「黒死館殺人事件」と「ドグラ・マグラ」

クルーズ中は時間が余りそうなので、その時間を読書に充てることにした。読了したのは「黒死館殺人事件」と「ドグラ・マグラ」、そして「グレイト・ギャツビー」。

 

日本三大奇書の二つに数えられる前二者だが、個人的に明らかに優れていると思うのは黒死館のほうで、冒頭から流れ出る爽快なまでのペダントリーは読了後まで読者を飽きさせず、まるでモーツァルトを聴いているときのように、「この時間がいつまでも続いて欲しい」とまで思わせてくれる。

 

「ファウスト」を基調にした謎を追いかけながら、グプラー麻痺やエルブ点反射などの医学用語、ミンコフスキー空間やド・ジッターとアインシュタインの論争、ボーデの法則などの物理天文学、その他さまざまな心理学や錬金術、毒物学などの学術用語を振りまきつつ、核心に迫っていく。そのペダントリーは昭和10年に発表された作品とは考えられないほどのものであり、作者が意識していたであろうヴァン・ダインもかくやと思われるほどの内容である。

 

澁澤龍彦がいうとおり、もはや謎も犯人もどうでもよく、流されるままに文章を読んでいくだけで楽しい、まさにアンチミステリである。いつ読んでも面白いだろう。

 

たいして「ドグラ・マグラ」は最終的な結論は明かされず、すべては胎児の夢なのか、犯人は呉一郎なのか正木なのかなど、確たる示唆はされていない。また途中の「資料」の部分があまりに冗長で、作者の息子も「お父さま、それでも、この阿呆陀羅経は長すぎるよ」と言ったそうな。

でもこの幻想的な文体が好きな人も多いそうで、ハマれば夢中になるのかもしれない。

 

人生とは現実であるか、もしやすべては幻想ではないのか。「胡蝶の夢」を想起させる「ドグラ・マグラ」は、人生のうち、どのステージで読むかで感想が変わってくるような気もする、

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

山本義徳|やまもとよしのり(ボディビルダー)プロフィール

プロフィール画像

山本義徳(やまもとよしのり)
生年月日:1969年3月25日
血液型:A型
出身地:静岡県

【経歴】
1969年3月25日生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。
◆著書
・体脂肪を減らして筋肉をつけるトレーニング(永岡書店)
・「腹」を鍛えると(辰巳出版)
・サプリメント百科事典(辰巳出版)
・かっこいいカラダ(ベースボール出版)
など30冊以上

◆指導実績
・鹿島建設(アメフトXリーグ日本一となる)
・五洋建設(アメフトXリーグ昇格)
・ニコラス・ペタス(極真空手世界大会5位)
・ディーン元気(やり投げ、オリンピック日本代表)
・清水隆行(野球、セリーグ最多安打タイ記録)
その他ダルビッシュ有(野球)、松坂大輔(野球)、皆川賢太郎(アルペンスキー)、CIMA(プロレス)などを指導。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

ブログモバイル版

携帯ではこちらのQRコードより ご確認ください

http://www.diamondblog.jp/
official/yoshinori_yamamoto/

山本義徳|やまもとよしのり(ボディビルダー)アーカイブス

山本義徳|やまもとよしのり(ボディビルダー)カテゴリー

山本義徳|やまもとよしのり(ボディビルダー)カレンダー

2015年9月
« 8月   10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930