高羽そらさんインタビュー

ネコがみないみないテレビ

じゃっかん肌寒さが残っているものの、歩くと春だとわかる。例年より半月ほど季節が遅れている印象だけれど、その分春を長く楽しめそうな気がしている。

 

どちらにしても今月いっぱいは仕事に追われているので、大好きな桜は来月に開花していくれるほうがありがたい。ちらほら咲き出したら、じっとしていられないからね。

 

さて、先日から楽しみにしていたテレビ番組があった。それがこれ。

 

program2-logo

 

 

 

『ネコがみるみるテレビ』というNHKの番組。

 

ネコを見る番組は、『岩合光昭の世界ネコ歩き』という有名な番組がある。もちろん我が家では毎月必ず録画して見ているし、ミニ版の再編集された番組もチェックしている。

 

でも新番組は『ネコを』見るのではなく、『ネコが』見るという番組。要するにネコのために作られたという画期的なもの。

 

残念ながら大阪だけの放送なので、関西エリアの人(ネコ)しか見られない。

 

これは是非とも我が家のミューナに見せなければいけないと思い、意気揚々と録画した。

 

そして昨晩、ちょうどミューナが起きていたので、その録画を再生してみた。

 

ひどい。なんてひどい番組なのだろう……。

 

ネコを飼っているというカメラマンがいて、その人がネコのための映像を作るという内容だった。コンセプトはすばらしいけれど、番組自体は最低のでき。

 

ネコの着ぐるみを身につけてどうでもいい打ち合わせのシーンばかりで、ネコがどのような映像を本当に好むのか、動物学的な検証はされていない。ただ遊んでいるだけ。マジでアホらしくて白けた。

 

最終的には短いけれど、どうにか映像を完成させている。BGMにはネコが好むという音楽を挿入して、ネコの気を引きそうな映像がちりばめてある。

 

でも我が家のミューナは完全に無視! 『世界ネコ歩き』なんてテレビの前に行って真剣に見ているけれど、この番組はお尻を向けて見ようともしなかった。

 

番組内でも、あるお寺のネコにその映像を見せたけれど、まったく反応なし。そりゃそうやろう。何も考えずに作っているのだから。

 

仮にもNHKが放送するものだから、ある程度動物学的な内容に沿ったものだと期待していた。そう思っているネコの飼い主さんも多かったはず。

 

ところがまるで三流のバラエティ番組以下でしかなく、20分録画した電気代と受信料を相殺して欲しい気分になった。

 

まぁ、よくこんなひどい番組を作ったものだ。ネコの飼い主さんやネコをバカにしているとしか思えない。

 

最初から『ネコがみないみないテレビ』というタイトルにするべきだったと思う。久しぶりにムカついたので、ついブログでディスってしまった〜!

 

decoration/dcr_emoji_238.gif『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/