10月29日MELODIA Tokyo LIVE!!レポート。

バンドでは約二年ぶりのメロディア東京でのライブ。

 

そうか、あれからもう二年も経っているのか。

そりゃそうだよね、去年はエマージェンザに出て約半年がかりで決勝まで駒を運んでたんだ。

 

・・・初めはほんと軽い気持ちというか、

俺の周りで頑張っているバンドとかを集めてイベント開きたいなーくらいにしか考えてなくて、

どうしよっかな?って考えてた時に、なんかふと昔一緒に活動してくれたベーシストのYuya-zombieskiiくんが思い浮かんで、

彼らのバンドと対バンしたいなーってなって、

そしたら俺が関わっていただいた人たちで構成したくなって、

じゃあGutaristの秋月さんにも声かけちゃえ!ってなって、

再会を懐かしみながらも、みんなその後どれだけ音楽の世界でもみくちゃにされて来たかを表現し合える場になればいいなーなんて。

 

結論としては最高でした。

 

リアミドのみなさん、Bloopsのみなさん。

本当にありがとうございます。

みなさんのご協力がなければイベント成功しませんでした。

心から御礼いたします。

 

22853261_1447575428691542_386019942408102634_n

 

22894503_1447572132025205_2569644535800313138_n

 

盛り上げてくれました。

最高に楽しかった!かっこよかった!!

 

・・・タバコの煙さえなければ(笑)。

ライブハウスには付きものだからね、しょうがないね(笑)。

MELODIA Tokyoスタッフの皆様、分煙ありがとうございます!

 

今回のイベント企画してはみたものの、

もしかしたら俺の独りよがりなイベントだったかもしれない。

でもね、本音を言うとね、そうなんだよ(笑)。

見切りをつけた魚は結構デカかったんだぜっていうのも見せたかったもんだから(笑)。

まあそれは冗談(半分本気)としても、

俺が去年のバンドコンテストをやってみて学んだことは、

刺激し合えるようなつながりや場所をたくさん持っている人(バンド)ほど、どんどん上を目指せるってことで。

 

Yuyaくんも秋月さんも、あの日あの時に一緒に活動してくれてたけど、

俺の力不足が故に思うところまで進めなくて、

残念だけど抜けざるを得ない状況になって、

一緒にいて欲しかったけど彼らの音楽人生を引き止めることはもちろんできないし。

自分の実力不足を呪った(笑)。

フロントマンとしての魅力のなさを俺は呪い続けていたのだよ。

 

だから、1日でも早く彼らが作ったバンドと対峙してみたかった。

否、退治してみたかった(まだ言うか笑)。

 

本当はライブ前に、

色々とブログ書いたり動画出したりして告知やらなにやらすべきだったんだけど、

今回はできませんでした。

待ってくれていた方々、ごめんね。

なんせ今までのようなライブへの取り組みじゃ負けるなって思ったから。

セットリストの隅から隅まで考えて、

なんどもライブのイメージを頭で反復して、

メンバーに余すことなく伝えて、

新曲も2、3週間のうちに完成度を上げて、

全ての曲にギターソロまで入れて(これは自己満足)、

全ての意識をライブに集中させる必要があった。

そんな中でもいろんなことこなせるのが一流なんだろうけどね。

まだまだその程度なのだよ。

課題だ。

 

察してくれていたのだろうけど、

セットリストのことで相談した以外、プロデューサーも一切口出さずにいてくれて。

 

メンバーの二人とも、些細なことではあるけど色々あった。

ちょっとぎこちない空気にもなった。

俺がピリついてたからだと思う。

それでもしっかりと10/29のライブのために準備して来てくれて、

楽曲を、バンドを、支えてくれてた。

二人には本当に心から感謝している。

 

 

終わってみて思うことは、

俺の気持ちというか、熱というか、

感じ取ってもらえたみたいで嬉しかったし、

欲しかった言葉以上の言葉をもらって有り難かった。

そしてまた一緒になんかやりたいなと思った。

来年また企画して、勝負してみてたい。

みんなすげー勢いで自分の音楽に向き合って取り組んでくると思う。

そうじゃなきゃいけない。

うかうかしてらてない。

もっともっといいライブを、感動して熱くなれるライブを目指して。

そうやってみんなで切磋琢磨して風を起こしていきたい。

 

 

「跳べ 完全勝利のイメージで 沸き立つ細胞の一つまで 余すことなく燃やし切って

走れ 電光石火のスピードで 切に願って止まぬ勝利まで たった一つしかない頂点(てっぺん)を奪い取れ」

message from (the) AIR

 

最後に、

ご来場くださったみなさま、本当にありがとうございました。

広島、新潟、山口、京都・・・、関東や近郊であっても様々なご苦労をかけてご来場くださったことと思います。

俺はその後苦労に見合う分だけのエネルギーを返せているんだろうかと、

ライブの帰り道に度々心配になるんだけど、

今回のライブは全く心配していない。

同じ時間を共有できて本当に幸せてでした。

台風まで呼んでしまった今回のライブ、大きなトラブルもなく無事に終えられて本当に良かった。

帰る頃には雨も風も止んで、夜が穏やかさを纏っていました。

いつも全力で応援してくださっているファンの皆さんの力だと思います。

本当にありがとう。

 

そして、今回来られなかったみなさんもありがとう。

時計を見ながら、今頃始まってる頃かなって考えながらいてくれてたと思います。

そういう思いの一つ一つも全部わかってるつもりです。

おかげて最高にいいライブができました。

次のライブ、またその次のライブ、その次、その次・・・・で待ってます。

本当にありがとう。

 

 

12月3日(日)、

吉祥寺mojo cafeで一時間ぐらいがっつり弾き語りです。

詳細は後日。

今年最後のライブ。

待ってるぜー。

23031353_1447575462024872_54168207787058698_n

 

スクリーンショット 2017-10-30 21.07.42

 

 

Yoshida BAND Takuya youtube Channel

https://www.youtube.com/TheYoshidatakuya

 

 

 Yoshida BAND Takuya Instagram

https://www.instagram.com/yoshidabandtakuya/

 

 

Yoshida BAND Takuya Twitter

https://twitter.com/Y_BAND_T

 

 

Yoshida BAND Takuya Facebook Fanpage

https://www.facebook.com/yoshidabandtakuya/

 

 

Yoshida BAND Takuya HP

https://myouon1979.wixsite.com/yoshidabandtakuya-hp

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

吉田拓矢(シンガーソングライター)トップページへ

吉田拓矢(シンガーソングライター)(よしだたくや)
誕生日:4月13日
血液型:A型

プロフィール詳細

このブログの更新情報が届きます。

このブログの更新情報が届きます。

吉田拓矢(シンガーソングライター)モバイル版

ブログモバイル版

吉田拓矢(シンガーソングライター)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp/
official/takuya_yoshida/

吉田拓矢(シンガーソングライター)最新記事

吉田拓矢(シンガーソングライター)カレンダー

2017年10月
« 9月   11月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

吉田拓矢(シンガーソングライター)アーカイブズ

吉田拓矢(シンガーソングライター)カテゴリー

吉田拓矢(シンガーソングライター)リンク

吉田拓矢(シンガーソングライター)お仕事依頼

吉田拓矢(シンガーソングライター)ダイヤモンドブロガー