焼肉「うし松」西麻布にオープン、佐々木譲さんの水沢牛など雌牛専門

いまや肉レストランの激戦区と言われて久しい東京・西麻布。

 

カルネヤサノマンズ、焼肉けんしろう、The INNOCENT CARVERY、うしごろ・・・などなど、枚挙にいとまがありません。

 

そんな西麻布に1月10日、新たにオープンした焼肉店が「うし松」です。



20200122-094835.jpg

 



20200122-094916.jpg

 

 

 

 

 

 

うし松では良質な黒毛和牛、それも雌牛にこだわり、岩手県の佐々木譲さんの水沢牛をはじめ、茨城の飯村牛、神戸ビーフや松阪牛などを品揃え。

 

いわゆる1頭買いで仕入れされていて、おまかせコースを柱に、アラカルトを差し込みながら、黒毛和牛の魅力を存分に楽しむことができるお店です。

 



20200122-103627.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

素材へのこだわりはもちろんですが、お肉の醍醐味を知り尽くしたカット、肉の厚み、たれ、提供方法などなど、一皿、一皿に工夫があり、細部にまでこだわりが感じられるものばかり。



20200122-103756.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

このようなお店で提供していただけるお肉の生産者は本当に幸せだろうな〜と。感じました。

 

 

 

席に着くなり、その日オススメのお肉が登場します!

 

 

この美しさ。

  



20200122-104008.jpg

 

 

 

瞬く間に表面に汗をかくように、溶け出していく良いお肉。

佐々木譲さんの水沢牛です。

 

 

 佐々木譲さん

 名匠・佐々木譲さん

 

 

佐々木譲さんの水沢牛といえば私の推し牛メンの1人。

 

  

 

 

牛の餌では一般的なトウモロコシをほとんど使わずに、

雌牛をほぼ麦で育てているという、稀有な牛飼いさん。

IMG_0795

 

 

 

 

 

但馬系の雌牛を出荷月齢32〜36カ月まで長期肥育しています。

 

長く飼い込んだ牛は脂質が良くなるのはもちろん、赤身にも味わいが出るのです。

 

 

 

譲さんのお肉は、麦らしいぽってりとした肉質で、麦の香り、繊細な脂質が感じられるところが好きです。

 

 

 

 

久々にお会いしたら髪がロングになっていました(笑)左奥



20200123-210135.jpg

 


 

 

 

 

うし松の総料理長を務められるのは平久保辰郎さん。

焼肉しみずで修行されたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

予約必至のメニューがこの「縛りタン」。



20200123-210729.jpg

 


 

 

味ネギを包み込んだ俵型のタン。



20200123-201526.jpg

 

 

 

 俵型にネギを包み込んだまま焼くことで滴る旨みを蓄えた状態で口の中へ

 

うまーい。

 

 

 



20200123-201755.jpg

 

 

 

 

厚切りタンは得意な方ではないのですが、全くにおい気にならず、とっても美味しくいただくことができました。

 

 

 

 

艶艶したお肉…

 

これすべて譲さんのお肉

 

なんと贅沢なことか

20200123-201848.jpg

 

 

 

 



20200123-201949.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この焼き色。

色香がスゴイです。

 

20200123-202801.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここでビーフサンドが登場



20200123-202722.jpg

 

 

 

 

 

前半のお肉もすごい力の入れようなのに、うし松は〆に向けてさらにギアを上げていきます・・・

 

 

 

最後の最後の〆に、佐々木譲さんのサーロインの牛丼

しかも、この牛丼、テーブルの網の上で、目の前ですき焼きしてもらえるのです。

 



20200123-203206.jpg

 

  

網の上には本格的なすき焼き鍋

20200123-210629.jpg

 


 

アリエナイ。

このサーロイン・・・・カットが贅沢すぎやしませんかexpression/eps_face_020.gif



20200123-203337.jpg

 

 

 

 

 

 

「1枚にします?2枚にします?」

 

私にしては珍しく強気の2枚と即答。



20200123-203513.jpg

 

 



20200123-203532.jpg

 

 

 

 

 

あまりの美味しさに・・・

小池さんのお肉を分けていただき、計3枚もいただいてしまいました

 

 

 

 

〆は冷麺、牛丼、カレー、ガーリック炒飯から選ぶことができるのですが、

直樹社長がわがまま?!expression/eps_icon_653.gifなおかげで、特別に色々いただくことができました。

 

 

冷麺

20200123-203728.jpg

 

 

 

 

ガーリック炒飯は梅肉を添えていただきます。

  



20200123-203916.jpg

 



20200123-203845.jpg

 

 

 

 

デザートもプリン、シャーベットから選ぶことができます。

 

 

 

 

自家製プリンにしました!

 

 

20200123-203959.jpg

 

 

 

 

 

 

 

いずれのメニューも完成度がとても高かったです。

 

 

 

この日にいただいたような脂質が抜群に良く、引っかかるところのないお肉というのはとても希少です。

 

但馬系でも脂が強めのものはありますし、牛は生き物ですから、個体によりスッキリとは食べにくいものも当然出てきます。

 

それもまた個性。

 

 

雌牛や但馬系に仕入れを絞ることで、そのばらつきは狭められますし、

タレやカットなどの工夫で、美味しくいただけるのも良い焼肉店の証であると私は思います。

 

その点、他のタイプのお肉だったとしても、始まりから最後まで美味しくいただけるイメージがはっきりと浮かぶ完成度の高い内容でした。

 

 

 

お店は落ち着いてゆったりとお食事することができる空間が確保されています。



20200123-204144.jpg

 

 

 

 

 

個室も完備されています。

 

20200123-204210.jpg

 

 

 

アパレル業界から焼肉へと転身されての開業としても注目を集めている うし松

 

 

 

オーナーの栗田さんにその理由をお尋ねしたところ、

栗田ご兄弟の御祖父母が但馬で牛飼いをされていたそうです。

うし松の原点は但馬牛なのですね。

 

 

牛飼いや但馬牛への敬意が感じられるとても良い貴重な時間を過ごさせていただきました。

 


ご一緒させていただいた皆さま、ありがとうございます。

 

 

 

〜人とお肉をつなげるサイト〜Meat UP!

 

主宰:片平梨絵

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る

インタビュー特集もっと見る

 

片平梨絵|かたひらりえ(お肉のプロフェッショナル)プロフィール

プロフィール画像

片平梨絵(かたひらりえ)
身長:161cm
血液型:A型
出身地:東京都

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

ブログモバイル版

携帯ではこちらのQRコードより ご確認ください

http://www.diamondblog.jp
/official/nikumi/

片平梨絵|かたひらりえ(お肉のプロフェッショナル)最近の記事

片平梨絵|かたひらりえ(お肉のプロフェッショナル)

片平梨絵|かたひらりえ(お肉のプロフェッショナル)アーカイブス

片平梨絵|かたひらりえ(お肉のプロフェッショナル)カレンダー

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031