高羽そらさんインタビュー

SOLA TODAY Vol.710

核兵器の存在によって、世界規模の戦争が起きる可能性は減少している。一線を超えてしまうと、人類の存続に関わることになるから。皮肉なことだけれど、破壊的な兵器によって微妙な平和が維持されているのが世界の現状だろう。

 

それゆえに単発的なテロは後を絶たない。それは戦地の最前線のいる兵士ではなく、一般市民の命が狙われているということ。政治的介入によってテロを防ぐことも大切だけれど、未然にテロ行為を発見して自衛することも必要になる。

 

そんな流れを受けて、ロサンゼルスの地下鉄でこんなことが行われる。

 

ロサンゼルスの地下鉄にボディースキャナー導入が決定。遅延の心配は?

 

来月からロサンゼルスの地下鉄にボディースキャンーが導入されるらしい。テストはほぼ終了していて、実用化のめどが立っているとのこと。どんなものなのか、記事から抜粋してみる。

 

『使われるのは、テラヘルツ波を照射する「Thruvision TAC-TS4」というポータブル型のスキャナー。これは銃火器や爆発物を検知する装置で、キャスターで駅構内を自由に移動させることができます」

 

かなり本格的なもので、なんだか物々しい雰囲気。空港とちがって地下鉄はチェックが甘いから、爆発物を持ち込みやすいからだろう。こんな感じでチェックをするそう。

 

180817_bodyscan-w960

 

 

ただ問題なのは、ラッシュ時の対応だろう。1時間に600人をスキャンできるので、ラッシュ時の対応は可能だと当局は発表している。だけど実際に怪しい人物がいたり、それに関わる人的負担を考えたら、かなり混乱するように思う。

 

もし東京の地下鉄やJRで実施したら、通勤時間帯の列車移動は完全に麻痺してしまいそうな気がする。キャスターで移動できてコンパクトに使えるそうだけれど、日本の通勤ラッシュは半端ないからね。

 

だからといって、今のままでいいとは思えない。先日も新幹線で殺傷事件があった。組織的なテロ行為だけででなく、凶悪なサイコパスの犯罪に対しても警戒が必要になっている。日本もこうした設備の導入を検討する必要があるのかもしれない。

 

結局一般市民の安全を確保するためには、同じ一般市民が協力するしかないということだろう。そうでもしないと気軽に地下鉄に乗れないなんて、どうにもやりきれない気分になる。だけどこれが、世界の実情だということだろうね。

 

decoration/dcr_emoji_238.gif『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/