ウリ専を呼んだ話5

→ウリ専を呼んだ話4

 

 

 

 

 

 

さて、ウリ専ボーイさんが来るまで

あと2時間ほどあります。

 

 

 

 

 

 

 

幸い新宿には

他にも数多くのラブホテルがありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク(めっちゃ高いところはアレだけど、

せめて恥ずかしくないくらいのところに

呼びたいな……)

 

 

 

 

 

 

そこでボクはいつも泊まるホテルの近くにある

わりと綺麗めのラブホテルに向かいました。

 

 

 

 

 

 

 

ボク(普段なら絶対泊まらないぐらい高いホテルだけど

休憩料金だし、今日くらい……いいよね)

 

 

 

 

 

 

 

休憩料金で7500円しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク(ヒー!普段の宿泊料金より高いよー!‼)

 

 

 

 

 

 

 

普段フロントに「1人でもいいですか?」と訊ねるところを

今日は「あとでもう一人来るんで」と伝え、

キーを受け取ります。

 

 

 

 

 

 

鍵を開けると、普段の倍はありそうな

広々とした部屋が出迎えてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク(うわー! テレビとか壁掛けじゃん)

 

 

 

 

 

 

 

 

さて……ボーイさんが来るまで

あと1時間強はあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク(こういうとき、飲み物とか

買っておいてあげるべきなのかな……?)

 

 

 

 

 

ウリ専なんて呼んだことないからわかりませんが、

なんとなくそんな気がして一旦コンビニに出ることにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク(ええっと……お茶……とかでいいのかな?)

 

 

 

 

 

 

 

コンビニで緑茶を手に取ります。

 

 

 

 

 

 

ボク(ああっ……! でも、もし麦茶派だったら

困るだろうし、麦茶も買っておこうかな……?)

 

 

 

 

 

 

そう思い、

麦茶もカゴに入れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク(で、でもでも! もしかしたら

そもそもお茶がキライって可能性もあるし、

一応水も買っておこう……)

 

 

 

 

 

 

もカゴに入れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク(あ、その子だけ飲んでたら気をつかうだろうし、

ボクも同じ物買っておこう……)

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、さらにもう一人分の

緑茶、麦茶、水をカゴに入れます。

 

 

 

 

 

 

 

もはや、いまから

ホームパーティーでも開くのかというくらいの量

飲み物を買い込み、コンビニを後にしました。

 

 

 

 

 

 

 

ボク(ふぅ……これだけ買えば大丈夫だろう)

 

 

 

 

 

 

いまから思えば

お前の頭は大丈夫じゃないけどな?!

というぐらいのテンパり具合ですが、ひとまず

安心したボクはホテルに戻ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時計を見ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク(まだ一時間くらいある……)

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクはベッドに横たわりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク(久しぶりに……

誰かと一緒に添い寝できるだけでも

なんか嬉しいな……)

 

 

 

 

 

 

 

 

もともとは寂しさからきた

ウリ専を呼ぼうという発想、

それは本心でした。

 

 

 

 

 

 

ボク(あー……腕枕とか

されたことないけど、

されてみたいなぁー……)

 

 

 

 

 

 

 

ボク(そうだ、ボーイさんが来たら

添い寝だけでもいいですよって言おう)

 

 

 

 

 

 

 

ボク(うん! なんか仕事仕事したのも

イヤだしそれがいいよね!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク(あ、でも、もし向こうが

シようとしてきたらどうしよう?)←?

 

 

 

 

 

 

 

ボク(「キミのこと見てたら我慢できなくなっちまったぜ……」

とか言われたりして……////)

 

 

 

 

 

 

 

ボク(そんでそんで、ボクも

「えっ……そんな……困るよぅ////」とか

言っちゃったりなんかしちゃったりしてー!////)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1105

 

 

 

 

 

 

ボク「……」

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク「……やっぱり浣腸だけしとこうかな////」←

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~トイレ~

 

 

 

 

 

用足し中。

 

 

 

ボク(でもなー、浣腸ってちょっと

腸内に残ったりするんだよなー)

 

 

 

 

 

 

 

ボク(……シャワー浣腸もしよっかな?)

 

 

 

 

 

 

 

 

~お風呂場~

 

 

 

 

 

シャワー中

 

 

 

ボク(……でも、こんだけ事前に準備しても

結局お尻ほぐす段階でモタついて

向こうが萎えちゃったりするんだよね……)

 

 

 

 

 

 

 

ボク(事前にほぐしとくか……?)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結局、ローションをお風呂場に持ち込み、

ほぐし始めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク(って……)

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1106

 

 

 

 

 

 

 

 

 

←続きます

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る

インタビュー特集もっと見る

 

PROFILE

大島 薫(おおしまかおる)

大島 薫(おおしまかおる)
所属事務所:フリーランス
身長・体重:165cm・53kg
生年月日:1989年6月7日

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

CALENDAR

2016年2月
« 1月   3月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
29  

ARCHIVES

QR-CODE

ブログモバイル版

大島 薫|おおしまかおる(タレント)オフィシャルブログ