BiSのプールイがバンドでラモーンズを歌ったって?!…のイロンナ話

僕は、今、日本で最も面白いパンクはBiSさんと研究員さんたちのステージだとガチガチで思ってます。

だから、BiSのプー・ルイ(リーダー&よごれ担当)が「GO AHEAD!!@神戸スタークラブ」でTHE GO-DEVILS とRamones の「Sheena is a Punk Rocker」をセッションしたって話を聞いてぶっ飛んだ!

その選曲センスの絶妙さと、現場に行ってなかった悔しさでぶっ飛んだ!

ラモーンズを、しかもシーナイズ……を持ってくるとは。



プー・ルイ イズ ア パンクロッカー ナウ ですよ、あーたっ!
これは現場で起こった事件ですよっ!


・・・(加筆)・・・

まず初めに確認をしておく。

「完璧なものに優れた魅力が宿るわけではない(TUMA)」


パンクの巨大星・ラモーンズは決して上手なバンドではない。
いや、パンクバンドのスターたちのほとんどは演奏が下手だと断言してよいだろう。
楽器を持ったことが無い人でも二日・・・いや、楽器すら無くてもラモーンズやセックス・ピストルズは出来るんじゃないか?
(上手になってしまいパンクをやめるくらいだ)

これをやりたいんだ!
これを伝えたいんだ!
これやって楽しみたいんだ!

この思いの強さが、馬力が、見ている者の心を揺さぶる。

何かしたいという衝動や思いの強さは、演奏や歌唱の上達など待ってくれないものなのだ。

オーケストラやオペラにはない魅力がパンクロックにはあるんだ。

ロックは立ち姿であり、物事にぶつかって行く姿勢である。
この姿勢があるからロックは魅力的なのだ。
僕はこれがロックだと信じている。

音楽なんかにはおさまりきらない。
勉強でもスポーツでも仕事でも子育てでも何でもロックとなる。
未熟でも良いんだ。
こうしたいという姿勢がそこに魅力を生み、魅力的な人物を作るんだ。

だから「PUNK、ROCKは音楽やファッションのジャンルではなくアティチュード(立ち姿・生きていく姿勢)である(ジョー・ストラマー)」なのだ。


さて、現代においてこの「完璧なものに優れた魅力が宿るわけではない」を大いに体現しているのは何か?


アイドルだ。


こうしたいろいろな要素を積み重ねた中で、ガレージロック的なガールズロックバンドのTHE GO-DEVILSが、BiSとのセッションに、Ramones の「Sheena is a Punk Rocker」と言う楽曲を選び、それをプー・ルイというB級アイドル・BiSのメインボーカリストが受けて歌った事に大きな意味があり、姿勢を感じ、そこに心を揺さぶる魅力が宿ったのだ。


BiS are プー・ルイ、ヒラノノゾミ、ミチバヤシリオ、カミヤサキ、テンテンコ、ファーストサマーウイカ and BiS親衛隊・軍団(セックス・ピストルズの親衛隊・ブロムリーケンテンジェント的な存在と言っても過言ではない)研究員さんたちが、もの凄い魅力を宿しているのは、彼女ら彼らの、その立ち姿・姿勢にあるんだ。

そして、研究員さんたちが暴力ではなくユーモアで感情を発露し、メンバーがユーモアで応えているところも素敵なんだ。魅力的なんだ。

セックス・ピストルズはバンドだけじゃなくて、マルコム・マクラーレンやヴィヴィアン・ウェストウッドやブロムリー軍団がいて文化になった。立ち姿の一つの見本にまでなっていった。ジョン・サイモン・リッチー(シド。ヴィシャス)を見てみな、ベースなんか弾けなくたってロックスターになれるんだぜ。


自戒の意味を含めてもう一度書いておく。

「完璧なものに優れた魅力が宿るわけではない」

「ROCKは音楽やファッションのジャンルではなくアティチュード(立ち姿・生きていく姿勢)である」


ROCK!


・・・(追記ここまで)・・・


ほんとに選曲が絶妙だなあ…と思って、オープニングアクト~セッションを演ったTHE GO-DEVILS〔MOMO (Guitar, Vocal), ANGIE (Bass, Vocal), RITZ (Drums, Vocal)」の ANGIEさんにこの一件の顛末を尋ねたところ……。


「プーちゃんとぜったい演りたくて勝手に個人的に交渉しました(笑)。ただ、音源がプーちゃん自身に渡ったのが遅かったみたいで…そこが心残りですが…楽しかったです!! 冥土の土産です!!!」

「最初はラモーンズかジョーンジェット、二転してミッチー音頭で提案したんですが結局ラモーンズのどれかにしましょうてことで最終sheenaを送りました。うちはガレージ演ってますがシーンに少し風穴あけられたかなと。バンドメンバーの理解にも感謝してます」


momoさんは両国国技館のBiSワンマンに行っちゃうくらいのBiS好きみたいで、やっぱり愛だな、愛情がこもったセレクトだな、何ごとも愛だよな、姿勢だな・・・と。


ミッチー音頭!
http://www.nicovideo.jp/watch/sm11653426

たぶんエンケンのカバーバージョンをやるだろうから、戸川純っぽい のぞ氏がコーラスとかでもう最高!!!!!!
(遠藤賢司 – エンケンのミッチー音頭:戸川純、奥田民生、近田春夫、巻上公一、サエキけんぞう、ケラ、森若香織、野沢直子 参加)

Joan Jett も良いですねえ。「Cherry bomb」が良いかなあ、これだとランナウェズになっちゃうかな? それはそれで良いな。「I Love Rock N Roll」 「DON`T SURRENDER」「Little Drummer boy」・・・ジョーンジェットなら何でも大丈夫ですね。







Do You Wanna Touch Me (Oh Yeah)とかプー・ルイ的だなあ。
接触ですよ。握手会ですよ。チェキ会ですよw。



でも、僕の好みだとやっぱり Ramones の「Sheena is a Punk Rocker」がベストです。

ラモーンズはギターソロもあんまりなくて、サビもBAKAじゃないってくらい直球でど真ん中に放り込むし。歌詞少ない。一曲が短い。すごい疾走感。でもすごく伝わる。英語が分からなくても伝わる。スゲエ!



自分語りになっちゃうかもしれませんが・・・
ギュウゾウが所属する電撃ネットワークがTokyo Shock Boys としてニューヨーク公演をやっていた時に、テレビ番組でRamones(ラモーンズ)、The Pretenders(プリテンダース)と一緒になったことがありまして。

qzQig


ラモーンズもプリテンダースも大好きだし、もう最高に楽しい一日でした。ラモーンズのみなさん、ホントにバカっぽくてカッコ良かった・・・・・(ここから大脱線)プリテンダースのバンド名由来がThe Plattersの名曲「The Great Pretender」からで、その歌詞の中に

「Oh yes I’m the great pretender
Just laughing and gay like a clown (ooh ooh)
I seem to be what I’m not you see
I’m wearing my heart like a crown
Pretending that you’re
Pretending that you’re still around」

ってのがあって。
これは正にBiSだな、プー・ルイだな。
道化師みたいに振る舞い装うボクの心・・・泣けるなぁと。


と、THE GO-DEVILS演奏・プールイが Ramonesの「Sheena is a Punk Rocker」を歌ったという情報だけで、ここまで妄想しちゃったわけです。聴いても無いくせにw。

いつのまにか、ラモーンズじゃなくてプリテンダースでもなくてしまいにはプラターズも飛んじゃってフレディ・マーキュリー版をプールイが歌っている絵が頭の中を回っているという・・・はい、もう、狂ってます。
(脱線ここまで)



何が良いたいかと言えば、好感度大アップアップという話です。
THE GO-DEVILSというバンドがBiSという集団の特性を見てRamones の「Sheena is a Punk Rocker」をセレクトし、演奏し、プー・ルイがそれに応えて歌ったという事実に感動しているわけです。

ramonesはステージ上でよくメンバー間で口論とかしちゃってたってのも……ね(BiS好きにはたまらない 笑)!


ANGIEさん( @omomoomomo )ありがとう。

やっぱり愛だな、何ごとも愛だよなと。
絶対にやりたいって心意気だよな、姿勢だよなと。


もうね、またBiSが大好きになっちゃって苦しいくらい。


BiSはIDOLでありROCKの怪物だ!

もう少しで目を覚ますはず。
ふふふふ。

・・・・・・・・・・・・

プールイがニューエイジロックなんちゃらだという事を忘れてたなあ。

もう聴けないんだろなあ、プー・ラモーン。
マイクが調子悪かったらしいからもう一回やらないかなあ。

しつこい。。。

ステージを見れなかったことが残念で残念で・・・あのルックスのTHE GO-DEVILSが演奏でプールイがボーカルで、最前列にはあの研究員さん(バカ騒ぎで知られるBiSの過激ファン集団、ロック通が多い)たちがズラリなんだもんほんと残念。



t02200220_0300030010162729884


396907_261749333924626_903326301_a


これ掲げててやらないとは言わせないぞ!


もう一回THE GO-DEVILSでプー・ラモーンを
\お願いしまーす!/







THE GO DEVILS 
[ Official Website : http://www.go-devils.com/ ]




BiS(新生アイドル研究会)
[ http://www.brandnewidolsociety.org/index.html ]

コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

ギュウゾウ(パフォーマンス集団:電撃ネットワーク)プロフィール

プロフィール画像

ギュウゾウ(電撃ネットワーク)

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

ギュウゾウ(パフォーマンス集団:電撃ネットワーク)カレンダー

2013年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ギュウゾウ(パフォーマンス集団:電撃ネットワーク)アーカイブス

ギュウゾウ(パフォーマンス集団:電撃ネットワーク)カテゴリー

ギュウゾウ(パフォーマンス集団:電撃ネットワーク)QRコード

ブログモバイル版

ギュウゾウ(パフォーマンス集団:電撃ネットワーク)
オフィシャルブログ
「ギュウゾウ新聞〜宅配版〜」

http://www.diamondblog.jp/
/tokyoshockboys/gyuzo2013/

電撃ネットワーク 最新記事一覧