心霊写真

f11

 

お仕事柄心霊写真の相談は常にありますが
霊が写っていたとして、気になるのは
自分への影響はもちろんですが
「持っていて良いかどうか」


それらしい写真が撮れてしまったとして
そう思い始めると、人の脳は思う通りの輪郭を見つけるようになります
人の顔や姿ではないものでも
「そう見えてくる」ようになる事は先に述べておきます^^)


魂や思念がそのまま姿や顔として映り込む場合
その思いを伝えようとしているのか
怒りで追い返す形相を表しているのか
守ろうとしてその姿が写る事もあります。

霊障があるケースとしては写るつもりで姿を見せている写真
その中でも怖いのは明確な意思持ったカメラ目線のお写真

明確な意思で姿をみせるという事は、それだけはどうも強く
つまり影響を出せる存在であるということです。

例えば被写体に重りくっついた状態で睨むようにカメラ目線で写る場合は
許さない意思表示や、離れない決意、また憎しいや恨み等をその表情で
見せている事もあり、その波動は誰が見ても嫌な気配を一瞬で感じるものです。


その波動を写しているものですので当然持っていないほうが良いという事になりますが
そのまま消した場合、良くない事が起こるのではないか・・・と
心配になると思います。

まずその写真の真意を見極め、本人の浄化や浄霊をした後に消せば問題はないと思います。
見せびらかしたりなどは、呼び出す(浄霊後なら呼び戻)と同じですので気を付けてください。


物にも人にも波動が宿り、その波動はいつまでも残ります
懐かしいものを出して見たり手に触れたりすると
その物に宿っていた波動 に触れることになります。
するとその時の縁を今呼ぶことになりますので
その頃仲の良かった人や仲間から連絡が来たりするものです。
宿る波動がその頃の記憶を呼び戻し、その頃の縁を思い出す瞬間
思い出した人や場所に一瞬で念が結ばれます。


ここから先は何度も書いてきましたので端折りますが
念は魂同士の会話とおなじですので
人であれ霊であれ縁は引き合います。


つまり意識することになるお写真であるなら持っていないほうが良いでしょう。

逆に言うならば、意識させることで常に心に恐怖を持たせたいなら
その姿を思い出させればよいわけで・・・
つまり強烈なイメージを刻めるように写り込めれば自身の存在を心に刻めます

 

浄霊師として一つ感じるのは
過去何度もお写真から流れる色のついた水や
その瞬間に変化する被写体を視てきました。
物理的現象として起こるものですので、一緒にいたご家族様や
立ち合いの方々はそれらの現象を経験します
もちろん驚き恐怖を感じる方もいます。
波動を辿り出てきた写真や死を暗示するお写真もありますが
いずれにしても、すべてに意味があり、対処することで
逆に転じる事ができるということ。


その経験が後の自分の変化への始まりとなるきっかけとなるなら
人生はとても大きな意味を持つようになると思います。

 

 


合掌  浄霊師 神島千尋

 

 

 

護身開運の千火堂

御守り

 

 

 

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

神島千尋|かみしまちひろ(浄霊師)プロフィール

プロフィール画像

神島千尋(かみしまちひろ)
所属事務所:千火堂
出身地:長野県佐久市

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

ブログモバイル版

携帯ではこちらのQRコードより ご確認ください

http://www.diamondblog.jp
/official/kamishimachihiro/

神島千尋|かみしまちひろ(浄霊師)アーカイブス

神島千尋|かみしまちひろ(浄霊師)カテゴリー

神島千尋|かみしまちひろ(浄霊師)カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930