高羽そらさんインタビュー

憲法を改正するべき理由

昨日のブログで憲法改正の世論調査を取り上げたのは、ある本を読んでいたせいもある。昨年の暮れに出版されたばかりの新刊なんだけれど、憲法記念日の5月3日から5日までの期間限定で無料公開されていた。それでここ2日ほど必死になってその電子書籍を読んでいたwww

 

81OjFitOiML 

 

2021年 読書#39

『百田尚樹の日本国憲法』百田尚樹 著という新書。小説家として次々にベストセラーを生み出している百田さんは、こうした新書も多く出版されている。百田さんの文章は読みやすく、スムーズに内容が入ってくる。だから中学生くらいでも、日本の憲法についての事実を理解できるような構成になっている。

 

百田さんのことを右翼思想の持ち主だと思い込んでいる人が多い。それゆえネトウヨとしてよくTwitter等で叩かれておられる。だけどそれは大いなる誤解で、彼は右翼でも左翼でもない。純粋なる愛国者であるだけ。それゆえ納得できないときは、右翼でも左翼でも食ってかかる。つまりどちらの勢力にも敵が多い人だということ。

 

この本をじっくり読めばわかるけれど、客観的な視点で事実に基づいた意見を書かれている。それも徹底的に調査された結果について述べられている。だから論理性に矛盾がなく、著者に対するうがった視点がなければ憲法を改正するべき理由が見えてくるはず。

 

それらのすべてについてこのブログで書くつもりはない。それよりもこの本を読んでもらったら、その理由がはっきりとわかるだろう。

 

簡単にいえば現在の日本国憲法はGHQに無理やり押し付けられたもの。草案はたった10日ほどで作られている。なぜなら世界中の国の憲法を寄せ集めしたコピペ憲法だから。その具体例を本書で紹介されているけれど、マジで笑ってしまう。

 

そしてそもそも草案を作ったアメリカ人たちも、まさか日本人が憲法を改正しないなんて想像もしていなかった。なぜなら憲法を時代にあったものに改正していくのは、どこの国でも普通のことだから。

 

こんな事態になってしまったのは、やはりGHQの影響が大きい。戦後すぐGHQは戦争に関わったと見られる政治家や企業家、そして教育者の追放処分を決行した。その影響を受けたのが学校教育。日本に再び戦争をさせないため、共産主義の教育者たちをずらっと並べてしまった。その代表が日教組という組織。

 

冷戦が激しくなって、アメリカはようやく軌道修正しようとした。だけどすでに後の祭り。ソ連や中国の息がかかった人たちが日本を弱体化させたままにしておくため、現在の憲法を神聖化することに成功してしまった。つまり憲法第9条さえあれば、日本は侵略されないという思い込みを与えた。

 

ボクの世代はそんな教育をモロに受けている。平和憲法があれば、どんな国も日本を侵略できないと思い込まされた。そのうえ自虐史観を植え付けられたことで、戦前の日本が世界中にひどいことをやったと信じさせられている、喧嘩両成敗という言葉など通用しない。

 

ただ昨日に紹介した世論調査によると、ようやくそんな思い込みから抜け出た人が増えてきたのがわかる。今日の報道によると、特に若い世代ほど憲法改正に前向きという結果が出ている。そして団塊の世代になるほど、刷り込まれた思い込みが強いせいか憲法改正に反対する人が多い。

 

日本の憲法について実情を知りたい人は、ぜひともこの本を読んでほしい。そのうえで憲法を改正するかどうかを自分なりに考えてみてほしい。おそらくいままでとちがった視点で世界が見えてくると思う。

 

ブログの更新はFacebookページTwitterで告知しています。フォローしていただけるとうれしいです。

 

『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る

インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2021年5月
« 4月   6月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/