ダイヤモンドブログへようこそ!!ダイヤモンドブログではスポーツ選手や芸能人のブログを掲載しております。

お得情報随時掲載中♪

芸能人ブログ、エンタメ情報ならダイヤモンドブログ



ニュースカテゴリ

ダイヤモンドブログから旬な芸能ニュースをお届け!
エンタメの最新動向をチェック♪


【ライブレポート】SKE48 高柳明音が届けるアイドル最後のステージ「幸せだったんです、本当に」画像あり

4月11日

このエントリーをはてなブックマークに追加

4月10日、SKE48・高柳明音の卒業コンサート「SKE48アリーナコンサートin日本ガイシホール 私の兆し、皆の兆し ~あかねまちゅりだ!~」が愛知県・日本ガイシホールにて開催された。

2019年10月の卒業発表から一年と半年。遂に開催される卒業コンサートには寂しさと合わせて、高柳が作り出すステージへの期待が入り混じっていた。振り返れば2020年3月15日、本来であればこの日に高柳の卒業コンサートが神奈川県・横浜アリーナで開催される予定だった。しかし、新型コロナウイルスの感染が拡大しつつあった当時の状況下を考慮しコンサートは延期に。その日、横浜アリーナから生配信を行った高柳は誰もない客席を眺めながら悔し涙を流した。
全国的な緊急事態宣言を経て、感染拡大防止策を徹底しながら、まずは劇場公演を無観客配信で再開。10月には3日間に及ぶ12周年コンサート「SKE48 12th Anniversary Fes 2020 ~12公演一挙披露祭~」を実施し、有観客公演の再開へと至った。復活の兆しが見えてくる中、2021年2月23日、改めて卒業コンサートの再開が決まった。開催地は日本ガイシホール。これまで多くのメンバーがSKE48を旅立っていったステージであり、高柳自身もメンバーを何度も見送ってきた。SKE48にとってゆかりのある大切な場所での開催は、予見されていたのではないかとさえ錯覚してしまう。そう感じさせるホール内に開演5分前、高柳の声が響いた。

「みなさん盛り上がる準備できてますか!?声は出せないんですけど、今日は日本で一番熱い“おまちゅり“になるんじゃないでしょうか!?みなさん最後までしっかりとついて来てくださいね!」と弾む声に、これから届けられるステージへの期待と高揚感が掻き立てられる。

 

『overture』が明け、ホールの真ん中に設けられたステージに高柳の姿が浮かんだ。羽毛に包まれたような純白の衣装で『愛の数』をソロで披露した。この曲は高柳がリーダーを務めていた当時のチームKⅡに与えられた最初のオリジナル曲だ。はじまりの歌を優しい歌声で届ける高柳の目前には、会場に集ったファンからの暖かな黄色と緑のサイリウムが出迎えた。
曲が終わると大きく両手を振ったメンバーたちが行進しながらステージに集合。高柳によるこの日最初の煽りに合わせて特効が炸裂し、お揃いの赤い衣装で『兆し』を全員で熱唱。中央のステージには現在のチームKⅡのメンバーも集い、高柳のチーム愛を感じる一場面だ。「一年半。この景色をみたかったです。今日は思いっきり楽しみましょう!」と歓喜する高柳に合わせてメンバーも劇場公演以上にステージを揺らす力強いステップを踏みしめた。続けて『青空片想い』、『1!2!3!4! ヨロシク!』と自身が参加した初期の選抜曲を披露し、唯一の同期でSKE48キャプテンの斉藤真木子も法被を着て加勢。『恋のお縄』で高まるボルテージに、連呼される「ちゅり」のニックネームのリズムが鼓膜を心地よく刺激する。




最初のMCでは「本当にこの景色が見たかった!ファンの方がいるからこそこの盛り上がりを最初から出せているんだと思います」と有観客の客席を眺める高柳。「(卒業コンサートが)延期になって一年一ヶ月。卒業発表から一年半。48グループで最長記録らしいです。今日になったからこそできたこと、いっぱいあると思います。今日だからこそ出会えた人、見てくれる人がいると思います。セットリストに伝えたいことを全部盛り込んだので、どうか最後の1秒までしっかりついてきてください!」とコンサートにかける気合いを挨拶に滲ませた。

ここからのブロックは、期別やユニットで届ける楽曲に高柳が参加してステージを展開していく。まずは『夜風の仕業』を佐藤佳穂、野島樺乃と共に“ポロ家”の3人でしっとりと届ける。また、『今夜はJoin us!』では江籠裕奈がステージに登場。
江籠の「今日のちゅりさんは今までで一番キラキラしていて可愛いです」という感想に、高柳は「江籠さんはなんか大人の魅力出してきちゃって。悲しいけど超カワイイ!」と笑顔をにじませる二人のやり取りにほっこりする。また江籠は「ちゅりさんがいたからここまで頑張れました。“出会えてしあわせ!!“」と感謝の思いを手の甲に書いたメッセージと共に寄せた。
続く8期生とドラフト3期生はSKE48最高難易度のダンスナンバーである『Escape』を披露。張り詰めた空気にほとばしる緊張感がメンバーの表情からも伺える。事前の囲み取材で高柳は「2番は滅多に歌われないので、みんなで同じスタートラインで振り入れができる曲」として『Escape』を選択したという。その期待に応えるように、独特のステップを刻みながらダンスのカッコよさを全面に押し出し魅了した。中堅へと成長した彼女たちのプライドと努力を感じるシーンだ。サックスの生演奏をする古畑奈和と『予想外のストーリー』をセッションした高柳。これまで幾度となく“大人の世界”を共有してきた二人だが、今回はソーシャルディスタンスを保ちながらも、心地よい歌声と共に独自の世界観を築き上げた。



また、『光と影の日々』では先日卒業発表をした6期生の竹内彩姫へのサプライズが用意され、客席全体が竹内のメンバーカラーであるピンクへと染まった。「さきぽんが卒業するということで、内緒でピンクのサイリウムを指定させてもらいました」という心遣いに竹内は、「階段を登った瞬間からどんどんどんどん(サイリウムが)ピンクに変わっていくのが見えて、そこで最初に泣きました。私自身、大きな会場でやるコンサートがこれで最後なので、ピンクの景色が見れるとは思ってなかったので!」と感激した。
続いて、須田亜香里と大場美奈がステージに現れ、“チームC”(一度目の組閣で付けられたチームKⅡの愛称)の楽曲である『2人だけのパレード』を、会場のモニターにMVを映しながら3人で歌唱。この楽曲が発表された当時、須田はチームSから移籍し、AKB48に所属していた大場はSKE48との兼任が発表されたばかりの頃だ。組閣によるチーム体制が大きく変わる中で互いに切磋琢磨してきた二人に高柳は「二人と過ごしたチームKⅡでの時間は短かったけど一生の思い出だよ!」と呼びかけた。



都築里佳の英語のセリフが炸裂した『リオの革命』、『JESUS』と全体曲が続く中、11日に卒業コンサートを控える松井珠理奈がステージに登場。「ちゅり!卒業おめでとう!私も卒業だけど来ちゃいました」と手を振りながら高柳の元へと駆け寄る珠理奈。「“ちゅりじゅり“」と言えばこの歌を歌わずに卒業はできませんよ!」と、お互いに白組で共演した『コスモスの記憶』を歌い上げた。


再びのMCで江籠からセットリスト全曲に参加していることを告げられた高柳。「体力が本当にすごい!」とメンバーが口々にする中、同い年の須田からは「SKE48の最年長で29歳!私なんて一曲目で横腹が痛くなるのにすごいよ!」と驚きの声も上がった。


後半戦のブロックは高柳が「選抜総選挙」でランクインした楽曲を中心に構成され、初めて選抜メンバーに選ばれた『ハロウィン・ナイト』では、トロッコに乗りながら怪鳥モンスターに化けた高柳が会場のファンへ向けて手を振りながらアイコンタクトを交わした。続く『涙のシーソーゲーム』は共に当時の総選挙でアンダーガールズに選ばれた山内鈴蘭と歌唱。『抱きしめちゃいけない』、『#好きなんだ』を立て続けに歌い、続いて披露したのは『ヘビーローテーション』。この曲をチームKⅡがカヴァーしたバージョンが1stアルバム『この日のチャイムを忘れない』に収録されており、冒頭の「1!2!3!4!」の掛け声を高柳が担当していた。現在までに続く煽りの片鱗を感じられるコールを今回は贅沢に4回も行った。「当時は出オチだといじられてまして。しばらくやってなかったけど最後にやってやろうと思って」と後のMCで満足気に清々しい笑顔を見せた。

コンサートもいよいよ終盤戦。高柳を中心にメンバーが作り出す熱狂の渦を抱え込んだまま、SKE48でお馴染みのシングル楽曲を立て続けに熱唱。中でも『ごめんね、SUMMER』を高柳は当時のポジションで披露し、お馴染みの“くしゃ顔”も見せた。また、参加メンバー全員で熱唱した『パレオはエメラルド』のパフォーマンスは、やはり圧巻の一言に尽きる。

本編最後の楽曲披露を前に高柳は、「私にとってとってもとっても思い入れのある楽曲です。辛い時とか寂しい時とか心に寄り添えるようなそんな楽曲です」と曲紹介と合わせて『ラムネの飲み方』をしっとりと参加メンバーで全員で歌い上げた。ラムネをイメージした爽やかな青いサイリウムの海がガイシホールを包み込む。この曲の1番をチームKⅡが、2番をチームS、チームE、研究生と歌い継ぐ光景は、高柳の曲からSKE48の曲へと昇華する通過儀礼のようにも思えた。
「私が12年でたくさん歌わせていただいた大切な楽曲たちは、きっとこれからも皆さんの心に何かを残して・・・、辛い時に支えになったら嬉しいです」と涙を流しながら想いを伝えた。



会場のファンの手拍子が重なりアンコールへとセットリストは進んだ。和装の卒業ドレスを着た高柳が再びステージに登場し、披露したのはソロ曲の『青春の宝石』。この日のために暖めてきた胸中の想いを歌詞にのせフルサイズで歌い上げた。ここであるサプライズが起こった。「ちゅりちゃん会いに来たよ!」とSKE48の卒業生で女優の松井玲奈がゲストで登場した。2人はユニット「14カラット」に選ばれた際の楽曲『バイクとサイドカー』を歌唱。「とっても可愛いね。お姫様」と和風の卒業ドレスを褒められ照れる高柳。お互いに見つめ合い、ぎゅっと手をつなぎながら歌声を届けた。会場の拍手に迎えられた玲奈は「緊張したよ!緊張以外の何ものでもないよ!」と声を高らかに久しぶりのステージを実感。高柳は「一回もリハーサルしてないもんね」とぶっつけ本番だったことを明かした。今回の共演は、昨年3月の卒業コンサートが予定通り行われていたら、玲奈のスケジュールの関係で実現しなかったという。「運命だなと思う」と感慨深く話す高柳。玲奈も「一年越しの約束を果たすことができました」と笑顔を見せた。


また、玲奈と歌いたかった理由を高柳は「玲奈さんはSKE48の歴史の一人じゃないですか。玲奈さんがいてくれたらかここまで頑張れたし、感謝もたくさんしていて、どうしても一緒に歌いたかったので、本当にありがとうございました」と感謝の言葉と共に述べた。玲奈も「高柳明音の人生はまだまだ続くので、こんなにお祭り騒ぎしている人間はいないと思うんですよ。ぜひ今後もこれからも高柳明音をよろしくお願いします」と、会場、配信で見届けるファンへ向けて、高柳への変わらない応援を呼びかけた。



メンバーも再びステージに集結し、『会いたかった』、『道は なぜ続くのか?』を歌い上げた。最後の楽曲を前に高柳は、「アイドルは私が子供のときに思い描いた夢で、自分なんかがなれるわけないって諦めるときもありました。でも、運命なのかな?地元・名古屋にアイドルができて。最初で最後の賭けだと思ってオーディションを受け、今に至ります」とSKE48のオーディションを受けた経緯を明かした。「私を好きになってくれた人がいて、こうやって支えてくれる方がいて、一緒に頑張っているメンバーもこんなにたくさんいます。お見送りをするときは寂しくて、なんで先に行っちゃうんだろうとか、そんな気持ちもたくさんあったけど、12年やったらちゃんと一人前のアイドルになれたかなって思います。完璧なアイドルではなかったですけど、本当に私は悔いのない最高に幸せなアイドル人生でした」と感謝の想いと共にアイドルとして歩んだ12年間を振り返った


また、この卒業コンサートを一緒に盛り上げてくれたメンバーに向けて、「このセットリストは考えているときも幸せだったし、みんながリハーサルで楽しそうに練習してくれたり、『この曲を一緒にできて嬉しい』とか、リハーサルのときから『泣きそうだ』って言ってくれる子もいたり、みんながいたから私はここに立ててます。私がここに連れてきたんじゃなくて、みんながここに連れてきてくれて一緒に立っています。アイドルはみんな一緒じゃなくて、辛いこと、なかなか上手くいかないこと、私はどうしたらいいとか、グループに必要ないんじゃないかとか思うこともたくさんありましたが、12年間やってきて、そのときのことも今に繋がってるなって思えるようになりました。今辛い思いをしてる子も、無敵状態の子も、みんながSKE48にいるからこうやってたくさんのファンの方に愛していただけて、これからも続いていくんだと思います」とエールを贈った。


「私は本当に本当にSKE48に出会えて幸せでした。こんなにニコニコ終わるとは自分でも思ってなかったです。幸せだったんです、本当に」と噛み締め、巣立ちの時を迎えた。翼の付いた鳥かごのようなリフトに腰掛け、羽ばたいていく高柳。ステージには鳥の羽が舞い、ファンから事前に募集された『明音ちゃん!卒業、おめでとう!』の声と拍手が高柳を送り出した。


高柳が羽ばたいた後のステージで、キャプテンの斉藤は「最後に私たちみんなで明音ちゃんのことを思って歌いたいと思います」と曲振りも兼ねて『卒業式の忘れもの』を全員で披露した。「明音ちゃんが卒業しても、明音ちゃんが大切にしていた数々を私たちみんなで引き継いて、これからのSKE48を作っていきたいと思います。みなさん、これからのSKE48をたくさん愛してください!」とファンへ向けて最後の挨拶を行なった。


その様子を上から一人眺めているメンバーがいた。

「みんなー。“あかねまちゅり”なんだからさー。最後まで盛り上がるに決まってんじゃん!」と再び舞い戻ってきた高柳の姿に仰天するメンバーたち。「終わんないよ!これが私からのサプライズ!!」ともう一曲、『オキドキ』を披露することに。しんみりとした雰囲気では終わらせない。突然の無茶振りにメンバーたちも体力が許す限り全力で踊り続ける。「みんなー!心の中でもいいから大きな“オキドキ”コール聞かせてよ!」と容赦のない煽りに会場のボルテージは急上昇。呼応するようにファンの持つサイリウムの振る動きも大きくなった。

口々に「びっくりした」と笑顔をみせるメンバーたちに、「だって“卒業式に忘れもの”しちゃったんだもん」としてやたっりの笑みを見せた高柳。すかさず斉藤は「忘れ物がハード過ぎる」とツッコミを入れる。高柳曰くコンサート開始前の円陣のときに「“最後の一秒の一秒まで”、“最後の瞬間まで”って何回も言ってたの」と匂わせていたことを明かした。満足気に再び翼付きのリフトで帰っていく高柳。「やっぱライブって最高だね!」と笑顔で手を振りながら、「みなさん、またどこかで会いましょう」と再びの再会を誓った。

改めて斉藤は「誰もが予想しない終わり方でした。しんみりしていたんですけど、みんな笑顔になりました。たくさんの方とこの時間を共有できたこと本当に嬉しく思います。これからもSKE48をめちゃくちゃ頑張っていきたいと思いますので、ぜひみなさん、これからも私たちについて来てください!」と締めくくった。



【セットリスト】
M00.overture
M01.愛の数
M02.兆し
M03.青空片想い
M04.1!2!3!4! ヨロシク!
M05.恋のお縄
M06.夜風の仕業
M07.僕だけのValue
M08.今夜はJoin us!

M09.Escape
M10.ピーク
M11.予想外のストーリー
M12.光と影の日々
M13.2人だけのパレード
M14.クロス
M15.背中から抱きしめて
M16.リオの革命
M17.JESUS
M18.コスモスの記憶
M19.ハロウィン・ナイト
M20.涙のシーソーゲーム
M21.抱きしめちゃいけない
M22.#好きなんだ
M23.ヘビーローテーション
M24.片想いFinally
M25.ごめんね、SUMMER
M26.パレオはエメラルド
M27.コケティッシュ渋滞中
M28.僕は知っている
M29.ラムネの飲み方

EN1.青春の宝石
EN2.バイクとサイドカー
EN3.会いたかった
EN4,道は なぜ続くのか?
EN5.卒業式の忘れもの
EN5.オキドキ


情報提供元:WWSチャンネル
記事名:「【ライブレポート】SKE48 高柳明音が届けるアイドル最後のステージ「幸せだったんです、本当に」」




見逃すな!注目ニュース!!

もっと見る

★注目ダイヤモンドブロガー★

  • 梅本まどか
  • 出川哲郎
  • みひろ
  • SHOW-YA(ショーヤ)寺田恵子
  • CHERRSEE
  • 諸星和己
  • 範田紗々
  • 大島薫
  • 上本達之
  • 越川優
  • 奥田健次
ダイヤモンドチケットでGoToイベントキャンペーン 対象イベントが20%OFF!
EXID公式モバイルサイト
MOMOLAND公式モバイルサイト