霊障

こう言う言い方が正しいか分かりませんが、シーズンで全国各地飛んでおります。
お盆を境に前後一ヶ月は特に視えない世界も騒がしなりますので、
普段気にしない方や負の影響を受けることのない方でも不運を感じる出来事がこれでもかと続いたり、もともと受けやすい人は日常生活がままならない状態に陥ってしまうケースが一気に増える時期です。
この時期頂くお問い合わせの中で良く質問されることがありますので簡単にかいてみます。
 
[お墓にいくと不調になる]
いくつか原因は考えられますが、まず必要のない暗示を自分にかけている可能性が一つ。
テレビの影響で霊=恐怖となり、連想からお墓=怖いの構図。
 
次に墓地放置から転じた負の流れになってしまってているケース。
お仏壇もお墓もそうですが、僧侶さまに繋げて頂いてます。
その場は基本的に綺麗にさせていただかなければいけません。
理由はいくらでもつけられますが、行ってないな、、、と思い出す瞬間はそちらが教えてくれている時と知り、行動できるか問われている瞬間です。
 
[お位牌が二つあってもいい?]
位牌分けで二つある事は珍しくありません。
事情で本家や実家に預けたり戻すことでお仏壇に二つある事もあります。
一つになさるなら菩提寺さまなどにご供養(お焚き上げ供養など)ご依頼されると良いと思います。
 
[盛り塩やお札を四方にはってますが防げますか?]
何を対象にしているかによりますが、まず一つ言えるのは盛り塩で霊の出入りを防ごうとしているなら「効果はありません」。
それで防げるなら日本中の心霊現象のほとんどが解決できているはずです。
だって霊がはいれないのですから問題はなくなりますよね^ ^!
盛り塩には盛り塩の意味がありますし、あら塩ねらなんでも良い分ではありませんし、置き方、配置する方の向きや結んでいる縁も関係してきます。
もし結界の意味合いがあるなら尚更です。
人の作りし物は綻びます。
つまり始まりを[結ぶ]なら継続が必須であり、そこには義務が生じることを知り、それを理解してから行うことが大切。
結界を放置されたままの相談先が多すぎる現在の日本。
下手に手元の塩を四方に配置すれば、時に怒りの元になる事すらあるのです。
 
[怪談話をしてから皆不調]
話の言霊に惹寄せたか、そもそもそこの誰かが元々霊障を受けていて、話をしている事で、例えば自分の存在を分かってもらえると思い影響を受けた可能性が大きい。
皆が不調という事は同じ波長の影響を受けているはずですので、浄化が必要なケースが多い。
 
[心霊スポットに行ってから不運]
説明の必要もないですね、
迷わず来てください^ ^!
 
[子供が視えるらしく家の中で怖がる]
子供は幼いほど霊感がありますので、とても慎重に見なければなりません。
言葉一つで、その心に大きな影響を与えてしまうからです。
子供を連れて霊能者さま巡りされている方もいらっしゃいますが、それが霊障の原因である事も少なくないのです。
まず、身を置く場にお迎えしている流れに対して目を向けることが解決の始まりとなりことを知ってください。
そこを無視して他に心を向けることの叱りが「今の状態」である事が多いものです。
 
 
 
新幹線の中で書いてますので誤字などお許しを。
なかなか更新できずすみません。
今回はここまで^ ^
 
 
合掌  浄霊師     神島千尋
 
 
 
 
 
 

 

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

神島千尋|かみしまちひろ(浄霊師)プロフィール

プロフィール画像

神島千尋(かみしまちひろ)
所属事務所:千火堂
出身地:長野県佐久市

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

ブログモバイル版

携帯ではこちらのQRコードより ご確認ください

http://www.diamondblog.jp
/official/kamishimachihiro/

神島千尋|かみしまちひろ(浄霊師)アーカイブス

神島千尋|かみしまちひろ(浄霊師)カテゴリー

神島千尋|かみしまちひろ(浄霊師)カレンダー

2017年8月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031