高羽そらさんインタビュー

女性版モーセの実話

2日前に我が家の家族となったMacBook Airが話せるとしたら、「人使いの荒い家へ来たなぁ」とボヤくかも。だって今日だけでも5時間以上はフルに使っているから。これが普通なので、覚悟してもらうしかないなぁwww

 

今日の午後は、新しいMacBook Airの性能チェックを兼ねて映画を観た。パソコンで映画を観ることが多いので、これまた慣れてもらうしかないからね。

 

まず映像がメチャメチャ綺麗。さすがRetinaのモニター。そして音が最高にいい。映画館で観ているような臨場感があった。さらに驚いたのがバッテリーの消耗が少ないこと。映画を見る前は82%だったバッテリー残量が、2時間10分の映画を観終わってもまだ69%だった。これならバッテリーの残量を気にせずに映画を観ることができる。

 

そんな新しいMacBook Airで観た記念すべき作品はこれ。

 

640

 

2021年 映画#61

『ハリエット』(原題:Harriet)という2019年のアメリカ映画。新型コロナの影響で、日本での公開は2020年の6月に延期されたそう。ハリエット・タブマンという実在の黒人女性を描いた伝記映画。

 

物語の舞台は1849年のメリーランド州。南北戦争が始まる少し前なので、この地域ではひどい奴隷制度が合法的となっていた。主人公のミンティはジョンという夫がいる黒人奴隷。子供を欲しかったけれど、その子供も奴隷になるので、心の底から自由を希求していた。

 

奴隷というのは南部の白人にとっては財産でもある。だから売り買いは普通だし、どれくらいの奴隷を抱えているかが裕福かどうかの目安になる。ミンティは家族と離されて売られることを知り、夫ともに逃亡することを決意する。ところが夫は捕まってしまい、ミンティは一人で逃亡する。

 

なんと160キロもの距離を逃げ続け、フィラデルフィアの奴隷解放組織に助けを求める。北部の地域は自由黒人という制度が認められていて、南部に比べて黒人の自由が保証されていた。ミンティは新しい名前を決める。それがハリエット・タブマンだった。

 

1年をどうにか過ごしたあと、ハリエットは残した夫を南部から脱出させたいと願う。それゆえ危険を承知で、再び南部へ向かった。彼女には『神の声』を聞くという特殊な才能があり、どれほどの危機が迫っても無事にやり過ごすことができた。

 

ようやく夫に出会えたものの、ハリエットが死んだと思っていた夫は再婚していた。そして自分が望んでいた子供までいる。失意のハリエットは、夫の代わりに自分の兄弟たちを北部へ脱出させようとする。その噂を聞きつけた黒人が集まり、なんと一行は9人の大所帯となった

 

ハリエットはその9人を無事に脱出させる。その功績を認められ、彼女は脱出のプロとして活動するようになった。記録によると、なんと70人以上の黒人を奴隷制度から解放している。それゆえ『女モーセ』とか『黒人モーセ』と呼ばれていた。

 

南北戦争が始まるとスパイとして活動したり、黒人兵士を率いて戦場へ向かっている。そして多くの黒人奴隷の解放に貢献した。やがてハリエットは再婚して、91歳まで生きたとのこと。彼女の兄弟や両親も南部地域から救われて、自由黒人として生活することができた。

 

ボクは知らなかったけれど、本当にすごい人。いわゆるレジェンドという存在で、黒人女性として彼女の肖像を20ドル紙幣に使うことが検討されている。トランプ政権ではボツになったけれど、バイデン政権になって検討が再開したらしい。こんな人なら、アメリカの女性を代表して紙幣に残る価値が十分にあると思う。

 

ただ残念だったのは、映画としてちょっと物足りなかった。脱走シーンがあまりに雑で、ハラハラドキドキが少ない。過去に一度も捕まらなかったという事実があったとしても、もう少し緊張感のあるシーンを増やして欲しかったと感じた。

 

ブログの更新はFacebookページTwitterで告知しています。フォローしていただけるとうれしいです。

 

『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2021年4月
« 3月   5月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/