高羽そらさんインタビュー

キャラが強すぎて興醒め

漫画や小説においてキャラが立っていることは、作品の成功を左右する重大な要素だと思う。ただバランスというものがあって、それが崩れてしまうと強烈なキャラが邪魔をすることもある。

 

今日観た映画は、作品としてはめちゃ面白かった。ただある俳優さんのキャラが強すぎて、物語に入り込めないのが残念だったなぁ。

 

hw414_AS20160902002374_comm

 

2021年 映画#108

『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』(原題:Now You See Me 2)という2016年のアメリカ映画。『グランド・イリュージョン』という作品の続編で、この続編が未見だったので前作を2日前に見直した。そしてさっそくトライ。

 

前作で見事なイリュージョンを見せてくれたフォー・ホースメン。今回は女性のメンバーが変わったけれど、男性3人はそのまま。そして影のリーダーであるFBI捜査官のディランも、続編で大活躍を見せてくれた。元々はこのディランによる復讐が前作の背景にあった。

 

それを受けて今回は、前作で煮湯を飲まされた保険王がフォー・ホースメンにリベンジするという展開。彼らを誘い出すことで、最初は完璧にハメてしまう。でも結論としてはまたもや大掛かりなトリックを使うことで、フォー・ホースメンが勝利するという結末。

 

最初に書いたように全体としては合格点の作品。ショーのような映画の要素も健在で、最初から最後まで楽しむことができた。ただし、どうしても気になる点があって、それが最後まで引っかかってしまった。

 

まずはウディ・ハレルソン演じるメリットの双子の弟。ウディ・ハレルソンが一人二役していた。だけど彼は独特の強いキャラを持つ俳優さんなので、同じ人物にしか見えない。悪役のはずなのに、そこが気になって興醒めしてしまった。

 

もう一人は悪役であるウォルターを演じたダニエル・ラドクリフ。彼についてはハリーポッターのイメージが抜けないのは仕方ない。10年ほどかけてあの映画を観てきたからね。だとしてもダニエルの悪役はどうにもピンとこない

 

彼のキャラとして善人のイメージが強すぎて、憎らしいほどの悪役に見えない。どこか人の良さが見え隠れするので、主人公たちを応援する気持ちが緩んでしまう。彼の演技力の限界なのかもしれないけれど、最後まで中途半端感が抜けなくて興醒めしてしまった。

 

面白い映画だけに、なんかもったいないよなぁ。メリットの双子はいらんやろう。そしてダニエル・ラドクリフの悪役はミスキャストだと思う。この二点がどうしても引っかかってしまった。

 

このシリーズの第3弾が進行中とのこと。この映画のコンセプト自体は大好きなので、めちゃ楽しみにしている。ウディ・ハレルソンは素晴らしい俳優だから、メリット役に専念してほしい。第3弾では双子の弟を出さないでね〜〜www

 

ブログの更新はFacebookページTwitterで告知しています。フォローしていただけるとうれしいです。

 

『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る

インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2021年7月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/