[gtranslate]
高羽そらさんインタビュー

現在の香港は未来の台湾

昨日、少しだけホッとして、すぐに心配になったニュースを見た。それは周庭(アグネス・チョウ)氏に関する記事。

 

香港の民主化運動として知られている2014年の「雨傘運動」。この時に「民主の女神」と呼ばれたのが周庭氏。日本語が堪能で、日本文化にも強い関心を持っておられた。ボクは彼女のX(当時はTwitter)をフォローしていたので、2020年に香港国家安全維持法違反で逮捕されたときは、殺されないか本気で心配した。

 

でも2021年に出所したという報道を見たので、少しは安心していた。だけどその後の情報が皆無だったけれど、昨日になって現在の周庭氏の状況が公開された。

 

周庭氏「外国にいても身の安全が心配」 産経新聞に語る カナダに留学

 

なんと周庭氏はカナダの大学院に留学していた。今年の9月に香港を離れたそう。ただパスポートを返却してもらうのが大変だったらしい。記事から抜粋してみる。

 

『このため、香港警察の国安部門に申請すると、政治活動に再びかかわらないことなどを約束する書面の提出を求められた。さらにパスポートを返却する条件として、国安担当者とともに中国本土の深圳に行くことも要求された。周氏は8月、5人の国安担当者と深圳に向かい、展覧会で中国共産党や歴代指導者の業績を見学させられた。その後、「祖国の偉大な発展を理解させてくれた警察に感謝します」との文書を書かされたという』

 

この記事を見る限り、中国という国家が文化大革命の頃と変わっていないことがよくわかる。香港はすでに以前の香港ではない。そしてこの先に民主化運動が発生することもないだろう。完全に中国本土の管理下に置かれている。

 

周庭氏は「香港には一生戻らない」と述べていて、事実上の亡命宣言をしている。「香港の状況や自らの安全、健康などを考慮した。とてもつらい決断だった」とのこと。それでも不安は尽きない。

 

「カナダに中国の秘密警察が置かれていると報じられている。外国にいても身の安全がとても心配だ」と語っていた。その通りだと思う。だから迂闊なことを発言したり行動を起こすと、命に危険が及ぶ可能性が高い。これが中国という全体主義国家の実情だということ。

 

この香港の状況は、未来の台湾のように思える。武力行使はしないとしても、じわじわと漢民族を移住させて世論を変えていこうとするだろう。来年の台湾総統選挙の結果によって、懐柔策か武力で押し切るかという決断がなされると思う。どちらにしても台湾の未来には暗雲が垂れ込めている。

 

台湾有事は日本への影響が無視できない。そう考えると親中派議員が多い自民党政権では安心できない。いろいろと考えさせられる記事だった。

 

 <お知らせ>

最新刊の『夢体脱』が全国の書店、並びみAmazon等のECサイトで販売中です。2012年に出版した『夢で会える 体外離脱入門』は、非物質世界の存在に『会う』ことがメインテーマでした。

 

でも『夢体脱』ではその出会いをどのようにして実生活に活かしていくかをテーマにしています。旧作を読んだ方にも新しい洞察が得られる内容になっています。是非ともよろしくお願いします。

 

Amazonでは単行本と同時に、Kindleの電子書籍でも購入していただけます。こちらからどうぞ。

 

ハート出版さんのサイトでも『夢体脱』の概要をご覧いただけます。こちらからどうぞ。

 

ブログの更新はFacebookページX、並びにThreadsで告知しています。フォローしていただけるとうれしいです。

 

『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2023年12月
« 11月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/