[gtranslate]
高羽そらさんインタビュー

ループにパラレルが追加した

暑い、暑いよ〜〜!

 

なんと神戸は6月だというのに今日の最高気温は31度の真夏日。どうりで買い物帰りの上り坂で汗だくになったはず。明日も晴れるそうなので、布団のシーツ等を洗濯して完全な夏仕様に変更しよう。

 

といっても来週くらいになれば、梅雨が本気を出すんだろうなぁ。まぁ雨も降ってもらわないと、水不足の心配もあるからね。なんだかんだ言っても自然には勝てないから、人間としてはできる限り対応策を取っていくしかないだろう。

 

さて、先日見た映画の続編に挑戦。一般的に続編はトーンダウンすることが多い。でもこの作品はさらにパワーアップしていた。

 

1179311

2024年 映画#102

『ハッピー・デス・デイ 2U』(原題: Happy Death Day 2U)という2019年のアメリカ映画。ホラーコメディという作品なんだけれど、今回はコメディ色が増していてかなり爆笑してしまった。

 

前回は主人公のツリーが死んでも死んでも誕生日の朝になるというループ世界に巻き込まれた。最終的に彼女を殺そうとしていた真犯人を見つけて殺すことで、ようやくループから抜け出せた。そして助けてくれたカーターとも恋仲になって終了。

 

今回、いきなりループに巻き込まれたのはカーターの友人のライアン。写真のアジア系の男子学生。そのドタバタで分かったのは、ライアンたちが卒論のために作っている量子反応炉が時空ループの原因だったことが分かった。

 

それでライアンのループを救おうとして、装置が事故を起こした。再びツリーが誕生日のループに戻されてしまった。つまりまた誕生日の朝を永遠に続けてしまう。さらにそこは以前とは違うパラレルワールドだった。

 

ショックなことに、カーターには恋人がいた。ダニエルというツリーの大嫌いな女子学生。それで元に戻してほしいとライアンを説得。元の世界に戻すには量子反応炉を正確に作動させるアルゴリズムが必要。そのためには試行錯誤して適切な数値を探すしかない。つまりツリーが何度も殺されなくてはいけない。

 

それで思いついたのが自殺。殺されるのは辛いので、自殺することでアルゴリズムの数値を見つけることになった。このシーンにボクは大爆笑してしまった。次から次に変わった自殺方法を考え出すツリー。不謹慎かもしれないけれど、ブラックユーモア的で笑ってしまう。


スカイダイビング体験でパラシュートをつけずに水着姿で飛び降りるツリーが最高だった。恋人といちゃつくカーターの前に飛び降り自殺するシーンも爆笑してしまった。

 

そうして何度も自殺を経験して、ようやくアルゴリズムの数値を見つけた。ところが困ったことが起きた。そのパラレルワールドでは数年前に亡くなったはずのツリーの母が生きていた。そこでツリーは悩んでしまう。

 

母が生きている世界には、カーターに別の恋人がいる。母が死んでいる元の世界では、カーターは運命の人だと思う恋人。どちらを選ぶかを思い悩んでしまうという展開。母か恋人か? その答えを求めて、ツリーは再び殺人犯と戦うという物語。いやぁ、本当に面白かった。

 

さらなる続編も検討されているそうだけれど、この2作目の興行成績がイマイチだったそう。だからこれで終わりかな。ボクとしてはもう一度ツリーのドタバタを観たい。ループにパラレルが追加されたなら、次はタイムトラベルもやっちゃいそう。続編を密かに期待していよう。

 

<お知らせ>

最新刊の『夢体脱』が全国の書店、並びみAmazon等のECサイトで販売中です。2012年に出版した『夢で会える 体外離脱入門』は、非物質世界の存在に『会う』ことがメインテーマでした。

 

でも『夢体脱』ではその出会いをどのようにして実生活に活かしていくかをテーマにしています。旧作を読んだ方にも新しい洞察が得られる内容になっています。是非ともよろしくお願いします。

 

Amazonでは単行本と同時に、Kindleの電子書籍でも購入していただけます。こちらからどうぞ。

 

ハート出版さんのサイトでも『夢体脱』の概要をご覧いただけます。こちらからどうぞ。

 

ブログの更新はFacebookページX、並びにThreadsで告知しています。フォローしていただけるとうれしいです。

 

『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ピックアップブロガーもっと見る

インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2024年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/