ダイヤモンドブログへようこそ!!ダイヤモンドブログではスポーツ選手や芸能人のブログを掲載しております。

お得情報随時掲載中♪

芸能人ブログ、エンタメ情報ならダイヤモンドブログ



ニュースカテゴリ

ダイヤモンドブログから旬な芸能ニュースをお届け!
エンタメの最新動向をチェック♪


【ライブレポート】HKT48、村重ワールド全開で起こった2時間のセンター交代劇「切り替え速いな!」<AKB48グループ TDCホールライブ祭り>画像あり

1月18日

このエントリーをはてなブックマークに追加

AKB48グループが1月18日(土)から1月26日(日)の9日間、TOKYO DOME CITY HALLにて「AKB48グループ TDCホールライブ祭り」を計16公演を開催する。毎年恒例となった新春のライブイベントであるが、今年はAKB48、および国内姉妹グループの単独コンサートに加え、昨年よりもスケールアップしたソロコンサート。そして、メインイベントである「AKB48グループリクエストアワーセットリストベスト50 2020」も中盤に開催される。
 
初日の18日(土)には、STU48、NGT48に続きHKT48が「選抜メンバーコンサート 〜NEWYEAR も、“しょうもないこと”本気でやろうぜ!ヨロシクどうぞ!〜」を行った。2100人が詰めかけた会場では、約2時間半で27曲を熱唱した。
 

スクリーンに掲げられた〈第2章開幕宣言〉の文字に、会場が一斉に沸く。松本日向を筆頭に、次々に選抜入りしたメンバーが発表され、舞台に姿を現していく。残り3名になった段階でざわつく観客たち。「センター、村重杏奈」と紹介されると、会場がどよめいた。「新センターの村重です。それでは1曲目聴いてください。『シゲらしか!』」と、『しぇからしか!』をもじった曲でスタート。並んだ3本のスタンドマイク中央で「ロマンス上等!!」と声をあげる村重に、大きな拍手が送られていた。
 

「あなたにあげたい!」と呼びかけた村重に「メロンジュース!」と応えて始まった『メロンジュース』では、客席が緑色のサイリウムで照らされた。『キスは待つしかないのでしょうか?』では村重のみが、フロアをめぐるトロッコに乗り込み新センターである自身をお披露目。両手でハートマークを作るなどして、ファンの声を喜んでいた。下手から会場の後方、上手へと戻った村重は、「キスしませんか」という決め台詞をメンバーから横取りして熱唱。いつにも増した存在感を示していた。
 

「センターはどう?」と水を向けられた村重は「2位ぐらいからざわついていたよね」と冒頭の発表時を振り返り、「みんなブチ切れたらどうしようと思った」とコメント。弱気な表情に、会場に笑いが起こっていた。
 
今年、神田明神で成人式を迎えた松岡はなは、1月19日が20歳の誕生日。「今日で10代最後なんです。もう10代なんて一生来ないんですから。今日は他にも10代がいる(豊永阿紀と田島芽瑠)んですけど、負けないように頑張りたい」と意気込むと、村重が「じゃ、ババアも頑張ります」と突っ込み。「今まで後ろにいたから、騒ぎ散らせたけど、今、センターだから、緊張してストレスが溜まっている」と肩を落としていた。
 

昼間はみぞれが降るなど悪天候だった東京。松岡菜摘が「外は寒いんですけど、みなさん汗かく準備できていますか!」とあおると、ユニットパートが幕を開けた。冒頭は田島、田中美久、松本ら若手が歌う『口移しのチョコレート』。真っ赤に染まったステージで、流し目を見せるなどセクシーなしぐさで観客を釘付けにすると、ラストはセンターの田中がウインクでとどめをさしていた。
 

新センターの村重は板野友美のソロ曲『Dear J』を『Dear シゲ』と変えて、大きなステージを独り占め。黒い羽根がついたミニドレスでクールに決めたが、合間に「Dearシゲ」と歌い、笑いを取ることも忘れていなかった。
 

中盤には「博多星」で繰り広げられるおなじみの寸劇も披露。巨大化した松岡はなを救うため、観客と一緒に「HKT48コール」で力を合わせるなど、会場と一つになっていた。
 

約20分の寸劇を終えると、村重が大奮闘する企画がスタート。『天国野郎』では、桜ジャージーに身を包み再登場。日本代表のリーチマイケルに扮(ふん)した村重は、ラグビーボールを手にショートランを見せるなどして、笑わせていた。
『君と僕との関係』ではDJ KOOになりきり、「超かわいいーーー!!!」と小田彩加らにからんでいく。ピンクのビスチェにガーターベルトとセクシーな衣装で『おねだりシャンパン』を歌う田中らの横では、カリスマホストのローランドになりきり、シャンパングラスで作ったタワーに豪快に「麦茶」を流し込んでいく。「世界には2種類しかいない。村重か、村重以外か」とローランドの名言を引用した“迷言”で胸を張っていた。『ロマンティック病』では1980年代に活躍したC-C-Bの大ヒット曲『Romanticが止まらない』から発想を得て、同ドラマーの、笠浩二になりきり熱唱。田中に「じゃない方です」と鋭い突っ込みを入れられていた。5変化の最後は、『シャワーの後だから』に登場した謎の紳士・金丸。ランジェリー風の衣装で、甘えた表情で歌う松岡菜摘に「なっちゃん、お尻見せてよーーー」と懇願していた。
 

工夫を凝らして楽しませたステージが一段落すると、成人式トリオがMCを担当。「おめでとうーー!!」と声をかけられると、うれしそうな笑顔を見せていた。MCでは幼児期から迎えたばかりの成人式でのスナップを、次々にステージのスクリーンで公開。豊永が「これからも大人になっていく3人をよろしくお願いします」とあいさつすると、「頑張れーー」という声援が3人を包んだ。
新成人のMCが一段落すると16人が再びステージに集結。村重は「最初にセンターと聞いたときは、スタッフさんの頭がおかしくなったのかなと思った。今日お客さんが怒って帰っちゃったらと思うとめちゃくちゃ怖かった。村重を好きな人はうれしいかもしれないけど、嫌いな人には地獄のセットリストでしたよね。私の心が折れないように、みんなが励ましてくれて、無事に終えることができました」と話すと1人だけ拍手をする人が。「村重のファン一人だけ・・・」とつぶやくと、感動的な場面でまた笑いが起きていた。
 
気を取り直した村重は「今日、さしさん(指原)観に来てくれているんです。さしさんに一番観てほしかったからうれしい。さしさんがいなかったら、今の村重はなかった。見捨てないで叱って、面倒を見てくれた」と客席で見つめる指原に感謝していた。
 
「今日ここにいるメンバーだけがHKT48じゃない。ここにいないメンバーもHKT48なので、仲良しで頭がおかしいHKT48でいられたら」と始まった『HTK48ファミリー』では歌唱中に、涙を浮かべる場面も。田中らに背中をさすられられた村重は、うんうんと何度もうなずいていた。
 

新選抜16人で駆け抜けたステージ。「HKT48」で良かったという村重を囲むと、スクリーンに村重が奮闘してきたこの日の様子が映し出され「第2章は幕を閉じました」と案内が。「えぇ」と驚く村重をよそに、「第3章新選抜を発表します」と続く。「ナンバー16」と最初に呼ばれたのは、村重。「第3章新センターは、田中美久です!」と公表されると、田中の横にいた村重は、床に崩れ落ちていた。客席から「お疲れ様」と声をかけられた村重は「お疲れ様じゃないんだよ。切り替え速いな」と激怒。田中が「HKT48第3章もよろしくお願いします」と仕切り直すと、冒頭に歌った『しぇからしか!』を熱唱。会場には赤いサイリウムが輝き、田中のセンターを歓迎していた。
 
指原と最後に声を合わせた「意思」を披露する場面で田中は「今回こうしたコンサートの機会をいただき、ありがとうございます。私たちにとってHTK48は家族のような存在です。2020年、今こそ信念を持って私たちでHKT48の新時代を築いていきます。みなさん応援よろしくお願いします」と力強く決意表明した。
 


スピードにのり、次々に展開していくダンスに、客席はノリノリに。真剣な表情で息を合わせるメンバーの額には汗がにじんでいた。田中が「みなさん今日は本当にありがとうございました」と一礼すると、メンバーから肩をたたかれるなどしてねぎらわれていた。白いTシャツと、デニムのホットパンツ姿になったアンコールでは、『桜、みんなで食べた』や、デビュー曲の『スキ!スキ!スキップ!』で会場をさらに盛り上げていく。『12秒』ではフロアに飛び出し、スマートフォンでの撮影OKの場面もあり、ファンが向けたスマホに両手でハートマークを作りポーズをするなどして、交流していた。
 
松岡菜摘が「みなさん、かわいく撮れましたか?」と聞くと、前方の客の一部がステージにスマホの画面を向ける一面も。松岡はなは「前にここに来たときは、さっしーさんの卒業を発表したときで、そのときは涙、涙でした。でも今日、こうやって笑顔で会えて良かった」と感慨深げに話していた。
 
「今日、一番の声を出せますか!」と田中が声をかけると、「おーーーー!!!」とフロアがこん身の声をあげる。「HKT48って最高かよ」という声でスタートした『最高かよ』では「最高!最高!」とメンバーも、会場も一緒になって声を響かせ、共に過ごす空間を楽しんでいた。
 
 


情報提供元:WWSチャンネル
記事名:「【ライブレポート】HKT48、村重ワールド全開で起こった2時間のセンター交代劇「切り替え速いな!」<AKB48グループ TDCホールライブ祭り>」




見逃すな!注目ニュース!!

もっと見る

★注目ダイヤモンドブロガー★

  • 梅本まどか
  • 出川哲郎
  • みひろ
  • SHOW-YA(ショーヤ)寺田恵子
  • CHERRSEE
  • 諸星和己
  • 範田紗々
  • 大島薫
  • 上本達之
  • 越川優
  • 奥田健次
2020 THE FACT MUSIC AWARDS
MONSTA X Official Mobile Site
EXID公式モバイルサイト
MOMOLAND公式モバイルサイト