高羽そらさんインタビュー

IQって信用できる?

昨日、双子の兄弟が主人公のコメディ映画を観た。顔は似ていないので一卵性じゃないんだろうけれど、あまりに対照的な二人が最高に面白かった。同じ時間に生まれ、同じ環境で育っても、まったくちがう個性を持っている。もし一卵性だとしても、家族にはわかるちがいはあるはず。

 

だけど遺伝子を重視する科学者も多く、先天的な性質によって多くが決まると考えている人もいる。それゆえ一卵性の双子は研究対象になりやすい。遺伝子とIQに関する興味深い結果が報告されている。

 

IQは遺伝子で決まるのか? 生き別れた双子の調査から大きなIQの差を確認!

 

双子は同じ環境で育つことが多い。だから遺伝子に関する研究を実施する際、環境因子を排除するのが難しい。特定の結果に関して、遺伝子によるものか、環境によるものか判断できないから。

 

それだけに生き別れになった一卵性の双子が確認できた場合、研究者たちはその機会を生かそうとする。リンク先の記事によると、韓国生まれの一卵性の双子がいた。その一人が幼いころに迷子になり行方不明のまま。ところが保護されていて、アメリカの養父母の元で育ったことがわかった。

 

ということでその二人の了承を得ることで、同じ環境因子を持たない双子の調査が可能となった。

 

興味深かったのは共通点。遺伝子の魔法を感じさせるような結果だった。

 

・良心的で自尊心が高い。

 

・神経質な性格ではない。

 

・仕事に対する満足度や精神衛生の高さ。

 

・過去の病歴。

 

これらがほぼ一致したらしい。以前に見聞きした事例でも、生き別れになった双子が同じ時期に結婚していて、子供の性別や名前まで同じだったという驚くことがあった。双子のミステリーは奥が深い。

 

ところが今回の事例では、IQに16ポイントの差があったそう。これは有意性のあるちがいで、IQが環境因子に影響するのではないかという仮説が出されている。この双子だけのことなので、もっと他の双子も調べる必要があるだろう。

 

だけど遺伝子ファーストの科学者にすれば、納得できない結果なのかもしれない。興味深く読んだ記事なんだけど、ボクにはどうにも引っかかることがある。

 

そもそもIQって知能の指標として信用できるの?

 

これは以前から感じていたことだけれど、頭の良さの基準としてIQを使うことに違和感がある。IQテスト自体に科学的な根拠がないという意見もある。所詮は人間が作ったテストなので、ある程度の能力の高さをチェックすることができても、人間の頭の良さを計測できるとは思えない。

 

頭の良さというのは、ボクのように多少なりとも人間を長くやっていると、知能の高さとの相関関係に疑問を持っている。頭の回転が速いからと言って、その人の頭がいいとは思わない。人間の頭の良さというのは、もっとちがう要素も考慮するべきだと思う。

 

物事の処理能力の高さも頭の良さを証明するひとつだと思う。だけどそれに勝るとも劣らない要素もある。

 

他人への共感力の高さ、思いやりの深さ、トラブルに動じない強さ、困難に向き合う勇気、変化を恐れずに受け入れる柔軟性、他人が思いつかないような創造性。例をあげたらキリがないけれど、頭の良さを指標とするなら、これらを無視できないと思う。

 

だけどIQテストでそれらを計測することは無理。IQに関して日頃からこんなことを考えているから、リンク先の記事に関しては微妙な感想しか持てなかったなぁ。

 

ブログの更新はFacebookページTwitterで告知しています。フォローしていただけるとうれしいです。

 

『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2022年5月
« 4月   6月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/