嵐の皆さんが電撃ネットワークの話題を・・・ということで


アクセス数が飛躍的にアップしているな・・・と思ったら
嵐の皆さんがテレビ番組内で電撃ネットワークの話題をしてくれたようで。


\ありがとうございまーす!/



嵐ファンの皆さんが覗いてくれるので、嵐さんの話題も少し。

これは嵐ファンには懐かしい放送ですが、
今でもアラシャー(←そんな言葉はない!)は増殖しているので
TBSラジオ「ライムスター宇多丸のウィーゥエンドシャッフル」
2008年10月25日(土曜日)放送。
音楽ファンに捧ぐ!食わず嫌いのための嵐特集!【前編・後編】の話。

http://www.tbsradio.jp/utamaru/2008/10/index_3.html

http://www.tbsradio.jp/utamaru/2008/10/index_4.html


宇多丸、掟ポルシェ、ミッツイー、GEE、そしてボク、ギュウゾウも所属する日本語オンリーDJチーム‘申し訳ナイタズ’の中で、当事極めて嵐さんの楽曲を愛し、クラブでスピンしていたオギィがオンエア曲を厳選し、その曲中で編まれるRAPを日本HIPHOP界の重鎮(珍獣じゃないですよ)ライムスターの宇多丸くんが解説するという。スンゲェ企画。

オンエア曲は・a Day in Our Life / 嵐


・Step and Go / 嵐
・眠らないカラダ / 嵐
・Re(mark)able / 嵐
・Beautiful days / 嵐


a Day in Our Life(男性限定ライブ)

http://youtu.be/QTf6OffL3QA





放送中には、桜井くんから宇多丸くんへメッセージがくるなど、コアな嵐ファンから、この放送から嵐って面白いなと気付く層にまで好評となり、聴取率ウィーク中、全番組1位に輝きました。

名台詞として
「嵐は禁断症状がある、まるでシャブだ! 嵐シャブ現象!」
(↑不確か・・・なんとなくこんな感じ)



では、ニコニコ動画にあった

現在、08/10/25の放送は、公式ポッドキャスト、youtube、ニコニコ動画では聴き返せないので・・・・・
番組内HPより抜粋。


【 11時からは特集コーナー「サタデーナイトラボ」。
再び嵐特集に戻って二本柱、「歌の大野」と「ラップの櫻井」の魅力について解説。
かけた曲は”眠らないカラダ”と”Re(mark)able”。


そして、なんと、櫻井くんから宇多丸あてに直々のコメントが……ッ!!


好青年!! 品がいい!! そして意外にヘッズ!!


コメントを聴いてる最中、宇多丸はただただ悶えておりました。


最後には新曲”Beautiful days”を聴いてお別れ。


宇多丸「アイドルソングの役目って、その時代時代のコアなもの、
エッジなものをカジュアル化する役割があると思うんだよね。
で、それはそれでコアなものとはまた違った魅力があるし。
それを今、もっともうまく、しかも上品にやれているのが嵐なのかもしれないね」 】





写真 (1)





そして、ここまで読んでくれた嵐ファンへ。
(もう知ってたらゴメン、新しい嵐ファンにかなり+作用があると思うので紹介)

DJ オギぃ申し訳Jr 「オギぃ解釈による櫻井君の嵐の音楽に対する思いを込めた嵐MIX」!
(ニコニコ動画より)

http://www.nicovideo.jp/watch/sm8876205


32分あたりから、オギィの嵐愛、桜井くん愛が噴出していますw。


読んでくれてありがとう!

電撃ネットワークもよろしくです!

:::::::::::::::


嵐を音楽面で引っ張る大野智の歌唱力
ミュージシャンも太鼓判を押すテクニックとは?


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20131231-00010000-realsound-ent


リアルサウンド 2013年12月31日(火)12時31分配信


 今や国民的アイドルにまで成長した嵐。バラエティからドラマ、あるいは司会業まで嵐のメンバーの姿をテレビで観ない日はなくなった。そんな各方面で活躍している彼らだが、忘れてはいけないのはミュージシャンとしての実力だ。嵐のミュージシャンとしての評価は高く、これまでのジャニーズアイドルの中でも随一と推すファンも多い。今回は嵐の音楽を牽引するキーパーソン、リーダーである大野智について考察する。


 先日「歌が上手いジャニーズタレントは?」というアンケート調査でKinKi Kidsの堂本剛やSMAPの木村拓哉をおさえて堂々の一位を獲得した大野智。彼の歌唱力に対してはジャニーズファンのみならず、音楽評論家やミュージシャンの間でも評価が高い。生歌の美しさに加えビブラートやファルセット、シャウトといった技法を巧みにこなすソウルフルなボーカルについてライムスターの宇多丸氏は「嵐の音楽テイストであるソウルポップやジャズ、ファンクテイストを支えているのは大野君のボーカルと櫻井くんのラップ」であると分析している(櫻井翔のラップについては「嵐の本音はサクラップにあり!? 実はディープな“歌手の仕事”を読み解く」参照)。その実力は初期の作品から垣間見ることができ、例えば10年前にリリースされたアルバム『How’s it going?』に収録された「ONLY LOVE」などはその典型。フェイクや声の抜き方、ブレスの仕方、そして歌い終わりの処理方法までミュージシャン・大野智の実力がこれでもかと詰まった一曲だ。


 先述の宇多丸氏によると嵐の音楽性は「さまざまな音楽にチャレンジしてその方向性を模索するなか、大野智のボーカルを存分に活かせるようなものへと落ち着いた」という。デビュー作の『A・RA・SHI』(1999年)から『a day in our life』(2002年)までは序章期で、SMAPら先輩が作ってきたJディスコのようなキャッチーなサウンドが目立つ時期。この頃の楽曲ではまだグループとしてのアイデンティティが定まっておらず「とにかくなんでもやってみよう」-今聴くとそんな印象を受ける。第二期は『ARASHIC』収録の「cool & soul」(2006年)まで、ハードロックテイストを全面に打ち出していた頃。櫻井翔が自分自身でラップを作りはじめたのがこの時期で、 アイドルがリリックを手がけるという画期的な「発明」がよくフィーチャーされるが、嵐というグループ自体についても音楽的な個性を獲得してきた時期にあたる。そして彼らが自分たちの魅力、アイデンティティを確立し音楽性を高めていったのが『ARASHIC』以降。初期に参照していたSMAPからはコンテンポラリー・ブラックテイストやアーバンな雰囲気を踏襲し、リリースされる楽曲はファンキーなものやソウルフルなものになった。言わずもがな、大野のボーカルテクニックが活きるサウンドだ。最近の楽曲、例えば先日リリースされたアルバム『LOVE』(2013年)はメンバー全員が30代になってからはじめての作品で、よりアダルティな色気のある大人の作品に仕上がっている。なかでも大野のソロ曲となっている「hit the floor」は特出した出来で、ファンならずとも是非おさえておきたい一曲だ。嵐のことをこれまで単なるアイドルグループと思っていた人も、「hit the floor」を聴けばその認識は一変するだろう。


 2014年の活動について「嵐結成15周年でもある年なので、感謝の気持ちを表す意味でも、来年もまたライブをやりたい」と抱負を語った大野。年末の紅白歌合戦から年明けにかけ出演する特番が目白押しな彼らだが、ぜひ音楽的な活動、CDのリリースやツアーでも充実した一年を送ってほしい。


北濱信哉


コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る

インタビュー特集もっと見る

 

ギュウゾウ(パフォーマンス集団:電撃ネットワーク)プロフィール

プロフィール画像

ギュウゾウ(電撃ネットワーク)

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

ギュウゾウ(パフォーマンス集団:電撃ネットワーク)カレンダー

2014年1月
« 12月   2月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ギュウゾウ(パフォーマンス集団:電撃ネットワーク)アーカイブス

ギュウゾウ(パフォーマンス集団:電撃ネットワーク)カテゴリー

ギュウゾウ(パフォーマンス集団:電撃ネットワーク)QRコード

ブログモバイル版

ギュウゾウ(パフォーマンス集団:電撃ネットワーク)
オフィシャルブログ
「ギュウゾウ新聞〜宅配版〜」

http://www.diamondblog.jp/
/tokyoshockboys/gyuzo2013/

電撃ネットワーク 最新記事一覧