高羽そらさんインタビュー

SOLA TODAY Vol.512

ボクは基本的に人間がチキンなので、他人に迷惑をかけていないか異常なほど気にする。だから誰かと待ち合わせをするとき、絶対に遅刻しないように全力を尽くす。前日から何度もシミュレーションをくり返し、不測の事態をイメージして予定を練り直す。

 

対照的に、そうしたことに無頓着な人もいる。平気で遅刻する人を非難する気持ちはないけれど、えてしてそういう人は遅刻をくり返すことが多い。約束の時間を守る人と守らない人について、ここ数日ネットで話題になっていた漫画がある。

 

約束の時間を守る人と守らない人 対照的なケースをすっきりと比べた漫画が話題に

 

Twitterでも見たけれど、まとめを見直していると、よくできた漫画だと思う。この記事から抜粋させてもらう。

 

まずは時間を守れる人。

 

kurata_jikan01

 

 

ボクはまさにこのタイプ。ここに書かれている吹き出しは、ボクが誰かと約束をしたときに考えていること。自分が遅刻をするくらいなら、早く行って待っているほうが安心できる人間なんだよね。

 

では約束の時間が守れない人はどうなのか?

 

kurata_jikan02

 

 

なるほどねぇ。うまくまとめられていると思う。約束の時間を守らない人は、約束の時間に到着すればいいと思っている。だからトラブルがあったときは、確実に遅刻することになる。約束に対してルーズなわけではなく、ある種の想像力が欠如しているような気がする。

 

もっとも問題なのは、『遅れたら謝ろう』という気持ちだと思う。この記事にも書かれているけれど、そこに『甘え』が存在している。遅刻することが、相手の時間を奪っているという感覚を持てないんだろうね。

 

それは究極的に言うと、他者への想像力が欠如している、ということ。自分のことばかり考えていて、自分の行動が他人にどういう影響を与えるのか想像できない。でも悪気がないだけに、怒れないんだよね。

 

そういえば幻冬舎の社長である見城さんが、こんなことを言っていた。「他者への想像力を育てたかったら、恋愛をするべきだ」と。

 

たしかにそうだと思う。恋愛というのは、いかに相手の気持ちに気がつくかどうかだものね。もし異性と交際してもうまくいかない人は、他者への想像力を育てきれていないのかもしれない。きっとこういう人は、遅刻が多いのじゃないかな?

 

ボクの年代になってくると、時間がどれほど貴重なものか実感してくる。なぜなら人生の終わりが見え隠れしているから。おそらく死の淵をさまようほどの病気や怪我を経験した人も、時間の大切さを感じていると思う。

 

約束をしていても、不可抗力でどうしようもないことがある。だけどできる限り、約束の時間を守るようにしたいと思う。それは文章を書くうえで、締め切りを守るのも同じこと。仕事の納期も時間の約束だからね。

 

decoration/dcr_emoji_238.gif『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/