PGC-1αは必ずしも?

PGEndothelial PGC-1α Mediates Vascular Dysfunction in Diabetes

Cell Metab. 2014 Feb 4;19(2):246-58. doi: 10.1016/j.cmet.2013.12.014.



PGC-1αと言えばトレーナーだったらピンと来るはず。そう、mTORC1活性化により、骨格筋においてミトコンドリアのバイオジェネシスを促したり、GLUT-4の増加を促したりする転写因子の一つである。一般的にPGC-1αが増えることは「良い」とされ、ビタミンCとビタミンEの摂取によりこれの増加が抑えられたため、抗酸化物質はトレーニングの効果を減じる、なんて言われたこともあった。

しかしある研究ではPGC-1αトランスジェニックマウスにおいては、ミトコンドリアは増えていたものの、GLUT-4の発現はむしろ低下していたという結果も出ていた。

そして今回紹介する研究によれば、

・高血糖により、PGC-1αが血管内皮細胞において発現増加
・しかしPGC-1αはNotchシグナル伝達系を活性化し、血管内皮細胞の遊走を阻害
・それにより血管新生も阻害される。つまり糖尿病における血管傷害と似た感じになる
・逆にPGC-1αが減ると、糖尿病性血管傷害が改善される

とのこと。通常であればRac/Akt/eNOSシグナル伝達経路によって内皮細胞が活性化されるのだが、Notchシグナルにはそれを抑制する作用があるようだ。

血管新生の抑制は、癌治療には役立つ。これをターゲットとした新しい製剤も出てくるかも。

 

プリント

コメント (0件)

現在、この記事へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

山本義徳|やまもとよしのり(ボディビルダー)プロフィール

プロフィール画像

山本義徳(やまもとよしのり)
生年月日:1969年3月25日
血液型:A型
出身地:静岡県

【経歴】
1969年3月25日生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。
◆著書
・体脂肪を減らして筋肉をつけるトレーニング(永岡書店)
・「腹」を鍛えると(辰巳出版)
・サプリメント百科事典(辰巳出版)
・かっこいいカラダ(ベースボール出版)
など30冊以上

◆指導実績
・鹿島建設(アメフトXリーグ日本一となる)
・五洋建設(アメフトXリーグ昇格)
・ニコラス・ペタス(極真空手世界大会5位)
・ディーン元気(やり投げ、オリンピック日本代表)
・清水隆行(野球、セリーグ最多安打タイ記録)
その他ダルビッシュ有(野球)、松坂大輔(野球)、皆川賢太郎(アルペンスキー)、CIMA(プロレス)などを指導。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

ブログモバイル版

携帯ではこちらのQRコードより ご確認ください

http://www.diamondblog.jp/
official/yoshinori_yamamoto/

山本義徳|やまもとよしのり(ボディビルダー)アーカイブス

山本義徳|やまもとよしのり(ボディビルダー)カテゴリー

山本義徳|やまもとよしのり(ボディビルダー)カレンダー

2016年12月
« 11月   2月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031