マダム・フローレンス

働いた! 頑張って働いたよ!

ということで、今はマウイにいます。


ホノルルまでの機内で観たのが「マダム・フローレンス」。これが本当に良い映画でした。


クラシック好きなら、彼女のことは知っているでしょう。「世紀のオンチ」として知られ、金にあかせてカーネギーホールでリサイタルまで開いてしまったフローレンス・フォスター・ジェンキンス。



20170302-005434.jpg


金持ちの勘違いしたオバサン、というのが衆目の見るところで、私もそうだったのですが、この映画ではメリル・ストリープとヒュー・グラントの名演技によって、彼女の姿が見事に昇華されます。




20170302-005817.jpg


あの気難しいトスカニーニが金の無心に来るほどの地位と遺産を持っていたマダム・フローレンス。

幼いころから音楽教育を受けてソプラノ歌手となるが、音程もリズム感もなく、声域も狭くて、あるのは声量だけ。

つまり酷い音痴なのですが、本人はそれに気づかず、リサイタルやレコーディングを繰り返します。


夫には若い愛人がいるのですが、本当に愛しているのはさてどちらかというと、、

ヒュー・グラントは流石の演技で、「優しくて有能なヒモ」としての夫役を見事に演じます。


自分の音痴を気付かずにいたマダム・フローレンスは、ついにカーネギーホールでリサイタルを開こうとします。

周囲はそれとなく止めるように勧めるのですが、彼女は聞き入れません。そして当日、、


この映画には、とても多くのものが盛り込まれています。人々の差別意識、上っ面のポリティカル・コレクトネス、本当の優しさ、そして勇気。


彼女は死の床で、こう言います。


ひとは私のことを「歌えない歌手」だと言うけれど、少なくとも私は「歌った歌手」なのよ。


クラシック音楽好きの方も、そうでない方にも、強くお薦めしたい映画です。



Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

山本義徳|やまもとよしのり(ボディビルダー)プロフィール

プロフィール画像

山本義徳(やまもとよしのり)
生年月日:1969年3月25日
血液型:A型
出身地:静岡県

【経歴】
1969年3月25日生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。
◆著書
・体脂肪を減らして筋肉をつけるトレーニング(永岡書店)
・「腹」を鍛えると(辰巳出版)
・サプリメント百科事典(辰巳出版)
・かっこいいカラダ(ベースボール出版)
など30冊以上

◆指導実績
・鹿島建設(アメフトXリーグ日本一となる)
・五洋建設(アメフトXリーグ昇格)
・ニコラス・ペタス(極真空手世界大会5位)
・ディーン元気(やり投げ、オリンピック日本代表)
・清水隆行(野球、セリーグ最多安打タイ記録)
その他ダルビッシュ有(野球)、松坂大輔(野球)、皆川賢太郎(アルペンスキー)、CIMA(プロレス)などを指導。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

ブログモバイル版

携帯ではこちらのQRコードより ご確認ください

http://www.diamondblog.jp/
official/yoshinori_yamamoto/

山本義徳|やまもとよしのり(ボディビルダー)アーカイブス

山本義徳|やまもとよしのり(ボディビルダー)カテゴリー

山本義徳|やまもとよしのり(ボディビルダー)カレンダー

2017年3月
« 2月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031