高羽そらさんインタビュー

DV夫からの逃亡を支えた絵画

ホラー小説における恐怖の対象は、幽霊や悪魔という異世界の存在がメイン。だけどもしかしたら、本当に恐ろしいのは生きている人間かもしれない。

 

スティーブン・キングがそんな人間の恐ろしさを描いている。もちろん彼の小説なので、異世界の存在も登場するけれどね。

 

B37DA9FD-0D43-4FC4-9B06-B4996DC67751

 

2021年 読書#44

『ローズ・マダー』上巻 スティーブン・キング著という小説。やはり著者の小説は短編集よりも長編のほうがはるかに面白い。そして怖い。

 

主人公はローズという専業主婦。夫はノーマンという名で刑事をしている。物語の冒頭はノーマンのDVから始まる。刑事としては優秀で、かなりの手柄をあげている。だけどノーマンの本質は異常な癇癪持ち。ちょっとしたことで妻のローズに暴力をふるう。

 

ローズは何度も殺されるような暴力を受けながらも耐えていた。せっかく授かった子供も、夫の暴力によって流産している。そんなローズがある日、ふとしたことがきっかけで逃げようと思う。そして夫のキャッシュカードを奪い、ハンドバッグひとつで逃亡した。

 

住んでいた家から1300キロも離れた街にたどり着き、暴力から逃れてきた女性を保護する施設に助けられる。いつ夫に見つけられるかと怯えながらも、彼女を勇気づけてくれたのは、たまたま質屋で目にした絵画だった。

 

ノーマンからもらった婚約指輪と引き換えに、その絵を手に入れたローズ。そこに描かれた顔の見えない女性に勇気をもらうことで、ようやく小説の音読という天性の仕事を見つけて自立する。その質屋を経営しているビルとも恋愛関係になり、ようやくノーマンの恐怖から立ち直れるとことまで来た。

 

ところがノーマンは優秀な刑事。あらゆる手段を使うことで、ローズが暮らしている街を突き止めた。さらに彼女を保護施設に紹介した男性を問い詰めて、最終的に殺してしまう。ヒタヒタと近づいてくるノーマンの足音。ローズは怯え、再びノーマンの恐怖に飲み込まれてしまう。

 

そんなとき、不思議なことが起きる。彼女が部屋に飾っていた絵の世界に入り込んでしまう。そこでローズ・マダーという自分と同じ名前の女性に出会う。その女性の子供を助けたことで、ローズはある約束を取り付ける。

 

「わたしは報いる」という言葉を。

 

ここまでが上巻。ノーマンはすぐ近くまで来ている。おそらくもうすぐ彼女に接触するだろう。下巻ではローズに報いるといった『ローズ・マダー』が関係してくるはず。さて、どのような展開になっていくのか。相変わらず先の読めないスティーブン・キングの小説だなぁwww

 

ブログの更新はFacebookページTwitterで告知しています。フォローしていただけるとうれしいです。

 

『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る

インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2021年5月
« 4月   6月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/