高羽そらさんインタビュー

後家はダークホースだった!

愛する女性と結婚して子供もできた。なのに出産によって妻も子供も失った。喪失感に苦しんだ男は、ようやく心の傷を癒して再婚することを決意。

 

これはあるシリーズ小説の主人公の話。ボクが最初に期待した再婚候補はハズレ。その次に現れた候補も素敵な女性だった。だけどその女性は水難事故で最近の記憶を失くしてしまう。つまり主人公のことを忘れてしまった。それでも、その主人公は勇気を出して結婚を申し入れた。

 

こんな状態で終わっているので、ボクはずっと気になって仕方なかった。なぜ主人公はこれほど再婚にこだわるのか? それは江戸時代の物語だから。

 

IMG_5975

 

2022年 読書#93

『いわいごと』畠中恵 著という小説。『まんまこと』シリーズという作品で、第1弾は2007年に出版されている。この作品で第8弾となる。

 

主人公は高橋麻之助という町名主の跡取り息子。町名主というのは、奉行所では扱わない街の揉め事を仲裁する町役人。麻之助は一人っ子なので、嫁をもらわないわけにはいかない。世襲で繋がれていく役目なので、結婚しないという選択肢はこの時代にはなかった。

 

毎回6編の短編で構成されている。連続ドラマのように話は関連しているので、第1弾から読まないと人間関係が理解できない。回を重ねるごとにレギュラー陣が増えていくので、ますます物語に深みが増している。

 

『こたえなし』

 

『吉五郎の縁談』

 

『八丁堀の引っ越し』

 

『名指し』

 

『えんむすび』

 

『いわいごと』

 

という6つの物語。第7弾で麻之助の後妻候補となったのはお雪という女性。ちょっと無茶をするところは最初の妻だっお寿々に似ている。とても頭が良くて、推理力も高い。だから事件の謎を麻之助に代わってお雪が解決したこともあった。町名主の妻としては最高の女性だった。

 

ところがお雪には麻之助に関する以前の記憶がない。だからもう一度関係を作り直す必要があった。『こたえなし』という物語は、文字通りにお雪の答えがないということ。結婚を申し入れたけれど、お雪は迷ってしまい答えが出せない。

 

それでもうまくいくと信じていたのに……。

 

お雪が返事を先延ばしにしていたことで、実質的に縁談を仕切っていた彼女の祖母であるお浜がキレた。この縁談はうまくいかないと断定して、別の縁談をお雪に勧めてしまい、それが成立してしまう。おぉ、なんてことだ!

 

ところが麻之助にも出会いがあった。きっかけは他の町を支配している町名主が、後継のないまま亡くなってしまった。それで誰が後を継ぐかというとき、正式に決まるまでに見習いの麻之助がその町に派遣された。そのとき手伝ってくれたのが、他の町内を支配する町名主の娘。名前はお和歌。

 

まさにダークホース的な登場のお和歌。町名主の娘だから、麻之助の父親にすればこんなありがたい話はない。町名主の嫁として即戦力になるから。

 

ということで様々な紆余曲折を得て、最後の『いわいごと』で二人は夫婦となる。ところがこの物語には素敵な仕掛けがしてあった。結婚が決まったはずのお雪が破談しそうな状態になっていた。祖母のお浜がお雪の結婚相手を試したところ、彼はその期待に応えられなかったから。

 

そんなお雪の窮地を救ったのが麻之助で、お和歌も手を貸す。二人の協力によって、お雪の縁談は無事に成立する。そして麻之助たちも祝言をあげた。

 

やれやれ、本気で心臓がバクバクしながら読んだ第8弾だった。少しだけお和歌のユニークなキャラも紹介されているので、次回の作品からは大活躍しそうな予感。すでに第9弾が今年になって出版されている。図書館で予約が殺到しているので、読めるのは先になりそうだなぁ。

 

ブログの更新はFacebookページTwitterで告知しています。フォローしていただけるとうれしいです。

 

『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2022年10月
« 9月   11月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/