[gtranslate]
高羽そらさんインタビュー

映画とドラマのキャスト比べ

いやぁ、暑い。完全に梅雨明けの空気感。湿度はここ数日に比べて低めだけれど、神戸の最高気温は34.5度まで上昇した。この夏一番の暑さを更新。

 

京都は36度を超えているし、兵庫県の豊岡は37.9度という恐ろしい気温。関東も35度こえの猛暑日が続出しているらしい。関西は来週に梅雨前線が下がってくる見込みなので、梅雨明けはその雨以降になりそう。今日は我が家で蝉の初鳴きを耳にした。いよいよ本格的な夏だね。

 

さて、あるドラマを追いかけているけれど、そのきっかけとなった映画を久しぶりに観てみた。

 

o1500068913948980470

2024年 映画#115

『ハンナ』(原題: Hanna)という2011年のアメリカ映画。受精卵に遺伝子操作をすることで、最強の兵士を作るという陰謀がテーマになっている。その実験で生まれたのが主人公のハンナ。だからめちゃくちゃ強い。

 

久しぶりに映画を観たけれど、やはりドラマに比べて全体に雑な印象。面白い映画でストーリーの広がりを感じられる内容。でも2時間という尺では収まりきらない。それゆえドラマ化という方法が取られたのだろう。そこでストーリーは置いておいて、主要キャストを比べてみようと思う。

 

主要キャストは3人。ハンナ、ハンナを育てた父親代わりのエリック・ヘラー、ハンナの母親を殺したCIA工作員のマリッサ・ウィーグラー。

 

まずはハンナから。

 

1204340_1200

 

映画のハンナを演じるのはシアーシャ・ローナン。ボクの大好きな女優で、アカデミー賞に何度もノミネートされている期待の若手俳優。

 

8f73081680e7a2fac19e77e3466f50ce59cb9f1953c803ac5ba8c170efe645e6

 

ドラマ版のハンナは、エスメ・クリード=マイルズという無名の女優。ドラマ版のハンナは超能力を有している。キャラの魅力としてはドラマ版のハンナの方が優れていると思う。

 

続いて父親役のエリック・ヘラー

 

unnamed

 

映画版はエリック・バナという俳優。この役は2枚目という役どころなのでなかなかいい感じ。

 

7c5ef3e9f6bd0ba7b89b5aaba12242d1ec68d71dd498cc0cd7d4cee8d40d988b

 

ドラマ版はジョエル・キナマンという俳優。同じく2枚目だけれど、彼の方が元工作員の凄みと、ハンナに対する深い愛情を感じる。ということでこれまドラマ版の勝利かな。

 

最後はマリッサ・ウィーグラー

 

963472_photo_10

 

映画版はケイト・ブランシェット。映画版では徹底した悪役なので、彼女の存在感はこの映画の最大の魅力だと思う。映画のストーリー展開だと、ドラマ版のマリッサでは荷が重いだろう。

 

b224498dc3e4ddf5dff4470e2c5154f2f3cc87a25f0eb431e537b62fa94d2f35

 

ドラマ版はミレイユ・イーノスという女優。彼女が映画版のマリッサでは役不足だと思う。ところがドラマ版のマリッサは少しキャラが違う。ハンナの母親を殺した冷酷な面だけでなく、過去の実験の失敗で大勢の胎児を殺したという重荷を背負っている。

 

それゆえシーズン1の終わり近くでは、ハンナの味方をするという雰囲気に変わりつつある。そうなるとケイト・ブランシェットでは冷たい印象が強すぎる。だから物語全体として考えると、マリッサ役はドラマ版が適任だと感じる。

 

ということでボクの結論としてはドラマ版の圧勝。シーズン1は間もなく観終わるので、シーズン3までこのドラマを楽しもうと思う。

 

<お知らせ>

最新刊の『夢体脱』が全国の書店、並びみAmazon等のECサイトで販売中です。2012年に出版した『夢で会える 体外離脱入門』は、非物質世界の存在に『会う』ことがメインテーマでした。

 

でも『夢体脱』ではその出会いをどのようにして実生活に活かしていくかをテーマにしています。旧作を読んだ方にも新しい洞察が得られる内容になっています。是非ともよろしくお願いします。

 

Amazonでは単行本と同時に、Kindleの電子書籍でも購入していただけます。こちらからどうぞ。

 

ハート出版さんのサイトでも『夢体脱』の概要をご覧いただけます。こちらからどうぞ。

 

ブログの更新はFacebookページX、並びにThreadsで告知しています。フォローしていただけるとうれしいです。

 

『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2024年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/