高羽そらさんインタビュー

あなたの境界線はどこ?

梅雨らしく雲は多いのですが、雨の降らない神戸です。梅雨前線はしっかり存在していますので、そのうち神戸でも雨が続く日がくるのでしょうね。

今取りかかっている物語のゴール日を設定しましたので、それに向けて全力で毎日を過ごしたいと思っています。

IMG_1283

 

この写真は柊の「実」です。意識して歩くと、こうして普段見かけないものを発見できて楽しいですね。こうした植物や動物たちとの出会いがあるのは、自分という存在があるからですね。さて、その自分というのはどこまでが自分だと考えたことがありますか?

つまり自分と他との境界線がどこにあるかということですね。物理的な境界線というのは、比較的わかりやすくて、同意を得ることができます。自分の身体の皮膚という部分が、他の存在との境界線として考えやすいと思います。

その物理的境界線に集まる情報を、五感を通じて脳で知覚するのですね。でも人間は物理的な部分だけの存在ではありません。心理的な境界線について考えてみてください。それは肉体の皮膚と一致していますか?

例えば、比較的空いている電車に乗ったとします。そんなときわざわざ誰かのすぐ横に座る人はいないですよね。ある程度の距離を取って、自分の座席を決めると思います。ところがそんな状況で誰かが自分の近くに座ったとします。

そんなとき、どの程度相手が近づけば境界線を冒されていると感じるでしょうか? おそらくそれは人によって違うと思います。さらに近づく相手によっても違いますよね。つまり心理的な境界線というのは、相対的なもので常に変化しているということです。

だから他人と比べて、家族というのはその距離感が近くなります。妻やミューナがどれだけ近くにいても、そのことを意識することはありません。ミューナが私の膝にのっていて重いと感じることはあっても、境界線を侵入されているとは思いませんものね〜〜expression/eps_coldsweats01.gif

それでも私がミューナの爪を切ろうとして近づくと、彼は速攻で逃げます。そんな時は自分の境界線に侵入されることを猫も拒むのですよね。それは動物でも人間でも同じだと思います。ではその心理的境界線の正体とは……。

私は「信頼」だと思います。

他者を信頼できる度合いが強ければ強いほど、その境界線が近くなり、自分との区別さえなくなります。だから他人を信用できない人は、心理的境界線を狭めて自宅に引きこもることになります。

逆に自分以外の他者を全面的に、完璧に信頼することができたら……。私の心理的境界線は地球から飛び出して、宇宙全体に広がっていくはずです。それがワンネスという意識だと思います。そして私が始めた新しい瞑想は、その心理的境界線の壁を取り払う練習です。またいつか紹介しますね。

『夢で会える 体外離脱入門』は在庫僅少ですので、お求めの方はハート出版さんや書店に問い合わせてください。Amazonでの注文はこちらです。

『ゼロの物語』3部作は電子書籍のみの販売となりますので、こちらのホームページから販売サイトに行ってくださいね。

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る

インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2014年6月
« 5月   7月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/