ダイヤモンドブログへようこそ!!ダイヤモンドブログではスポーツ選手や芸能人のブログを掲載しております。

お得情報随時掲載中♪

芸能人ブログ、エンタメ情報ならダイヤモンドブログ



ニュースカテゴリ

ダイヤモンドブログから旬な芸能ニュースをお届け!
エンタメの最新動向をチェック♪


【ライプレポート】UVERworldが「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018」初日に登場!2年ぶりの参戦でROCK IN JAPANのステージに対する思いを語る。画像あり

8月10日

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大の野外音楽フェスイベント「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018」の初日となった8月4日、UVERworldが2年ぶりの参戦でGRASS STAGEに登場した。

1曲目『DECIDED』から、センターステージには歌詞が映し出され、心地よくオーディエンスをUVERworldの世界へ呼び込んでいく。「たった6人、たった数十人のスタッフだけど、このGRASS STAGEを最高に盛り上げていくんでよろしく!」ボーカルTAKUYA∞のMCに続いての2曲目は、誠果のサックスから始まるイントロが印象的な『ナノ・セカンド』。「今日が俺たちの最高のライブになるような、人生最高のライブになるようなステージを見せたいと思います」TAKUYA∞の宣言とともに、ベースの信人とサックスの誠果も激しくドラムを叩いての3曲目『WE ARE GO』と、圧倒的なステージパフォーマンスの中、オーディエンスもさらにステージ前に集まってくる。

 

「ROCK IN JAPAN、この50分という貴重な時間の中で、自分でもどうかしてるぜと思うけど、新曲で勝負したい」と、4曲目はまさかの新曲『ODD FUTURE』。とはいえ、オーディエンスのテンションは馴染みの曲と全く変わらず、オーディエンスは腕を上げ、跳びまくるほどの大反響となった。

「やっぱりROCK IN JAPANのステージいいね。2年前に“もう出ない”と言って、去年出なかったんだけど、この2年苦しかった…。やっぱこのステージに立ちたいと思えたよ。UVERworldやってきて18年。目標をかなえてきたし、その上で思うんだけど、ROCK IN JAPANは、本当の意味で張りつめた緊張感のあるステージだよ」TAKUYA∞がROCK IN JAPANに対する思いを語り、彼らしい素直な一面を見せる。続いての『ALL ALONE』は、リアルかつヘビーな歌詞がスクリーンに映し出され、オーディエンスが本音を問われるような曲。この曲で、柵から落ちそうなほど、前のめりになってオーディエンスに向き合うTAKUYA∞の姿が印象的だった。

 

UVERworldが「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018」初日に登場!2年ぶりの参戦でROCK IN JAPANのステージに対する思いを語る。

UVERworldが「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018」初日に登場!2年ぶりの参戦でROCK IN JAPANのステージに対する思いを語る。

「やりてえ!最高の、最高のライブをやりてえ!あなたの記憶に心に残るライブをやりたいと思います。できるかできねえかやってみなけりゃわかんねーだろ!」こうして始まった曲が『PRAYING RUN』。「La la la run…」のパートでは、会場中のオーディエンスの声がGRASS STAGEを包み込んだ。

「俺たち18年間やってて、はじめの15年間はこのフェスに出ることができなかった。その頃、俺はあの辺のでっかい木の下にたたずんで、俺は10-FEETを見てたよ(笑)。つまり俺も最初はみんなとおんなじだった。あなたはどんなステージに立ちたいですか?君はどんな世界に飛び込みたい?」TAKUYA∞の印象的なMCからスタートしたのは『Q.E.D.』。MCでテーマにしていたストレートな歌詞が胸に突き刺さる。

そしていよいよクライマックス。「ROCK IN JAPAN初日にして、最高のテンション、最高の瞬間にしていいですか!UVERworld初めて見る人、何度も見てる人も関係ねえ。最高の瞬間作ってこうぜ。間違いなく、今ここが世界で最も熱い場所だ」文字通り熱いMCとサックスのイントロからのラスト1曲は『在るべき形』。手拍子と歓声でGRASS STAGEの芝生が揺れるほどの盛り上がりとなった。「俺、ROCK IN JAPANでこんなすげーステージ見たことねーよ!」TAKUYA∞が満面の笑みを見せる。

 

UVERworldが「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018」初日に登場!2年ぶりの参戦でROCK IN JAPANのステージに対する思いを語る。

「ROCK IN JAPANありがとう!来年もこのステージに相応しいバンドだったら、また戻ってくるよ。これからも自分たちの信じた音楽とストイックさを貫いていくよ。」ラストソングは『在るべき形』。手拍子と歓声でGRASS STAGEの地面が揺れるほどの盛り上がりとなった。ステージの間、何度も「ありがとう」と声にしたTAKUYA∞。ROCK IN JAPANに対する彼らの思いがダイレクトに伝わってくる熱いステージとなった。


(取材/文: バッキー☆大坂)


「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018」
8/4 UVERworld セットリスト

M1.DECIDED
M2.ナノ・セカンド
M3.WE ARE GO
M4.ODD FUTURE
M5.ALL ALONE
M6.PRAYING RUN
M7.Q.E.D.
M8.雫HERE〜SE〜
M9.IMPACT
M10.在るべき形


情報提供元:WWSチャンネル
記事名:「【ライプレポート】UVERworldが「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018」初日に登場!2年ぶりの参戦でROCK IN JAPANのステージに対する思いを語る。」




見逃すな!注目ニュース!!

もっと見る

★注目ダイヤモンドブロガー★

  • 梅本まどか
  • 出川哲郎
  • みひろ
  • SHOW-YA(ショーヤ)寺田恵子
  • CHERRSEE
  • 諸星和己
  • 範田紗々
  • 大島薫
  • 上本達之
  • 越川優
  • 奥田健次
MONSTA X Official Mobile Site
ライブやイベントのチケット購入はダイヤモンドチケットから!
虎寄席 | しばとらよせ