高羽そらさんインタビュー

十二国記世界の基礎編だね

1ヶ月ほど歯茎の不調に悩まされたけれど、歯科医に行くことなしに症状は改善。普通に食事もできるようになってホッとした。

 

しかしその反動なのか、ここ2〜3年悪化を防いでいたギックリ腰に悩まされている。数日前に急に痛み出したけれど、昨日くらいにはどうにか日常生活に支障のない状態までもってきた。

 

ところが今朝のこと。ミューナをブラッシングのために抱き上げようとしたとき、変な方向に腰をひねったらしい。痛みにうめいたときはすでに遅し。先日までは右寄りの部分を痛めていたけれど、今度は左寄りの部分を痛めてしまった。

 

一歩進んで四歩下がった気分。どの体勢をとれば楽になるかさえチェックできないほどの状態。いまは開き直ってブログを書いているけれど、数分に一回はうめき声をあげているwww

 

こんなときはファンタジーの世界に逃げたくなる。手元にこの本があってよかった。

 

ECA2E067-8DC9-4B75-9CB1-2EC28D18BEC2

 

2021年 読書#58

『風の海 迷宮の岸 十二国記』下巻 小野不由美 著という小説。上巻の感想については『十二国記の世界が見えてきた』という記事に書いているので参照を。

 

物語の主人公は泰麒(タイキ)という麒麟。麒麟は人間の姿をしている神獣で、自分が所属する国の王を決める存在。そして王を指名したら、その王に使えて国政を支えることになる。

 

ただ泰麒はこの世界で生まれる直前に、蓬莱というボクたちが暮らす世界に流されてしまった。そこで普通の人間の子供として生まれ、10歳になってこの世界へ連れ戻されている。人間時代に祖母から厳しい仕打ちを受けたことで、いわゆる自己肯定感が極端に低い子供だった

 

子供の姿のまま麒麟に変身できないし、王を選べるかどうかの自信もない。この前の作品で女子高生を王として選んだ慶国の景麒(ケイキ)という麒麟が指導係引き受けてくれたがうまくいかない。そこで上巻が終わった。

 

そして下巻はいよいよ王の選別が始まる。戴国の有志が集まり泰麒に謁見する。でも彼は天啓を感じない。ところが驍宗(ギョウシュウ)という若い将軍に出会い、彼を恐れながらもどこか惹かれる。

 

そして彼と関わったことで泰麒はついに麒麟の能力を開花させる。このあたりはスリルがあって、物語のクライマックスのひとつでもあった。だがどうしても天啓を感じない泰麒は驍宗との別れの日を迎える。

 

だけど彼と離れたくない泰麒は、驍宗に忠誠を誓って王として選んでしまう。天啓がないのに王を選んでしまったことで罪悪感を覚え、戴国に赴任してからもそのことで苦しむことになる。

 

そんな泰麒を救ってくれたのは、指導係だった麒麟の景麒、前作で高校生の陽子を助けて大活躍した延国の延王、そして延国の麒麟である延麒だった。そこで天啓の本当の意味を教えられる。

 

麒麟は神獣であり、本当の王以外には絶対に忠誠を誓えない。つまり王を選ぶに際しては直感しかない。だけど神が認めた王でなければ、麒麟は絶対に忠誠を誓うことができないというオチ。だから泰麒は正しい王を選んでいたということ。

 

特に大きな事件もなく、麒麟が王を選ぶ仕組みを解説した物語。そういう意味では、十二国記世界の決まり事を紹介した基礎編のような物語だった。ただしこの決まり事を知れば知るほど、この世界にハマっていく。

 

ボクも早く次の物語が読みたくて、腰の痛みに耐えながらも再びこの世界に飛び込める日を心待ちにしている。しかしマジで痛いなぁwww

 

ブログの更新はFacebookページTwitterで告知しています。フォローしていただけるとうれしいです。

 

『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る

インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2021年6月
« 5月   7月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/