『THE CALM IN THE STORM』 (嵐の中の静けさ)


「地味な所作からにじみ出る麗しさ」


荒れた波が岩に打ち付け、風は熾烈な戦いを

繰り広げ、暗雲に満ちた空は切なさに染まる…


そんな時は慌てふためいてもどうにもならない。

収まるまで、気長に待つことである。

気が立っている者は、なだめようとするより、

放っておくことだ。子どものようにすねている時は

気づくまでそっとしておいてあげればいい。


晴天が一変し、荒れ狂う嵐に変わり、

美しい絶景が荒れ果てた戦地へと変貌する。


心を巡る、美しさと醜さは喜怒哀楽の感情を

刺激する。


いい日もあればそうでない日もある。

切なさに心を奪われる時もあれば、

感謝と喜びに満ちた時もある。

一筋縄ではいかないのも、これまた人生である。


ため息をつき、嘆く日もあれば、

永遠を感じる、充実した時もある。

人は浮いては沈む浮のように、

浮世の流れの中で生きている。


鴨長明は、著書、「方丈記」の中で、

「岸辺に立って川の流れを見る。

流れ来ては流れ去っていく流れは絶えないが、

流れている水は常に変わっていく。

流れがよどんで渦まいているところに

泡が浮いている。泡は消え、またできる。

つかの間の命…人の命も世の命も

流れゆく水の様。

そこにできる泡の命と同じよう。」

と謳っている。


無常(はかなさ)を味わうゆえに

人は常住、すなわち豊かさを求める。

絶望は希望への窓口であり、

挫折は自立への道しるべである。


あなたは何もないのではなく、

全てがある。


人と比較するのではなく、己が尊い存在で

あることを自覚することである。


THE BIBLEには、

「わたしの目にはあなたは高価で尊く、

愛されている」

とある。


魂のROCKERは、

「わたしが来たのはあなたがいのちを得、

それを豊かに持つためです…

わたしは正しい人を招くためではなく、

罪人を招くために来ました」

と語っている。


今日という日があなたにとって、

嵐の中の静けさを味わう日となりますように…


「闇の中にこそ、尊い光は見出せる」


2021年 2月 8日

アーサー・ホーランド



20210209-183853.jpg

 



20210209-183903.jpg

 


Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る

インタビュー特集もっと見る

 

Profile

アーサー・ホーランド

アーサー・ホーランド
生年月日:1951年9月27日
血液型:A型

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。



Calendar

2021年2月
« 1月   3月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728

Archives

QR-Code

ブログモバイル版

アーサー・ホーランド(牧師・モデル・俳優)オフィシャルブログ