技術の進化とは

多くのスポーツにおいて、記録は常に進化している。100mスプリントやマラソンは数字が出るので分かりやすい例だが、野球やサッカーなどの技術も、昔と今とでは格段の差があるであろう。
私が高校生の頃は、150kmのストレートが投げられたら、もう豪速球投手だった。

野球の金田正一などは、「オレの現役時代は180km出せた」とか言ってるけど誰も本気にはしていないし、柔道の木村がベンチプレス250kg挙げたとかというのも、かなり誇張されているはずだ。

しかし芸術の世界では、昔の作品を今の芸術家が超えているとはとても言えないし、小説や詩などでもそうである。

でも技術的なものは進歩しているはずで、チャイコフスキーがピアノコンツェルトを作曲したとき、「誰もこんな難しい曲は弾けない」と当時の有名ピアニストに断られたというエピソードがあるが、今ではそのへんの音大生だって弾くことができるようになっている。

だからピアノの鍵盤を弾くメカニカルな技術は進歩しているはずなのだが、今でも誰も弾けない難曲があって、その代表がリストの「ラ・カンパネラ」だ。

リストがこれを作曲したとき、誰も他に弾くことはできなかった。そのため、どんどん易しくしていって、5回目に易しくしたのが、現在普通に弾かれている「ラ・カンパネラ」である。

https://www.youtube.com/watch?v=XCPkAq7nw6c

の動画で弾いているピアニストも、世界レベルで言ってもかなりの技量であって、同じように弾ける人はそうはいない。


で、これが二回目のバージョンだ。誰も弾けないので、コンピュータで再現している。
https://www.youtube.com/watch?v=hRv4hqXejEM

このグロテスクなまでの難曲を、リストは弾けたわけだ。

こういう例があると、本当の極限的な人間の才能となると、必ずしも進化しているとは限らず、もしかしたら昔は100m9秒で走る原始人がいたのかも・・なんて思いを馳せてしまう。

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る

インタビュー特集もっと見る

 

山本義徳|やまもとよしのり(ボディビルダー)プロフィール

プロフィール画像

山本義徳(やまもとよしのり)
生年月日:1969年3月25日
血液型:A型
出身地:静岡県

【経歴】
1969年3月25日生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。
◆著書
・体脂肪を減らして筋肉をつけるトレーニング(永岡書店)
・「腹」を鍛えると(辰巳出版)
・サプリメント百科事典(辰巳出版)
・かっこいいカラダ(ベースボール出版)
など30冊以上

◆指導実績
・鹿島建設(アメフトXリーグ日本一となる)
・五洋建設(アメフトXリーグ昇格)
・ニコラス・ペタス(極真空手世界大会5位)
・ディーン元気(やり投げ、オリンピック日本代表)
・清水隆行(野球、セリーグ最多安打タイ記録)
その他ダルビッシュ有(野球)、松坂大輔(野球)、皆川賢太郎(アルペンスキー)、CIMA(プロレス)などを指導。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

ブログモバイル版

携帯ではこちらのQRコードより ご確認ください

http://www.diamondblog.jp/
official/yoshinori_yamamoto/

山本義徳|やまもとよしのり(ボディビルダー)アーカイブス

山本義徳|やまもとよしのり(ボディビルダー)カテゴリー

山本義徳|やまもとよしのり(ボディビルダー)カレンダー

2016年5月
« 4月   6月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031