高羽そらさんインタビュー

中高年よ、今からでも遅くない!

ふ〜、やっと新作小説を書き終えた。推敲したらキリがないので、今日で打ち切り。

 

朝の掃除を終えてからずっと集中していて、ランチをはさんで無事に終了。冤罪と罪悪感を取り上げたミステリーで、もちろん明晰夢もからんでくる。書き初めは男性の主人公だったけれど、しっくりこないので途中で女性に性転換。結果として正解だったと思う。

 

ということで、さっそく明日から次の作品に取りかかる。次はホラーを考えていて、できる限りエグい内容で、かつ不快極まりない物語にしたいと思っている。自分が書いていて落ち着かなくなるような作品にしたい。ボクは根が小心者なので、そのくらい突っ走っていい加減だと思っている。

 

さすがに疲れたけれど、休んでいる余裕なんてないからね。とにかくひとつでも多くの作品を書くこと。それしかないと思っている。打席に立ってバットを振らないと、ヒットもホームランも出ない。今のボクに大切なのは、打率よりも打数だからねw

 

ただでさえ若い人に比べたら、年齢的なハンデを抱えている。だから同じことをしていては勝負にならない。ゆえにモチベーションをどれだけ高めていけるかが重要になってくる。よしやるぞ、と奮起させてもられる本を読んだ。

 

IMG_4743

 

 

『ミライの授業』瀧本哲史 著という本。

 

この本は2年前に出版されている。対象となっているのは当時の14歳。要するに21世紀生まれの人たちに向けて書かれた本。

 

だけど中高年のあなた、是非この本を読むべきだと思う。いい試金石になるから。

 

この本を読んで、「ふん、何言ってんの」と思うようなら、あなたは『老害』と呼ばれている人たちに属するかも。

 

少年少女のために書かれたものなので、これからの時代に対する指針が的確に記されている。目次だけを抜き出してみよう。それは未来を作る5つの法則として紹介されている。

 

1;世界を変える旅は「違和感」から始まる

 

2:冒険には「地図」が必要だ

 

3:一行の「ルール」が世界を変える

 

4:すべての冒険には「影の主役」がいる

 

5:ミライは「逆風」の向こうにある

 

これらについて、実在の著名人の実例をあげて解説されている。もし中学生の子供さんがいるのなら、是非読ませてあげて欲しい。そして大人も目を通すべきだと思う。あぁ、なるほど、という気づきがあるはず。

 

この本は14歳の人たちに向けて書かれているけれど、ボクはそんなこと気にしない。内容にうなずくことばかりだったし、書かれていることを実行するなら、今からでも遅くないと思っている。

 

これからは高齢化社会だからね。まだまだ人生は長い。だからこそ、14歳のような気持ちを持つことは大切だと思う。シンプルだけれど、とても素晴らしい本だった。

 

decoration/dcr_emoji_238.gif『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2018年6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/