高羽そらさんインタビュー

ダイエットの重大な誤解

科学の進化によって、それまでの常識が根底から覆されることがよくある。さらにネット社会になったことで、陳腐化した情報が刷新されるまでの時間が短くなったように思う。

 

特に変動の多い情報がダイエットに関するもの。科学的根拠のない情報も含めて、次々と過去の常識が更新されている。そんななか、ダイエットに根幹に関わる常識が否定された。大学の研究機関による結果なので、ちょっとしたカルチャーショックを受けている。

 

「中年は若者より代謝が少ないので太る」は間違いの可能性、エネルギー消費は20代から60代までほとんど変化がないとの研究結果

 

それは基礎代謝に関すること。中年になって太るのは、基礎代謝が落ちるからだといわれてきた。ボクもそれを信じてきた。だから若いころと同じような食事をしていると、それだけで太ってしまう。そう思っていた。

 

ところがアメリカのデューク大学の研究チームが、それまでの常識をひっくり返す結果を発表している。くわしい検査方法はリンク先の記事を読んでもらうとして、世界29カ国に住む生後1週間から95歳までを含めた6600人の消費エネルギーを調べてまとめたもの。結果だけを記事から抜粋してみる。

 

1.乳児期からエネルギー消費が急上昇し、1歳の誕生日を迎える頃には成人の50%以上に達する。

 

2.1歳から20歳までは年に約3%ずつ代謝が低下する。

 

3.20歳から60歳までは代謝の変化が安定する。

 

4.60歳以降は年に約0.7%ずつ代謝が低下する。

 

これによると、成人してから60歳になるまでの基礎代謝はほぼ同じだということ。それ以降は少しずつ代謝が落ちていく。それは老化による現象だろう。とりあえず還暦ごろまでは20歳のころと変わらない。

 

つまりボクたちは重大な誤解をしている。中年になって代謝が落ちるから太るのではなく、若いころに比べて運動量が減っているということ。あるいは若いころと同じ量を食べているつもりで、実際はカロリーの高い食生活となっていたということ。それらを代謝のせいにしていただけなのかもしれないwww

 

だから中年になって太るのは、若いころに比べて単純に太りやすい生活をしているから。そのことを自覚せずに代謝のせいにすることで、ダイエットをしない理由にしているだけなのかもね。

 

ちなみにリンク先の記事で驚いたのは、人間の代謝が1歳の誕生日を迎えるころに成人の50パーセント以上に達すること。赤ちゃんの成長に関わるエネルギー消費の大きさに驚くと同時に感動した。そりゃ面倒を見ている両親がヘトヘトになるはずだよね、

 

ブログの更新はFacebookページTwitterで告知しています。フォローしていただけるとうれしいです。

 

『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2021年9月
« 8月   10月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/