高羽そらさんインタビュー

あぁ、自分を探す旅だったのか!感動!

なんでこんな暑いの……。明日から10月だというのに、太陽の下を歩くと真夏のような暑さでした。

自称「別荘」を目指してプチハイキングをしたいのですが、まだこの暑さではバテそうです。まだ買い物の帰り道はバスのお世話になっていますからねexpression/eps_coldsweats01.gif

でも今日は久しぶりに、まどかちゃんと遭遇!

IMG_0015_2

 

ウインドウくんも元気でした!

IMG_0016_2

 

さらに超〜〜美人のニャンコを発見。ミューナがこんな嫁を連れてきたらいいのになぁ〜と妄想するような美人ニャンコでした。

IMG_1742

 

ねぇ、ねぇ、美人でしょう? 人懐こいキュートなニャンコでしたdecoration/dcr_heart04.gif

さて今日は映画館に行こうと思っていながら、見逃していた映画をようやくDVDで観ました。『LIFE!』という映画です。

コメディファンタジーの映画なのですが、『ナイト・ミュージアム』でおなじみのベン・スティラーが主演の映画です。観ている途中でラストシーンは読めたのですが、それでもポロポロと涙がこぼれ落ちてきました。ラストがわかっていても感動して泣ける映画です。

新しい映画はネタバレしないように注意していますが、この映画はあえて書かせていただきます。それほど素晴らしい映画でした。ストーリーを追いかけるというより、感覚で観る映画だと思います。

ベンが演じる主人公のウォルターは、有名雑誌である『LIFE』のネガを管理するのが仕事です。会社が買収されて休刊となる『LIFE』ですが、リストラの嵐が吹き荒れます。その最終号を飾る表紙の写真をショーンという有名な写真家の作品が採用されることになりました。

ところがその写真であるNo.25の写真のネガが見当たりません。ショーンがウォルターへのプレゼントだと手紙に書いていたのですが、プレゼントの財布があっただけで、そのネガが見当たらないのです。見つけることができなければ、リストラの嵐に巻き込まれてクビになります。そうしてNo.25を探すウォルターの冒険が始まるのです。

でもこのウォルターは妄想癖のある人物で、本当の冒険をしたことが一度もありません。出会い系サイトに登録しても、書けるエピソードが全くないような人生でした。気になる彼女に妄想でアプローチすることができても、現実ではどうしようもありません。

ところがショーンを探してグリーンランドを訪れた時、ある選択をします。手がかりを手に入れるためには、酔っぱらいが操縦するヘリに乗る必要がありました。最初は断念するウォルターですが、離陸直前に飛び乗ります。そのたった一つの勇気が、彼の人生を妄想ではなくリアルな冒険世界へと変化させたのです。

今までの人生でないような冒険を重ねますが、結局No.25のネガは見つかることなく解雇されます。その後、写真家のショーンを見つけ出したウォルターは、そのネガがプレゼントの財布に入れられていたことを知ります。グリーンランドやアイスランドの冒険で探しまわったネガは、実は自分のポケットのなかにあったのです!

しかし意気消沈したウォルターはその財布を捨てていました……。

ところが母親がその財布をゴミ箱から取り出していたのです!ウォルターは解雇されたままですが、約束通りそのネガを会社に届けました。しかし以前のウォルターとは別人です。冒険を通じて、本当の自分を見出だしていたからです。そして気になっていた女性とも、妄想ではなく現実で交際することができます。

そしてラストシーンです。恋人と二人で歩いている時、マガジンスタンドで最終号の『LIFE』を見つけます。その表紙には「今まで、この雑誌を支えてきた人々』というメッセージとともに、ウォルターの写真が表紙となっていたのです。もう、私は涙、涙でした……expression/eps_emoji_017.gif

ウォルターが勇気を出して冒険の世界に飛び込み、探し続けていたのは自分の写真でした。ストーリーとしては読めましたが、なんと素晴らしい構成でしょう。私たちがこの人生を通じて、必死になって探しているもの。それは「本当の自分」です。

この映画はそうした人生の本質を象徴しているように、私には感じられました。私たちが必死で探しているものは、自分のポケットの中にあるのです。でもすぐに気づかなくてもいいのですね。思い切り冒険をすればいいのです。そうすることで、その事実に気づいていくのだと思います。

この映画はそうした深い意味を教えてくれるように感じます。作者の意図はわかりませんが、私にはそう感じました。どうやら私の琴線に触れたようですね。返却する前に、もう一度じっくりこの映画を観たいと思っています。ありゃ、長い文章で熱く語ってしまったなぁ〜〜〜expression/eps_coldsweats01.gif

羽座間健児さんとのコラボ企画『マルチエンディングの小説トレイン』は連載開始しています。こちらからどうぞ。

『夢で会える 体外離脱入門』は在庫僅少ですので、お求めの方はハート出版さんや書店に問い合わせてください。Amazonでの注文はこちらです。

『ゼロの物語』3部作は電子書籍のみの販売となりますので、こちらのホームページから販売サイトに行ってくださいね。

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2014年9月
« 8月   10月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/