高羽そらさんインタビュー

もう、汗か涙かわからへん

今日で7月も終わり。暑さは絶好調で、京都では37度の予想最高気温。名古屋はさらに上手の38度とか。

 

神戸もかなりの暑さです。おそらく昨日よりはるかに気温が高いでしょう。ところが、幸いなことに風が吹いています。私と妻、そしてミューナもリビングから避難して、六甲山からの風が吹き込む西側の部屋で快適に過ごしています。私はJourneyという大好きなロックバンドのバラード曲特集を聴きながら、ブログを書いています。

 

IMG_2955

 

 

昨日の散歩中に撮影した写真です。夏らしい美しい花ですね。

 

今日はブルームーンです。少し薄い雲がかかっていますが、今のままなら満月に会えそうな気がします。今夜、京都の愛宕山では千日詣りですね。きっと大勢の方が、汗をかきながら山頂の愛宕神社を目指すのでしょう。8合目くらいで京都市内を一望できるので、ブルームーンが見れるといいですね。

 

さて、暑いリビングで汗をかきながら、午後に観た映画です。

 

41qG9rjNZaL

 

 

『マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと』(原題 Marley & Me)という2008年のアメリカ映画です。

 

ジョン・グローガンという人が2005年に出版したエッセイが200万部のベストセラーになります。そのエッセイを映画化した作品です。だから当然ながら、主人公はジョン・グローガンという役名で、オーウェン・ウィルソンが主役を演じています。原作は読んでいませんが、きっと本人そっくりでピッタリの配役なのだと思います。

 

そして奥さんのジェニーを、ジェニファー・アニストンが演じていました。比較的ワンパターの役が多いジェニファーですが、この映画はちょっと違う一面が見られて良かったと思います。

 

新婚のジョンとジェニーは、子育ての予行演習として子犬を飼います。それがマーリーでした。ところが超がつくほどのおバカ犬。しつけ教室を早々に退学になるという始末です。ところがおバカゆえに、可愛いのですよね。

 

その後3人の子供が生まれるわけですが、子犬から老犬になって亡くなるまでの物語です。動物と暮らしていると、必ず別れを経験します。それがわかっていながら、ついつい一緒に暮らしたくなるのですよね。

 

でも、それは決して無駄な時間ではありません。犬であれ猫であれ、いろいろなことを教えてくれます。3人の子供たちはマーリーを通じて多くのことを学んでいるはずです。そしてジョンも「世界一おバカだと言ったけれど、きみは最高の友人だった」と抱きしめます。

 

実話だと知っていましたし、別れのシーンがあることを知っていました。だから見るのを避けていました。

 

でも、観て良かったです。とても素晴らしい映画でした。いっぱい笑いました。ハチャメチャなマーリーの行動にお腹を抱えました。

 

そしていっぱい泣きました。映画を観て、これほど泣いたのは久しぶりです。汗を拭くはずのタオルが、涙でぐっしょりでした。そして、その涙で心が洗われたように思います。

 

どんな動物でも、抱き上げた瞬間から家族です。そしてその命を最後の最後まで預かる責任があります。この夫婦は、新聞記者という職業や育児に忙殺されます。そのうえマーリーが家中の家具を破壊して暴れまわるわけですから、平和な生活のために手放すことも考えてしまいそうです。

 

でもこの二人は、決してマーリーを手放すことはしません。それどころか、大切な家族として愛し続けました。これが当たり前です。でも、そんな当たり前のことができない人間が大勢います。命を預かるという責任に対して、もっと切実に真面目に向き合ってほしい。心からそう思います。

 

ラスト近くで、ジョンがマーリーを海で自由に泳がせるシーンがあります。それを観て他の飼い主たちもリードを外して、犬たちを泳がせます。その躍動感に溢れる映像が、今も心にくっきりと残っています。犬を飼いたいと思わせる、とても美しい映像でした。あぁ、思い出しているだけで、涙が出てきました。

 

続編の映画が製作されるそうですね。出演者が同じなら、観てみたいです。原作も読んでみようかな、と思っています。

 

『夢で会える 体外離脱入門』は在庫僅少ですので、お求めの方はハート出版さんや書店に問い合わせてください。Amazonでの注文はこちらです。

 

『ゼロの物語』3部作は電子書籍のみの販売となりますので、こちらのホームページから販売サイトに行ってくださいね。

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る

インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2015年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/