『PRAISE OTHERS』 (人を褒めよう)


「賞賛されることに喜びを見出すよりは、賞賛することを喜びとせよ」


有名無名は野心ある者が吐露する価値観である。

己の名を売ることを生き甲斐としている者や、

評判のいい、知られている人に近づき、その知名度に

乗っかって自分の名を広めようとするしたたかな者もいる。

世のため、人のためと口では言っても、結局、

己の名誉欲のために生きている輩だ。

使命をもって生きる人は自分ありきに重点を置かず、

人ありきに押し出される者を言う。


魂のROCKERは、

「人がたとえ全世界を手に入れても、

まことのいのちを損じたら何の得にもならない。」

と謳っている。


「まことのいのち」とは、惜しみなく与える

無償の愛でもある。明治の文学者、二葉亭四迷は

日本に初めてLOVE(愛)という言葉が西洋から入って来た時、

「あなたのためならば、わたしは自分の命を

捨ててもいい」と訳した。


THE BIBLEには、

「人の子(JESUS)が友(あなた)のために

いのちを十字架の上で捨てるという、

これよりも大きな愛はない…

あなたは高価で尊く、愛されている…

自分を神の愛で愛するように、隣人を愛しなさい…」

などとある。


フランスの詩人、ジェラルド・シャンドリーは

「人生の最後に残るものは集めたものではなく、

与えたものである。」

と語っている。


どれだけの愛を自分のために集めたか、ではなく、

どれだけの愛を人に与えたかが、最後に残るのである。


仕えられるのを喜ぶのではなく、仕えることを喜び、

JESUSが栄え、己が衰えることを生き甲斐とした

パプテスマのヨハネは、

「女の胎から生まれた者の中で、

このような人はいない」と、

魂のROCKERに賞賛された。


己の名声ではなく、人の徳を高め、

己の賞賛に酔うのではなく、人の賞賛を喜ぶ者であれ。


「やってあげた」、ではなく、「やらせていただいた」

のであり、「あなたの喜びこそ、わたしの喜びである」、

と言える者であれ。


今日という日が、あなたをとおして周りの人に思いやりと

優しさが伝わる日となりますように…


「偉くなることの喜びより、仕えることの喜びを知れ」


2020年 9月 5日 土曜日

アーサー・ホーランド



20200905-213717.jpg

 



20200905-213902.jpg

 

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る

インタビュー特集もっと見る

 

Profile

アーサー・ホーランド

アーサー・ホーランド
生年月日:1951年9月27日
血液型:A型

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。



Calendar

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

Archives

QR-Code

ブログモバイル版

アーサー・ホーランド(牧師・モデル・俳優)オフィシャルブログ