高羽そらさんインタビュー

売れるラブコメには理由がある

映画のジャンルとしてラブコメは嫌いじゃない。気楽に観られるので、気分転換にはちょうどいい。ラブコメの女王と言われたキャメロン・ディアスやメグ・ライアンの作品はいまでもたまに観たくなるし、何度観ても面白い。

 

ロマンティック・コメディとも言われるように、ラブコメは恋愛映画としても楽しめる。だからラブコメ作品で期待できる俳優さんなら、まちがいなく面白いだろうと思って見逃していた作品を観た。そして気がついた。ラブコメだからって、面白いわけじゃないということを。

 

20111216_2208218

 

2022年 映画#72

『バラ色の選択』(原題:For Love or Money)という1993年のアメリカ映画。写真のマイケル・J・フォックスが主演しているラブコメなので、絶対に大丈夫だと思って観た。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の3部作から数年後だし、『摩天楼はバラ色に』というラブコメも最高に面白かったから。

 

ところがかなり残念な作品だった。マイケルはいつもどおりの雰囲気だし、相手の女優さんもとびきりの美人じゃないけれど、それなりにいい俳優さんだった。なのにストーリーがあまりに雑でひどい。ドタバタ劇が中途半端で、笑いのツボから完全に外れている。

 

さらに主人公の行動を左右する動機もブレてばかり。どこかで歯車が狂ったままクランクアップした印象で、久しぶりに駄作を見てしまった気分だった。マイケルが演じるダグはニューヨークの一流ホテルの優秀なコンシェルジェ。彼の夢は手に入れた土地に理想のホテルを建てること。

 

そのスポンサーとして接触したクリスチャンという実業家の愛人は、彼が必死でアプローチしていたアンディという女性だった。どうしてもクリスチャンから資金の融資を受けたいダグは、アンディが弄ばれていることを知りつつも自分の夢を優先させる。

 

ラブコメなので結果としてハッピーエンドになる。そしてエンディング近くの展開は面白かった。コンシェルジェとして信頼の厚いダグは、大切にしてきた人たちの助けを得て夢を実現させるというラスト。予想できたエンディングだけれど、ここまで持ってくる途中がかなりグダグダだったなぁ。

 

この作品を観て改めて感じたことがある。メグ・ライアンやトム・ハンクスが共演していたラブコメ作品は、ドタバタが面白いだけじゃない。しっかりと脚本が練られ、物語として完成されている。だから笑えるし、主人公たちの恋に共感できる。当然のことなんだけれど、ヒットするラブコメには理由があるということ。残念な映画だったけれど、改めてヒット作の素晴らしを再認識させてもらえる作品だった。

 

ブログの更新はFacebookページTwitterで告知しています。フォローしていただけるとうれしいです。

 

『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2022年5月
« 4月   6月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/