ダイヤモンドブログへようこそ!!ダイヤモンドブログではスポーツ選手や芸能人のブログを掲載しております。

お得情報随時掲載中♪

芸能人ブログ、エンタメ情報ならダイヤモンドブログ



ニュースカテゴリ

ダイヤモンドブログから旬な芸能ニュースをお届け!
エンタメの最新動向をチェック♪


【ライブレポート】SKE48 末永桜花、満開の桜が咲いた感動のソロコンサート開催!「私をアイドルにしてくれてありがとう」<末永桜花ソロコンサート>画像あり

1月26日

このエントリーをはてなブックマークに追加

AKB48グループが1月18日(土)から1月26日(日)の9日間、TOKYO DOME CITY HALL(以下、TDCホール)にて「AKB48グループ TDCホールライブ祭り」を計16公演開催する。8日目を迎えた25日(土)にはSKE48の末永桜花が単独コンサート「SKE48末永桜花ソロコンサート ~あなたが見ていてくれたから…~ 」を開催した。




「奇跡の桜 朝に咲く」の横断幕が掲げられたTDCホールに末永の開演前のアナウンスが流れる。「みなさん盛り上がる準備できてますか!どこにいても見つけてくれますよね?今日は絶対に浮気はできないので、しっかり見ていてくださいね!」と少し噛みながら挨拶し会場の空気を温める。TDCホールに『overture』が鳴り響くと桜色のサイリウムが一斉に点灯した。その光に導かれるようにステージに登場した末永は『恋よりもDream』からコンサートをスタート。メインステージの上段からアイドル全開のパフォーマンスに満場の”おーちゃん”コールが轟く。「みなさんの大好きな私をしっかり味わってくださいね!」の煽りと共に、セットリストは『桜、みんなで食べた』『オレトク』へと続いた。アッパーチューン『賛成カワイイ!』のコール&レスポンスでは、「おーちゃん」「大好き」「最高」「ずっと」「推しメン」「浮気」「しません」のコールでファンを釘付けにした。


最初のMCでは「ピンクいっぱいのサイリウムで、こんなに人がいてくれてよかったて思いました!」と会場の光景に感動。まだ午前中のステージ、会場のファンに向かってコールで煽りを入れながら、「来月18歳になるんですよ。その前にまだ17歳のフレッシュな私を見せていきたいので、この歌を歌いたいと思います」の曲フリと共に『Seventeen』を披露。『私はブルーベリーパイ』ではトロッコに乗車しアリーナのファンと視線を交わす。『軟体恋愛クラゲっ娘』『なめくじハート』などのアイドルソングメドレーを締めくくるのは、AKB48の「U-16選抜2018」に選ばれた際の楽曲『最強ツインテール』。大熱狂の中、腰まで届く長いツインテールを振りながらキュートに歌う姿は、まさに歌詞の通り「今日の君は最強ツインテール」だ。そして、次に披露した『微笑みのポジティブシンキング』では、末永と同期の片岡成美がサプライズゲストで登場し、ホールから大歓声が上がった。

今年4月に卒業を発表している片岡は末永とのデュエットに「グループで活動してるとなかなかないからずっと緊張してます」とMCでコメント。ユニット披露の感想を「大切な同期でいつも助けてもらってるので、一緒に曲を披露したいと思いました」と末永。また、楽曲を選んだ理由も「『2人で前向きにこれからも頑張って行こうね』という思いを込めて選びました」と理由を明かした。


セットリストは中盤戦へ。ここで末永が初のセンターに抜擢された『触らぬロマンス』を歌唱。ラグビー選手の姿に扮したダンサーを従えたパフォーマンスはまさに「ONE TEAM」。また、サインが書かれたラグビーボールをキックでホールのファンへと届けた。また、『いきなりパンチライン』ではゲストに谷真理佳を呼び込み情熱的なパフォーマンスを魅せつける。




ここで会場に末永出演のVTRが上映された。制服姿で雨の中誰かを待つ光景は恋愛映画の一場面のようだ。ホームに滑り込む気動車。開いたドアの先に見つめる人影・・・。と、思いきや突然鳴り響くシャッター音。カメラを小湊鉄道の気動車に向けて構えた末永は満悦の表情。末永の“鉄子”の一面が詰まった映像に客席はほっこりとした空気に包まれた。ここからは、末永の趣味である鉄道を題材にした“おーちゃんトレイン”のコーナーへ。末永のSHOWROOMではお馴染みのこのコーナー。『鉄道唱歌』のメロディーに合わせて末永は鉄道員の制服姿で登場。そのまま『ホームタウン急行』を旅情とノスタルジック感たっぷりに届ける。間奏では好きな鉄道車両についてJR西日本の500系新幹線電車や、京阪電気鉄道の8000系電車を挙げ、特に下枠交差型パンタグラフについてトークに熱がこもる!「みなさんは下枠交差型推しですよね?」の問いかけに、客席からどよめき混じりの歓声が上がった。


続いて鉄道つながりで『センチメンタルトレイン』を2人目のゲスト惣田紗莉渚を迎えて披露。『初恋の踏切』を惣田、そして谷の3人で歌唱したところでMCヘ。谷は「なかなかいないよね、こんなレアな後輩」と会場のファン同様驚きを隠せない様子。惣田も「この2人を呼ぼうとするのは強者ですよ」と続ける。これに対して末永は2人を呼んだ理由について「SKE48の活動で落ち込んでいたり、悲しんでいたりすると一番に声をかけてくださるんです。連絡しても返してくれる本当に素晴らしい、人としても素晴らしい方なんです」と大絶賛。これを聞いた谷は「優しくしといてよかったね」と胸を撫で下ろした。


セットリストは後半戦へ。ここで末永はステージを飛び出しホールの客席へ。『バンジー宣言』を歌いながら「私の事を推し変しないって宣言してくれますか!?宣言してくれるよね!」と視線の合ったファンへ次々と聞いて回る。まさに推し変禁止条例発令。会場全体が推し変しない事を宣言すると、末永も「私もみんなの事が大好きと宣言します!」とお返し。ステージに戻った末永は、コンサートを盛り上げてくれたゲスト3人を呼び込み『Stand by you』を熱唱。会場のボルテージも最高潮に達し盛大なコールが4人に向けられた。


『愛の意味を考えてみた』で本編は終了し、ここからはアンコールへ。桜色のドレス風のステージ衣装に着替えた末永はホール内を駆け巡りボールを配って回った。続く『47の素敵な街へ』では間奏中にJR山手線全29駅(2020年1月25日現在)を大崎駅から順番に暗唱。今日のステージで一番緊張したというチャレンジを無事に成功させ、改めて鉄道への愛を感じる一場面に出会えた。MCでは「これから特技になりそうです。愛知県民なんですけど山手線はよく乗るし、大好きだし、チームEのカラーでもあるんですよね。これからは握手会でも披露していこうかなと思います」と自慢げに語る。次は名古屋の名城線全駅暗唱にもチャレンジしてもらいたい。



「ソロコンサートをできる機会は48グループにいてなかなか頂けない事なので、すごく素敵なチャンスを頂けたてすごく嬉しく思います。コンサートのタイトルにある『あなたが見ていてくれたから』には、ファンの方が応援して下さったからこそで、研究生の頃からは考えられない素敵な景色を見せて頂けて、ファンのみなさんがいなかったらコンサートもできていないですし、一面のピンクのサイリウムの光景も見る事もできなくて。これから2020年は絶対にいい年になるなと確信しました!本当にいつもありがとうございます」と感謝のメッセージを贈った。

末永のソロコンサートを締めくくったのは『桜の花びらたち』。末永ら7期生が研究生時代に劇場で披露していた公演曲の1曲だ。

「みなさんが応援してくださるからこうして活動できています。私をアイドルにして下さったみなさん本当にありがとうございます。まだまだSKE48のメンバーとして全力でみなさんに恩を返していけるように頑張りたいと思います!応援よろしくお願いします」


末永の感謝の想いが歌声に乗せて届けられる。TDCホールに咲いた満開の桜の花はファンから末永への愛の証だ。TDCホールには鳴り止まぬ“おーちゃん”コールがいつまでも響いていた。


情報提供元:WWSチャンネル
記事名:「【ライブレポート】SKE48 末永桜花、満開の桜が咲いた感動のソロコンサート開催!「私をアイドルにしてくれてありがとう」<末永桜花ソロコンサート>」




見逃すな!注目ニュース!!

もっと見る

★注目ダイヤモンドブロガー★

  • 梅本まどか
  • 出川哲郎
  • みひろ
  • SHOW-YA(ショーヤ)寺田恵子
  • CHERRSEE
  • 諸星和己
  • 範田紗々
  • 大島薫
  • 上本達之
  • 越川優
  • 奥田健次
2020 THE FACT MUSIC AWARDS
MONSTA X Official Mobile Site
EXID公式モバイルサイト
MOMOLAND公式モバイルサイト