高羽そらさんインタビュー

来世は何になりたい?

輪廻転生という概念をボクは受け入れている。いまさらブログで書くつもりはないけれど、妻との過去世における証拠となるような確証を得ている。

 

だけどいまのボクは過去生に興味がまったくない。過去で積み残した課題があるとすれば、当然のことながらいまの人生に反映されている。だからわざわざ過去のシチュエーションを思い出す必要などない。いまの人生を精一杯生きればいい。

 

それと同じく未来生にも興味がない。生まれ変われるとしたら、次はどんな人生がいい? そう尋ねる人はよくいる。だけどいまの人生でさえ必死のパッチなのに、未来生のことまで考える余裕なんてない。未来生にこだわるのは、結果としていまの人生からの逃避を誘発するだけ。

 

そもそもボクはいまの人生で輪廻を最後にしたい。本気でそう思っている。感覚としてはこの現実世界に観光旅行に来ているという気持ち。積み残した課題を消化しつつ、いまの人生を終えたら魂の故郷へ帰りたいと願っている。きっとそうなるような気がする。知らんけどwww

 

だから来世は何になりたい? と訊かれても返答に困る。生まれ変わるつもりがないので、答えようがないから。

 

だけど、彼の答えなら聞きたいと思う人物がいる。それは『しゃばけ』シリーズの主人公である一太郎。彼の『なりたい』の答えに、ボクは感動の涙を流してしまった。

 

A7B5D869-F5D8-4853-A515-30E310853CFB

 

2021年 読書#93

『なりたい』畠中恵 著という小説。『しゃばけ』シリーズの第14弾で、2015年に出版された著作。ようやく最新刊に追いついてきた。現在出版されているのは第20弾までなので、もう少しだよね。

 

今回も短編集だけれど、当然ながら登場人物やエピソードは前作までの出来事を引き継いでいる。回を追うごとにレギュラー陣もにぎやかになってきた。妖(あやかし)たちの仲間が少しずつ増えている。

 

ここのところボクのお気に入りは貧乏神の金次。貧乏神のくせに、大好きな一太郎の長崎屋には取り憑かない。それどころか一太郎の部屋に入り浸りで、前回からは長崎屋の裏の長屋で他の妖たちと一緒に暮らしている。

 

さて今回は病気がちの一太郎が、世話になっている神様たちを部屋に招待した。そこでの歓待に感動した神様たちは、一太郎が生まれ変わったら何になりたいかを尋ねた。その答えによっては、叶えてくれるとのこと。その序章に続き、5つの短編が始まる。

 

『妖になりたい』

 

『人になりたい』

 

『猫になりたい』

 

『親になりたい』

 

『りっぱになりたい』

 

という5つの物語。今回も楽しく笑いつつ、感動で涙するという物語ばかり。レギュラーの妖に混じって、天狗、猫又、河童、そして幽霊まで登場する。内容は割愛するけれど、とにかく一太郎の活躍でトラブルが解決していくという構成。

 

そして最終章で、一太郎がようやく『何』になりたいかを返答する。その答えにボクはまたまた泣いてしまった。

 

「私は……いつかまた、妖達と巡り会いたい。それが一番なんです。ですから」

 

「また、商人になりたいと思います。そして、一所懸命頑張って、こうして皆と集まれる場を、作れたらと思うんです」

 

一太郎らしい答えだよね。彼にとって妖たちは家族同然。だから『何になりたい』よりも『誰と一緒にいたい』かを選んだ。そのための場を作れるなら、同じ商人でいいと答えた。

 

もちろん神様たちはそれを叶えてくれる。だけど妖達は生まれ変わった一太郎を見つけなくてはいけない。そのあとの妖達の会話が素敵。何がなんでも一太郎を見つけると、みんなが心をひとつにしている。一太郎がどれほど妖達に愛されているのかわかる。いつもながら優しい気持ちになれる物語だった。

 

ブログの更新はFacebookページTwitterで告知しています。フォローしていただけるとうれしいです。

 

『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2021年9月
« 8月   10月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/