Information

国民民主党代表選、現職・玉木代表消極的に支持

今年新たに結党され9/15設立大会開催した(民社党の四半世紀ぶりの復活版)国民民主党

http://www.new-kokumin.jp

 

幼い頃から(実は九段高校の大先輩)極左イデオロギスト横路孝弘弁護士を反面教師に祖国日本真剣に愛しヤマト民族の誇り重んじ御皇室の弥栄祈る臣民たる日本国民のあるべき姿追及

当時から幼稚園&小学校の大先輩・石原慎太郎以上にタカ派・右翼的な政治家志望し

民社党創立者・西尾末広元官房長官の信奉者で

(90年代半ば新進党神奈川県連事務局長代理だった大場伊三郎の養子であり)16歳と17歳の時は新進党党友で現在は東京民社協会会友である俺は、

協力関係にある国政政党いう事で

民社協会幹部の参院議員の総支部通じてサポーター登録。

※9/15設立大会に東京民社協会及び(新進党が分党され誕生した新党友愛を継承する政治団体)友愛協会会長の川合孝典参院議員は不参加。

よって、川合議員と同じ2022年参院比例区改選の東電労組出身の小林正夫元厚労相政務官の総支部通じサポーター登録。

しかし、その翌月に川合議員が遅れて入党した為、代表選後に下記。

 

設立大会時に旧国民民主党でも代表だった玉木雄一郎衆院議員(高松高校~東大法学部~財務官僚出身)が

初代代表に満場一致で選出されたが、

改めて日本国民限定で登録可能な一般党員や、日本国籍を有するサポーターに限定した

代表選挙を実施。

 

立候補者は、現職の玉木代表と

対抗馬として女性国会議員の(参院愛知で2016年初当選)伊藤孝恵氏。

 

俺は消極的に現職支持

(27ヶ月前の旧国民民主党&39ヶ月前の民進党の代表選挙で玉木候補消極的支持と全く同じ)最大の理由は玉木候補は外国人参政権反対を明確にしている事、Screenshot_20210727-045231

更にコロコロ変えるべきではない。ただし、果敢に挑み無投票再選という不測の事態を回避した伊藤氏にも敬意を表したい。 注文を付けるとすれば、

野党共闘・左翼グループ(立憲&社民両党に加えて、危険思想・科学的社会主義基き皇室廃止&私有財産否定企てる反社会的組織・日本共産党)とは

明確に一線画し

俺の唯一最大の敬愛やまない政治家で戦後まもなく官房長官や副総理を歴任し

昭和35・1960年1/24九段会館で結党大会開催の民社党の初代委員長務めた

西尾末広先生の反共主義・愛国精神・現実路線を踏襲し現代日本で実践すべきだ。

 

平成四・1992年PKO国会のように<新生党と分裂前>自民党単独政権を同じ中道政党・公明党と共に支えた自公民路線も辞さない方針に転換するべき(当時の宮澤内閣信任決議に民社党も自公両党と共に賛成)

 

 

 

LINE投票や電子投票を実施した事は日本の政治史上でも非常に画期的な出来事で

若者の政治意識を高め、政治参加を促す為に大変有意義な制度で

一定の賞賛を受けるべき事であろう。

 

結果は現職の圧勝。

 

ところで、俺は以前から思っていたが、

各政党や政治団体に加入の際、本人確認書類提示を求められる場合が有る事は

ほぼ皆無と断言出来るだろうが、とても不可解。

 

本人確認作業を怠るならば

他人や別人に成り済ましで登録、偽名での加入、虚偽の生年月日=年齢サバ読み、性別詐称、日本国籍有しない在留外国人が日本国籍有する者限定と規約に明記の政治勢力に加入

平然と多々行われてしまうであろう。

 

俺は今年から積極的に自分の加入する団体(政治団体に限らず)に日本国旅券・パスポートのカラーコピーを

送付している。

平成の怪物16松坂大輔投手と同い年の同じ日本人男子プロスポーツ選手たる事も

大場政夫の甥である事も心底誇りに存じている証左だ。

 

俺は代表選後に改めて2021年度サポーター登録をLINEから行った。

その際は、本人確認書類の提示を求められた。

コレも

日本の政治史上でも非常に画期的な出来事で俺は高く評価したい。

 

しかし設立大会翌日9/16の首班指名では衆参で新・国民民主党の所属国会議員の大半が(極左暴力集団・日本共産党と連携・共闘し支持受ける)容共左派の立憲民主党代表・枝野幸男支持とは理解に苦しむ、空いた口が塞がらない。政党としての主体性の放棄ではなかろうか。

 

枝野は国旗国歌法案の採決で反対、国家解体法案&売国政策=外国人参政権実現に尽力、脱原発~本質的に土井たか子&村山富市と大きな違いを見いだせない。にもかかわらず、自身を保守政治家と身勝手な定義し保守層の支持を集めるべく正月に伊勢神宮参拝=欺瞞に満ちた行為。

 

 

民社党では昭和35・1960年1/24九段会館で結党~平成六・1994年12/9日本青年館で解党まで35年間

首班指名で他党党首を支持した事は、政権交代=非自民連立・政治改革政権確実な平成五・1993年8月日本新党代表・細川護熙、政権維持が濃厚な平成六・1994年4月新生党党首(細川内閣副総理兼外相)・羽田孜、野党転落の危機を脱する事が大いに期待できた6月翌月自由改革連合代表・海部俊樹のみ

常に自党の党首=民社党委員長を支持してきた。平成初期、マドンナ旋風で朝鮮労働党と友好関係の日本社会党が大躍進した時でも決して決選投票で棄権し土井たか子支持を控えた。

 

 

俺個人的には、新しい国民民主党には民社党創立者たる西尾末広元官房長官の掲げた反共主義・現実路線・愛国精神を徹底し

松坂世代が小5や小6だった平成四・1992年のPKO国会当時のような

<新生党と分裂前>自民党単独政権を同じ中道政党・公明党と支えた自公民路線を期待したい。(宮澤内閣信任案賛成)

 

設立大会当初と違い、せっかく一般党員・サポーター含めた一般有権者参加型の代表選で再選された『玉木雄一郎』代表

次期衆院選直後の特別国会での首班指名では、国民民主党(無所属で同会派の国会議員含め)の所属衆参国会議員が、その名を首班指名の投票用紙に記載すべきだ!

 

西尾末広元官房長官が主体的な役割果たし初代委員長選出の民社党結党大会は

我々松坂世代が出生の20年前昭和35・1960年1/24九段会館~

35年後に松坂世代の俺も中二冬休み直前参加した民社党解党大会は

新進党結党大会の前日平成六・1994年12/9日本青年館。

 

あれから25年9か月

 

民社党の四半世紀ぶりの復活版が新・国民民主党だ!

 

近い将来・数年後、必ず住民票・東京都羽村市&本籍・横浜市西区のまま

国民民主党公認&民社協会推薦の新人として

横須賀で閣僚経験豊富な将来の首相候補・小泉進次郎元自民党青年局長に挑戦させて頂きます!

 

しかし、進次郎元青年局長は平成21・2009年衆院選で28歳の初当選以来、この12年間一貫して

保守派・愛国派のネットワーク組織・議連・政策集団の

日本会議・神道政治連盟・創生日本に非加入、また拉致問題解決に尽力する政治家の証=ブルーリボンバッジ着けない時が大半で拉致問題解決に熱心に取り組んでいる訳ではない

 

少数野党の党首選での一般党員やサポーターによる投票と、最大与党・政権政党(政権奪還狙う最大野党の時期含め)の総裁選で現職国会議員による投票=事実上の首相選びは全く次元が異なるが

進次郎元青年局長は初出馬初当選して間もない時期に、最大野党・自民党の総裁選で3名の候補中最も保守色強くタカ派・右寄りな西村康稔前外相政務官ではなく脱原発掲げる(更に日本の国防行政のトップ防衛大臣在職中も靖国参拝控え、安全保障最高司令官・日本国首相の靖国参拝否定・批判する輩)河野太郎支持

政権奪還直前の平成24・2012年は5名の候補中最も保守色強くタカ派・右寄りな安倍晋三元首相ではなく

一回目の投票も決選投票も東京裁判史観論者の石破茂元農水相支持

 

進次郎元青年局長が衆院議員4期目で、安倍前首相が総裁連続3期・通算4期選出される平成30・2018年総裁選でも石破元農水相支持、今年のポスト安倍の総裁選でも河野太郎防衛相(当時)出馬なら支援する意向を表明。

 

進次郎元青年局長は決して右翼的・タカ派の政治家・国会議員ではない!

河野太郎の本質、名実と共に

「内閣のスポークスマンとして性犯罪国家・日本でっち上げ~媚中・売国外相、護憲『江(沢民)の傭兵』(=河野洋平)の長男」=正に「血は争えない」&「蛙の子は蛙」

その程度の事も理解していないなら、政治的見識疑う。

 

 

 

俺が唯一最大の敬愛やまない政治家・西尾元長官は、

労働運動の大家、戦後間もない時期に日本社会党の初代書記長~社会党右派のリーダー

しかし、バカ左翼との党内での思想闘争、更に岸信介首相(当時)の大目標・安保改正に協力惜しまず、

集団離党し昭和35・1960年1/24九段会館で民社党結党大会

反共・愛国・現実路線、「日米同盟基軸、自民党より右な」外交・安保政策

だからこそ、警察官僚(横浜市警察部長~神奈川県警察交通部長~内閣官房出向~愛媛県警本部長経験した法学者・魚谷増男先生)も新人候補にリクルート

日本消防協会に天下り経て民社党神奈川県連副委員長就任され昭和61(1986)年参院選・当時定数2地方区次点

 

その民社党神奈川県連の四半世紀ぶり復活版の新・国民民主党神奈川県連設立されたら即党員登録、

更に継承政治団体・神奈川民社協会横須賀支部にも入会申請する所存。

 

 

 

 

 

 

コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る

インタビュー特集もっと見る

 

Profile

大場綜(おおばそう)

大場綜(おおばそう)
URL:http://www.sohk1980.net
身長・体重:172cm・60kg
生年月日:1980年6月30日
血液型:A型
所属事務所:チーム・バカボン横浜西

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

Calendar

2020年12月
« 11月   1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Archives

Category

Recent Entry最近の記事はこちら