は、白間美瑠の歌声と堀ノ内百香のアコギの演奏のみというシンプルな形からスタート。アコギの音色へ想いを寄り添えるように歌う白間美瑠の姿も印象深く見えていたのはもちろん。白間美瑠の歌声へ堀ノ内百香が優しく歌声を重ねながら眩しく輝く日々を歌い綴る様へ、暖かな青春模様を覚えていた。弾けるだけが青春ではない、こんな温かい歌に包まれながら心を優しく騒がせるのも素敵なことじゃない。


背中合わせの姿で後方ステージへ姿を現したのが、渋谷凪咲と村瀬紗英。2人は「僕はいない」を歌いだすや、階段を降りてトロッコへ乗り込み、センターステージへ。そのまま2階ステージに上がった2人は、切ない気持ちを零すように、フロアへ向けて歌声を響かせていった。


「僕が負けた夏」に乗せ、勢いよく舞台へ駆けだした山本彩加・梅山恋和・上西怜の3人。彼女たちは胸に募る熱い恋する想いを力強く、でも爽やかに届けてくれた。その姿が眩しく瞼に焼きついた。さらにメンバーが増加。山本彩加・梅山恋和・上西怜・小嶋花梨の4人が「僕だけのSecrettime」に合わせ、トロッコへ乗って客席へ。その姿を追いかけるように、舞台にはNMB48のメンバー全員が登場。彼女たちは甘えたそぶりも歌声に含ませ、「僕だけのSecrettime」を歌いあげてゆく。愛しい想いを楽しく解き放つように歌う姿も印象的だ。途中、MCで山本彩加が「熱いお茶をすぐに持てるのは、わたしの掌の革が厚いから?!」とコミカルなトークも交えていたことも報告しておこう。


そのままライブは、華やかな光を集めるように「僕らのユリイカ」へ。人気ナンバーの登場に、フロア中がこれまで以上に沸きだした。メンバーたちも、爽やかな笑顔を見せながらも青春の1ページを胸へ刻むように歌っていた。コーナーの最後に披露したのが、「僕だって泣いちゃうよ」。「君が好きなんだ」と内に秘めた想いを届けるように、彼女たちは華やかな楽曲に合わせ歌いかける。背景には、白間美瑠の「ソロコンサートをしたい」など、「今年の夢や目標」を書いた色紙を手に持つメンバーたちの写真が次々と映し出されていた。彼女たちのいろんな夢が叶うことを、今は素直に信じていたい。何故なら、今のNMB48には未来へ繋がる「風が吹いている」はずだから。


次のMCコーナーでは、南羽諒・村瀬紗英・吉田朱里・白間美瑠による「僕は○○」と自分を紹介するトークを実施。白間美瑠は、「僕はすーちゃん(横野すみれ)ラブ」とトーク。「食べてる姿を見るだけでも可愛いのに、焼き肉を食べに行ったときに中ライスを頼んでいる姿を見て、あんなに細いのにそんなに食べるんだ」と嬉しい驚きがあったことを告白。それを聞いた吉田朱里が、「わたしは大ライスを食べるけど」と発言。「あかりんはいいよ」とサラッと無視されていたことも報告しておこう。吉田朱里は「僕は露出狂」と発言。その発言に、誰もが納得していた。南羽諒は「僕は社長です」と、某番組に絡めた話へ。彼女は番組の中、南製作所という架空の会社を作り、そこでいろんなダンボール商品を制作していることから、その話題を投げていた。

ここからは、twitterで投票募集をかけた「NMB衣装総選挙」のベスト16を発表。16位からカウントアップする形で、メンバー一人一人が選ばれた衣装を着て登場。先に16位から9位をまでを発表。その衣装を着て、梅山恋和・泉綾乃・加藤夕夏・塩月希依音・安田桃寧・小嶋花梨・渋谷凪咲・堀ノ内百香の8人が歌ったのが、「三日月の背中」。様々な衣装を身につけたメンバーたちが、カラフルな香りを振りまきながら歌う様はとても見栄えが良い。まさに、見どころのあるステージングだった。続いて8位から1位までの衣装姿で、横野すみれ・川上千尋・南羽諒・上西怜・村瀬紗英・吉田朱里・山本彩加・白間美瑠の8人が「Which one」を歌唱。キュートでポップなダンスチューンに乗せ、メンバーたちが愛らしさたっぷりに歌を披露してくれた。ちなみにトップ3を披露すると、第3位は「ジッパー」、第2位は「ここにだって天使はいる」、第1位は「HA!」という結果でした。

次のMCには、小嶋花梨・加藤夕夏・泉綾乃・安田桃寧が登場。また新しいtwitter企画をしたいという話から、NMB48の劇場公演で選んだ曲を歌うことや、MVの見どころ場面を披露するなどの企画を上げていた。
  

ライブも終盤戦へ。ここからは人気シングルチューンを立て続けに披露。熱した想いをぶつけるように歌ったのが、「甘噛み姫」。フロア中から飛び交う熱い声。メンバーたちのキュートとセクシーの入り交じるステージングも、とても魅力的に心を揺さぶってくれた。続く「カモネギックス」でNMB48は、躍動するエレクトロビートの上で凛々しい表情を見せながら観客たちの身体を揺らしだす。可愛くも挑発的なステージングに触発され、フロア中に熱が沸きだす。クールな表情で歌うNMB48のメンバーたちの姿が、とても勇ましく見えていた。感情を奮い立たせるように届けたのが、「欲望者」。挑発的な姿と高揚する楽曲へ触発され、騒ぐ観客たち。凛々しく格好いい姿も、NMB48の魅力を司る要素だと再確認。キリッとした眼差しのメンバーたちの姿にも心を射抜かれた。


ここからは、ふたたび華やかさをNMB48は描き出す。弾けた魅力を思いきり解き放つように届けた「高値の林檎」。会場中の空気が赤く熱く染まってゆくのが手に取るように伝わる。メンバーたちも一体化したパフォォーマンスを通し、フロア中に熱狂の花を咲かせていった。その興奮をさらに花開かせようと、NMB48は本編最後に、最新ナンバーの「初恋至上主義」を歌唱。センチメンタルな始まりから、楽曲は一気にドキドキを掻き集めるように広がってゆく。華やかさを振りまくステージングに、キュンキュンと高鳴る胸の鼓動を抑えられない。何時しかメンバーたちと観客たちが「WOW WOW」と歌いながら、初恋のときのような甘いときめきに嬉しく溺れあっていた。

アンコールは、「NMB参上」「ナギイチ」「北川兼二」に合わせ、、NMB48のメンバーたちが客席のアチコチへ登場。メンバーらが身近な場所に来て歌う姿を見て、観客たちもより一層興奮のボルテージを上げていた。ステージと客席という関係のみならず、メンバーがフロアに降りてファンたちへ身近に接してゆく。そりゃあ、いつも以上に熱く手を伸ばしたくなる気持ちや、ひときわ高い声や笑顔をぶつける気持ちもわかるよ。メンバーらと至近距離でライブを体感。しかも、立て続けに3曲もメンバーたちと触れあえるとは。そのサプライズが、満員の観客たちから壊れそうな笑顔を次々と導き出していった。


山本彩加が、「NMB48が10年目ということで進化していきます」と宣言。ここからは、一気にラストスパートへ。会場中の人たちが心一つに声を張り上げた 「ドリアン少年」では、メンバーたちも無邪気にじゃれ合いながら、満面の笑顔を浮かべわちゃわちゃはしゃいでいた。その「楽しい」を満喫してゆく姿へ気持ちが熱く惹かれてゆく。まさにNMB48はオンリーワンな気分だ。最後にNMB48は「青春のラップタイム」をプレゼント。会場中の人たちと一緒に全力の笑顔で弾けるメンバーたち。熱した声の掛け合いに胸が熱くなる。この熱狂がずっとずっと覚めない限り、これからもNMB48絶対至上主義で彼女たちを応援し続けたくなる。

10周年という大きな記念の節目を、今年10月に迎えるNMB48。その節目を、さらに大きく輝くためのスイッチにして、彼女たちは次の10年へ向かってゆく。そんな素敵な年になりそうな予感も覚えさせるライブを、この日のNMB48は見せてくれた。


(文:長澤智典)


情報提供元:WWSチャンネル
記事名:「【ライブレポート】NMB48、夢に描く京セラドームに向かって、今年もNMB48至上主義でよろしく!!<AKB48グループ TDCホールライブ祭り>」




見逃すな!注目ニュース!!

もっと見る

★注目ダイヤモンドブロガー★

  • 梅本まどか
  • 出川哲郎
  • みひろ
  • SHOW-YA(ショーヤ)寺田恵子
  • CHERRSEE
  • 諸星和己
  • 範田紗々
  • 大島薫
  • 上本達之
  • 越川優
  • 奥田健次
2020 THE FACT MUSIC AWARDS
MONSTA X Official Mobile Site
EXID公式モバイルサイト
MOMOLAND公式モバイルサイト