戦争で難民になる「ペット」たち

ペットを連れて、ウクライナから非難する人たちいますが

置き去りにされて、難民になるペットも少なくはありません。

 

CNNのニュースによると

ある、施設の別の部屋では幼い少女が「サーシャ」という名の

小さなヤギを抱きかかえていたそうです。

サーシャは脚に深刻な問題があり、避難先の獣医師の手当てを受けて

両方の前脚に包帯が巻かれていたそうです。

 

「ウクライナの女性が自分と一緒に連れてきた。

 もしウクライナに取り残されていれば

 乳が飲めなくて餓死していただろう」

 

と言うので驚きです。

獣医師によると、飼い主の女性はウクライナの戦争から逃れ

サーシャをこの施設に預けたと言います。

 

立ち去る前にサーシャをあやしながら

まず、自分の滞在先を見つけなければならない為に

「一緒に連れて行くことはできない」

と言っていたそうです。

 

それでも

「きっと、サーシャのために戻って来るから 

 この子を心から愛している、この子は家族の一員だと言っていた。

 戦争が終わったら返してあげたい」

 

と言い残して去っていったと言う。

 

ADA財団によると、餌は十分足りているものの

それ以外は動物たちの保護のための医療機器や医薬品

輸送のための資金など、あらゆる援助を必要としているという。

 

英ロンドンや米フロリダ州に拠点をもつ慈善団体の

「ネットワーク・フォー・アニマル」などは、ADAのような

保護施設を支援しようとしているが、助けを必要としている動物の数はあまりに多い。

獣医師たちはほとんど睡眠も取らずに昼も夜も働き続けていると言います。

 

それでもスタッフには、戦争から逃れてきた動物たちの面倒は見るべきだという信念があり

「みんな家族の一員だから」と医師たちは話していたそうです。

 

我々ができることは

していきたいですね。

 

02-video-thumbnail-baby-goat-sidner-pkg-super-169


#ヤギ#ロシア#ウクライナ#戦争#怪我#難民#獣医師#動物病院#佐藤貴紀

コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

佐藤貴紀|さとうたかのり(獣医師)プロフィール

プロフィール画像

佐藤貴紀(さとうたかのり)
生年月日:1978年2月6日生まれ
血液型:A型
出身地:東京都町田市出身

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

このサイトの責任は所属しているオルタスジャパンにあります。お問い合わせ、クレーム等は本人ではなくオルタスジャパンのこちらのメールアドレスまでお願い致します。catch@ortus-japan.co.jp
本人には絶対に連絡しないようにお願い申し上げます。

ブログモバイル版

携帯ではこちらのQRコードより ご確認ください

http://www.diamondblog.jp
/official/takanori_sato/

佐藤貴紀|さとうたかのり(獣医師)アーカイブス

佐藤貴紀|さとうたかのり(獣医師)カテゴリー

佐藤貴紀|さとうたかのり(獣医師)カレンダー

2022年3月
« 2月   4月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031