インフォメーション

久しぶりにM資金詐欺を見ました。(笑)

おはようございます。
6月2日。火曜日。
今日の東京地方は晴れ。後曇り。
最高気温は29℃、最低気温は20℃予想です。
昨日は久しぶりにスポーツジムに行ってきました。
ランは30分。
マシーントレーニング30分。7種目。
久しぶりですので軽めのメニューでしたが、
鈍ったからだに喝を入れてきました。
親指が痛いだけで、スポーツジムからも半年ほど遠ざかっていましたが、
昨日から復活です。
さて。今日は最近久しぶりに出会ったM資金詐欺について書きます。
・・・・・・・・・・・・・・・・
M資金(Mしきん)とは、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)が占領下の日本で接収した財産などを基に、現在も極秘に運用されていると噂される秘密資金である。Mは、GHQ経済科学局の第2代局長であったウィリアム・フレデリック・マーカット(William Frederick Murcutt)少佐(後に少将)の頭文字とするのが定説となっている。その他にマッカーサー、MSA協定、フリーメーソン (Freemason) などの頭文字とする説などがある。(ウィキペディアより)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私が証券会社にいた時からM資金詐欺に引っかかっていた人は多いですね。
特徴は、とにかく金額が大きい話が多い。大体最低でも100億円とか50億円ぐらいの話。一番大きい金額で「最低2兆円、普通にいけば50兆円ぐらいのお金」の話もありました。
今回、久しぶりにM資金詐欺らしき話に騙されている社長さんにお会いしました。
一流大学を卒業して元大手テレビ局で働いていた60代の社長さん。
某国のテレビのデジタル化をやるためにM資金が動いてくれて
100億円を出してくれる、という話。
出してくれるのは出資なのか寄付なのか融資なのかは曖昧な話ですが、
とにかく
「平和目的で事業をやろうとしている自分が困っていることを知って
某資金が100億円を出資してくれることが決まっている」
という。お金は財務省の中に秘密の枠があって一分の政治家や官僚しか知らない。
(笑)
で、私にはそうした政治家やその資金を管理している団体への運動資金5000棉円だけ貸してほしい、調達して欲しい、との事。
もしも100億円が入ったら何倍にでもして返す。また何千億円儲かるビジネスで毎年数億円のお金をバックする、というちょっと賢い人ならバッカじゃないの、
と思う内容でした。
大体のパターンは、大きなお金が貰えるからその事務手数料や紹介料、活動資金のためにといって小さなお金(100万円から2億円)が必要だ、と言って騙し取るバターンです。
今回の元テレビ局出身の社長さんもお金に頭がのぼせていて
「●●さん、この話は間違いなくM資金詐欺にあってますよ」
「騙されているからお金を出しちゃだめですよ」
と言っても逆切れされ、あんたなんかには分からん、あんたにはもう二度とこの話はしない、と言われました。(笑)
大体が風采が上がらない元テレビ局のオジサンがお金に困っているからといって
100億円も出してくれるところがあるわけない。
だってそんなオジサン、どこにでもいますから。(笑)
テレビ局出身の方は、現役時代ちやほやされたので騙される方多いですね。
ここで、悪徳商法についての本も書いた事がある私から
詐欺に騙されないための必殺技をお教えします
それは
「ウソにはウソをかぶせる」
という事。
例えば、よくある「オレオレ詐欺」の場合
「おばあちゃん、俺だよ、俺!」
と電話がかかってきたら、
「おー、京都の隆彦かい?久しぶりだねー、どうしたの?」
(本当は、孫の名前は聡で、東京に住んでいる)
相手が
「そうそう隆彦だよー、実は大変なことになってしまって」
と来たら明らかにオレオレ詐欺、決定です。(笑)
今回の事案でも
「あー、その話聞いた事あります。戦後パナソニックや京セラなんかも
そのM資金詐欺の資金で急場をしのいで世界的企業になったんですよね。」
(もちろん私がその場で考えたウソ)
と話を向けたら
「そうそう、パナソニックも京セラもこの資金の恩恵に預かったんだよ」
と来たので、この人は明らかに詐欺にあってる、もしくは本人も詐欺師だという事がわかりました。(笑)
ウソに対してウソをかぶせて、相手がこちらのウソを肯定して来たら
その相手は大体が詐欺師か信用してはいけない人です。
もちろんそれ以上付き合うのは時間の無駄ですので、
私の方から交流を絶ちました。
大体、M資金詐欺にあった人、関わっている人は間違いなく
自己破産するか、大きな傷を負います。
だって資金でもビジネスモデルでもそういう資金依存で
自分自身は空っぽな人だからです。
白馬の王子様なんていないから。(笑)
M資金詐欺が出ると、同じような詐欺に遭う人が続出します。
輸出関連お大手企業はアベノミクスで潤っていますが、
零細、中小企業は材料コスト高騰で厳しい会社も増えています。
特に食品・外食関連は大変です。
大丈夫だとは思いますが、皆様も気を付けて。
何かあれば私にご連絡ください。お手伝いできます。
それでは。

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

横井裕之|よこいひろゆき(フードアナリスト協会創業者)プロフィール

プロフィール画像

横井裕之(よこいひろゆき)
ニックネーム:よこちゃん
所属事務所:フードアナリスト・プロモーション株式会社
身長・サイズ:177cm・75kg
生年月日:1964年1月27日
血液型:B型

【経歴】
立命館大学卒業。大手証券勤務15年の後、(社)日本フードアナリスト協会を設立。理事長。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

横井裕之|よこいひろゆき(フードアナリスト協会創業者)カレンダー

2015年6月
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

横井裕之|よこいひろゆき(フードアナリスト協会創業者)アーカイブス

横井裕之|よこいひろゆき(フードアナリスト協会創業者)QRコード

ブログモバイル版

横井裕之|よこいひろゆき(フードアナリスト協会創業者)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/yokoist/