高羽そらさんインタビュー

事情はわかるが、複雑な気分

どうしても新型コロナ関連の記事に目がいってしまう。しゃあないなぁ。

 

以前から気になっていたことなんだけれど、その後のことが報道されない。実態はどうなんだろう?

 

コロナ危機で「受刑者釈放」…いま世界で起きている現実

 

ボクが気にしていたのは受刑者の釈放について。イランでは7万人の受刑者が釈放されたという報道を見た。2月には中国でも500人以上の受刑者が釈放されている。先月の24日には、アメリカのニューヨークでも300人の受刑者が釈放されるう方針が決まったとのこと。

 

理由も事情もわかる。刑務所というのは密閉された場所だから、いわゆる『三蜜』に抵触する。受刑者たちに感染が広がると収拾がつかないし、当然ながら刑務官たちも危険にさらされる。

 

だから釈放するということの事情も理由もわかる。ただなんとなく複雑な気分が抜けない。

 

言い方は悪いけれど、犯罪者を野放しにすることによる弊害はないのだろうか? 新たな犯罪を生むことにはならないのだろうか? 

 

イランで7万人が釈放されたけれど、禁錮5年以下の受刑者のみで、政治犯や外国籍・二重国籍の受刑者は対象外らしい。ニューヨークでも高齢の受刑者や心臓病などの基礎疾患がある受刑者で、暴力をともなわない比較的軽い罪で刑に服し、残りの刑期が1年以内の300人を釈放するとのこと。

 

人道的には納得できるよね。あくまでも一時的な釈放なので、無罪放免というわけではないらしい。再び収容できる状況になったら、刑務所に戻ることが前提になっている。

 

ボクが複雑な気分になっているのは、釈放された人たちが罪を犯すことじゃない。この人たちが無事に過ごせる場所があるのかどうか。感染を拡散させないためだけに、刑務所を放り出されたように感じてしまう。

 

自宅がある人ならいいけれど、イランで7万人という人のいく場所はあるの? そのあたりが気になって仕方ない。行き場をなくした受刑者が、今度は凶悪な犯罪をやらかしてしまうかもしれない。そう思うと、なんとも言えない気分になっている。

 

実は日本でも同じ法律があるらしい。この記事を読むまで知らなかった。記事から抜粋してみよう。

 

『日本について、もう少し法令にも触れながら説明すれば、「刑事収容施設および被収容者等の処遇に関する法律」の83条で、地震、火災その他の災害の際、所内で安全確保できない場合、施設外のどこかに移し、それも不可能なら、事態が落ち着けば帰ってくる条件で解放できると定めている』

 

神戸の震災でも、東北の震災でも、この法律が適用されることはなかったそう。今回のウイルス騒動で、この法律が適用されないことを願うしかない。

 

decoration/dcr_emoji_238.gifブログの更新はFacebookページTwitterで告知しています。フォローしていただけるとうれしいです。

 

decoration/dcr_emoji_238.gif『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2020年4月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/