高羽そらさんインタビュー

迷信だとバカにしてはいけない

今日は6月30日。2018年も半分が終わった。明日からは後半戦になるので、気合いを入れるために「茅の輪くぐり」をしてきた。

 

IMG_4746

 

 

参拝したのは、阪急神戸線六甲駅の南にある六甲八幡神社。去年は行けなかったけれど、ここ4年ほどは毎年参拝している。

 

今日は大祓の日で、1年のうち6月と12月の晦日に行われる神道の儀式。この6月の大祓は、「夏越の祓」と呼ばれている。

 

禊のような昨晩の大雨と雷も静まり、朝から気持ちのいい天気。神社の境内に満ちた雨上がりの清々しい土の香りを感じながら、妻と二人で茅の輪をくぐることができた。気持ちの問題だと思うけれど、今年の後半も頑張ろう、と決意を新たにすることができた。

 

こうした宗教儀式が、形骸化しているのは事実。だけど迷信だとバカにしてはいけない。ボクは心からそう思う。

 

『何か』があったから、この時期にこうした神事が行われるようになったんだと思う。それは仏教でもキリスト教でも同じ。もちろん他の宗教もそうだろう。当初の意味合いは失われているかもしれないが、何らかの「意味』ある行為だったのはまちがいない。

 

科学が進歩していない時代において、天災や疫病は神の意思であったり、怒りだった。だから家族が無事であることを願い、このような行為を行うことで、危険を避けようとした。

 

台風が迫っていても、気象衛星はない。だから風の音に耳を傾け、雲の動きを見つめ、そして長老たちの経験から学ぶ。もちろん動物たちも助けてくれる。

 

先日の大阪の地震の直前、たくさんのカラスが啼き叫んでいた。いつもとちがうなぁ、と思った直後に地面が大きく揺れた。

 

今日の午後4時ころにも面白いことがあった。青空が出ているのに、カラスが警告するように啼いている。あれ?と思った直後、スマートフォンの防災アプリから「神戸市灘区に猛烈な雨」という警告が届いた。そしてそのとおり、短時間だったけれどとんでもない大雨になった。

 

スマートフォンよりもカラスの警告のほうが早かったのに、めちゃウケてしまった。耳を傾けたら、このようなメッセージを聞くことができるんだと思う。ボクたちがこの種の感性を失っているだけなんだろうね。

 

さて明日から7月。最高の気分で茅の輪をくぐることができたので、きっといいことがあるだろう。参拝することの本当の効能は、こうして前向きな気分になれることだと思う。まずは新作のホラーを9月中に完成させるぞ!

 

decoration/dcr_emoji_238.gif『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2018年6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/