高羽そらさんインタビュー

全く感想が出てこない作品

ある映画の感想を書こうとしたのに、これほど何も出てこないことは珍しい。いわゆるロマンティックコメディ作品で、笑いながら最後まで観ることはできた。だけど主人公を含めて現実味のない人物ばかりで、感情移入がどうのこうのという以前の段階で終わってしまった。

 

a793158d8b460bc6cc65e6c2108fe051

 

2022年 映画#74

『ワタシが私を見つけるまで』(原題:How to Be Single)という2016年のアメリカ映画。主演のダコタ・ジョンソンはメラニー・グリフィスの娘で、ボクは『フィフティ・シェイズ』シリーズの3部作でいい女優さんだと思って注目していた。

 

もう一人写真に映っている太めのレベル・ウィルソンも、コメディにピッタリの女優さんだと感じていた。最近観た『ピッチ・パーフェクト』は感動作だったし、アン・ハサウェイと共演した『ザ・ハッスル』もかなり面白かった。

 

この二人だから期待したんだけれど、はっきり言ってイマイチの作品だった。ダコタ・ジョンソン演じるアリスは恋愛依存症。つまり独り立ちできず、誰かに恋していないと不安で仕方ない。そんな彼女が様々な男性とトラブルを起こし、最終的にひとりでいることにようやく向き合えるという結末。

 

そいう意味ではラストは良かったけれど、そこに至る過程にどうも本気で乗り切れない。なぜかと考えていると、登場人物に生活感がなさすぎるから。恋愛にばかりフォーカスされていて、彼女たちの仕事をしている姿が見えない。ニューヨークで暮らしているんだから、働かないと生きていけないはず。

 

法律事務所の事務補助という仕事なんだけれど、仕事で苦労したりスキルアップしようという姿がまったく描かれていない。だから本当に生きている人間としてリアルに感じられずに最後まで進んでしまったという印象。人間って恋愛のドタバタだけで生きているわけじゃないからね。

 

ところがこの作品は原作がある。こんな小説で面白いのかな? と思って調べてみた。するとまったくストーリーはちがって、登場人物たちはまさにニューヨークで生きている。本を読んだ人の感想をいくつか見たけれど、映画の100倍は面白いとのこと。

 

ということで映画は残念だったけれど、せっかくの出会いだから原作を読んでみようと思う。もしかしたらこの作品のちがった面を発見できるかもしれないからね。ちなみにこの映画でひとつだけよかったところがある。

 

『マイ・インターン』という映画で、アン・ハサウェイの夫を演じたアンダーズ・ホームという俳優さんがいる。人のいい優しい雰囲気で、ちょっと気の弱い浮気者の役だった。その彼が、この映画ではカッコいいバーテン役を演じていた。

 

よく見たらかなり二枚目で、『マイ・インターン』では役作りをしていたんだとわかった。アウトロー的な役もできそうなので、ちがう演技を観たいと思う俳優さんだった。メチャ悪役でサイコパスの彼を観てみたいなぁ。

 

ブログの更新はFacebookページTwitterで告知しています。フォローしていただけるとうれしいです。

 

『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る

インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2022年5月
« 4月   6月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/