悪性癌「血管肉腫」

わんちゃんの一番多い死亡原因の病気は「癌」です。

様々な「癌」がありますが

一番、困難なのが「血管肉腫」と言う「癌」です。

 

写真の子は、僕のマネージャーの子で12歳のヨークシャテリアの

女の子、キャンディーちゃんという、僕の患者さんでもあります。

子犬の時から見てきました。

 

2月に肝臓が破裂して、手術で一命は取り留めたものの

「血管肉腫」と言う、病理検査の結果が出てしまいました。

 

しかも、転移が術後に認められていたので、抗がん剤治療をして

延命しても、どこまで生きられるか、進行性の癌だけにハッキリ

言い切れない部分があります。

 

マネージャーはネットで

手術のみは3ヶ月

手術と抗がん剤は6ヶ月

転移が認められた場合の手術と抗がん剤投与の生存率は不明。

1年生きる子は10%の生存しかない。

と言うのを見てしまったみたいで、随分落ち込んでいました。

しかし、3ヶ月を迎えて、今「4ヶ月」に入ろうとしています。


その子、その子の生命力はことなるのですが
この子の場合、様々な奇跡的な事が起こり「生命力」に驚かされます。
そう、マネージャーに言うと…

 

「いや、それだけではないですよ。

 抗がん剤は使う量や使用するお薬によって大きく

 副作用も関わると人間の医師に取材で聞いた事があります。

 動物も人間のお薬を使っているので同じです。

 今髪の毛が抜けている以外は

 副作用が出てきていないのは、佐藤先生のおかげですよ。」

 

と言っていただけたのですが、

いくら、どんなに獣医師が「生きて欲しい」と思って治療しても

その子が「生きたい」と思ってくれなければいけません。

効果が出ません。

ペットは言葉を話せないので
治療していても、本当はどう感じているのかは表情や仕草
病気の場合は検査結果でしか、判断できませんので

明確には分かりませんが、少しでもペットの気持ちを読み取り

感じてあげる事が大切ではと思います。

 

マネージャーのキャンディーちゃんも必死で戦っています。

生きたいと目がキラキラしています。

目の力があります。

 

血管肉腫と言うのは「血管」に腫瘍ができる癌ですので

全身に血管があると言うことは全身に癌が回っていると言っても
おかしくありません。

本当に頑張っていると思います。
今は、落ち着いていますが

猛暑のこの夏。
健康の子でさえ厳しい夏の歳になりそうですから

キャンディーちゃんにも乗り越えて欲しいと思います。

できる限りの治療はしてあげたいと思います。

#ヨークシャテリア#小型犬#犬#癌#血管肉腫#抗がん剤#副作用#末期#原因不明#医療#治療#免疫アップ#悪性#CBDオイル#獣医師#動物病院#佐藤貴紀

 

 

284472742_5212613748818474_476752460741256093_n

コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る

インタビュー特集もっと見る

 

佐藤貴紀|さとうたかのり(獣医師)プロフィール

プロフィール画像

佐藤貴紀(さとうたかのり)
生年月日:1978年2月6日生まれ
血液型:A型
出身地:東京都町田市出身

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

このサイトの責任は所属しているオルタスジャパンにあります。お問い合わせ、クレーム等は本人ではなくオルタスジャパンのこちらのメールアドレスまでお願い致します。catch@ortus-japan.co.jp
本人には絶対に連絡しないようにお願い申し上げます。

ブログモバイル版

携帯ではこちらのQRコードより ご確認ください

http://www.diamondblog.jp
/official/takanori_sato/

佐藤貴紀|さとうたかのり(獣医師)アーカイブス

佐藤貴紀|さとうたかのり(獣医師)カテゴリー

佐藤貴紀|さとうたかのり(獣医師)カレンダー

2022年5月
« 4月   6月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031