ゲイビデオモデルからAV女優になった話14

→ゲイビデオモデルからAV女優になった話13

 

 

 

 

 

1話から読む場合はこちら

 

 

 

 

 

 

 

男の娘AV女優として

やるからには、本気でやろうと

決意しました。

 

 

 

 

 

地毛を少しずつ伸ばし、

男性の服をほとんど処分し、

毎日メイクを練習しました。

 

 

 

 

男性と言い張るにはだいぶ

無理があるくらい地毛が伸びたころ

仕事を変え、女性のフリをして

マッサージ店に勤め始めました。

女性として働いていた話参照

 

 

 

 

 

 

男の娘AV女優として活動するといっても

なにをしていいかわからなかったので、

とりあえずフリーモデルや、フリーの女優等が

いる仕事募集用のマッチングアプリに

登録してみました。

 

 

 

 

 

 

 

すると、都合よくAV事務所の人から

連絡が来たんです。

 

 

 

 

 

 

 

そのときはまだ大阪だったので

大阪で会いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_5209

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真だけで女性だと思っていたようです。

 

 

 

 

 

 

仮にこの方を吉井さんとしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

吉井「うちは新しくできた事務所で、

社長が僕の友だちなんだよ。僕は

大阪のスカウト担当で、いい子がいたら

東京の事務所に紹介するって感じなんだ」

 

 

 

 

 

 

 

吉井さんは見た目こそ典型的な

チャラチャラしたスカウトマンでは

ありませんでしたが、雰囲気は

ある種軽薄というか、そういう職業

特有のものを持っていました。

 

 

 

 

 

 

 

僕「男性ですけど、大丈夫ですか?」

 

 

 

 

 

 

 

吉井「うちは女の子しか扱ったことが

ないから、一応社長に確認してみるけど

大丈夫だと思うよー」

 

 

 

 

 

 

 

吉井「それよりかは、その前にやってた

ゲイビデオ? の契約のほうが問題かもね」

 

 

 

 

 

 

 

僕「あー……」

 

 

 

 

 

 

 

このとき、最後のゲイビデオ出演から

三ヶ月ほどが経過していて、実は

ゲイビデオの女装モノのオファーは

減っていたんです。

 

 

 

 

 

たぶんゲイビデオ感覚でいうと、

僕は出過ぎで需要がないと

感じていたんでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

僕「でも、もう最後から三ヶ月経ってますし、

もうあと三ヶ月ほどで契約が切れますよ」

 

 

 

 

 

 

 

吉井「じゃあ、キッチリ契約が切れた段階で

東京に行って事務所登録しようか」

 

 

 

 

 

 

 

僕「わかりました」

 

 

 

 

 

 

 

三ヶ月後、僕は東京に自腹で行き、

指定されたAV事務所に

向かいました。

 

 

 

 

 

 

 ※ここから様々なAV知識が出ますが、

すべて僕が当時出演していた

2014年~2015年くらいの

出来事です。

 

 

 

 

 

指定された事務所は大きなビルの

テナントの1つとして入って

いるようでした。

 

 

 

 

ドアの前に立ち、

インターホンを鳴らします。

 

 

 

 

 

 

ピーンポーン

 

 

 

 

 

 

男性の声「はい」

 

 

 

 

 

 

僕「吉井さんの紹介で

来ました、大島です。」

 

 

 

 

 

ガチャ

 

 

 

 

 

 

男性「どうもどうも、中

入ってください」

 

 

 

 

 

 

出てきた男性は30代前半

くらいで、スーツ姿でした。

 

 

 

 

 

 

 

僕「ありがとうございます」ペコッ

 

 

 

 

 

 

 

男性に促され中に入ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_5205

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕(なんだこのオフィス!

超綺麗じゃん……!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~AV豆知識~

AV事務所が無駄に豪華なことは

結構あるあるです(普通のとこもあるけど)

 

理由はビビりながら

AV事務所に来た女の子が

「こんな綺麗なオフィスなら

ちゃんとした会社なんだろうな」

と思わせるためです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕(シャンデリアぶら下がってるよ……)

 

 

 

 

 

 

 

 

男性「こちらですよー」

 

 

 

 

 

 

 

僕「あ、はい」

 

 

 

 

 

 

男性が示したドアに入ると、

そこは応接室のようでした。

 

 

 

 

 

 

 

男性「こちらでお待ちください」

 

 

 

 

 

 

僕「はい……」

 

 

 

 

 

 

男性はそういって僕を残し、

部屋を出ていきます。

 

 

 

 

 

 

 

僕(応接室も綺麗だな……)キョロキョロ

 

 

 

 

 

 

 

しばらくして、さっきの男性の他に

2人の男性が入ってきました。

 

 

 

 

 

 

※もちろんここからは

全員仮名です。

 

 

 

 

 

 

 

 

男性「こちら社長の島津です」

 

 

 

 

 

 

 

島津「どうも」

 

 

 

 

 

 

 

僕(社長なのに長髪の茶髪なんだ。

業界的にはそういうのが普通なのかな)

 

 

 

 

 

 

 

男性「そっちの坊主の若い奴は

新人マネージャーの藤堂です」

 

 

 

 

 

 

 

 

藤堂「ウッス」

 

 

 

 

 

 

 

男性「で、僕はマネージャーの酒井です」

 

 

 

 

 

 

 

 

僕「ど、どうも……」ペコリ

 

 

 

 

 

 

 

島津「で、吉井のほうから話

聞いてるんだけど、もう前の会社とは

契約が切れてるんだよね?」

 

 

 

 

 

 

僕「はい……」

 

 

 

 

 

 

 

島津「じゃあ、まあ、問題ないか。

酒井、アレ」

 

 

 

 

 

 

 

 

酒井「はい」

 

 

 

 

 

 

 

すると、酒井さんが

紙とペンを差し出します。

 

 

 

 

 

 

 

 

紙には

「タレントマネジメント契約書」

とかなんとか書いてあったと思います。

 

 

 

 

 

 

島津「じゃあ、これ読んで

サインをしてもらって、所属と

なりますので」

 

 

 

 

 

 

僕「わかりました」

 

 

 

 

 

 

目を通して、サインをします。

 

 

 

 

 

 

 

僕(てか……)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_5206

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

超コワイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕(密室に男性三人に囲まれて、

契約書にサインするの超コワイ)

 

 

 

 

 

 

 

僕(僕、男だからまだアレだけど、

これ女の子とか1人で来るの?

コワすぎムリすぎカタツムリ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕「書きました……」

 

 

 

 

 

 

 

 

島津「はい。じゃあ、酒井

あと説明しといて。藤堂」

 

 

 

 

 

 

藤堂「ウッス」

 

 

 

 

 

 

 

そういって、島津社長と

藤堂マネージャーは応接室を

出ていきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

酒井「東京にいられるのは

明日までなんだっけ?」

 

 

 

 

 

 

 

※この酒井さんと、藤堂さんという

マネージャーさんはスカウト上がりで

話しやすい雰囲気だった印象です。

 

島津社長はチャラそうな見た目のわりに

無口で恐く感じたのを覚えています。

 

 

 

 

 

 

 

僕「はい」

 

 

 

 

 

 

酒井「じゃあ、明日のうちに

回れるだけ面談回ろうか」

 

 

 

 

 

 

 

僕「面談……?」

 

 

 

 

 

 

 

酒井「営業だね。AVメーカーに

実際に女の子連れていって、

プロデューサーや監督に見てもらって、

使ってもらえるか判断してもらうの」

 

 

 

 

 

 

僕(そうなんだ)

 

 

 

 

 

 

 

酒井「本当は宣材写真とかで

先に見てもらって、興味持ってもらった子を

実際にメーカーに連れてくんだけど、

今回は撮ってる時間ないから直接行こう」

 

 

 

 

 

 

 

 

~AV豆知識~

そういえば、僕、事務所の中で

宣材撮った記憶がありません。

 

本来は契約のあと、この応接室で

女の子は裸になってメーカーに

持ってく用の写真を撮るはずなのですが、

なんで撮らなかったのかは不明です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

酒井「すでに大島ちゃんのこと

伝えてある中で、興味持ってくれそうなとこ

目星付けてあるからさ」

 

 

 

 

 

 

 

 

僕「わかりました。

よろしくお願いいたします」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~翌日~

 

 

 

 

 

 

駅前で酒井さんと待ち合わせます。

 

 

 

 

 

 

 

酒井「じゃあ、電車でまずは

六本木まで行くから」

 

 

 

 

僕「はいっ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

六本木に到着すると、

バカデカいビルに連れていかれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

そこは当時あのSODとも並ぶほどの

一大AVメーカーとなっていた

株式会社CAでした。

 

 

 

 

 

 

 

エレベーターでCAの

オフィスに向かいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_5207

 (※イメージです。てか、DMMの受付みたいに描いちゃった)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

受付超豪華

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

受付嬢「いらっしゃいませ」ペコリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕(受付嬢綺麗過ぎるだろ、

どっかのタレントかと思ったわ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

酒井「円山様とのお約束で参りました。

○○事務所の酒井です」

 

 

 

 

 

 

受付嬢「かけてお待ちください」

 

 

 

 

 

 

 

 

しばらくしてから

応接室に案内されます。

 

 

 

 

 

 

すると、受付の方が

聞くんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

受付嬢「お飲み物何になさいますか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、僕も会社員してたんで

こういうのよくあるじゃないですか。

 

 

 

 

 

でも、そういうとき大体

コーヒーか紅茶かってくらいですよね?

 

 

 

 

 

なんかメニューみたいなの渡されたんですけど、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_5208

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、喫茶店並みのバリエーション

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕(大企業すげぇ……

ロイヤルミルクティーとかもある。

なに? ここで煮出してんの?)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~AV豆知識~

こんな栄華を誇ったCAも

いまは吸収合併で消えたと思うと

AV業界の水の流れの早さに

驚かされます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、結局普通に紅茶を頼み、

酒井さんと待っていると、

メーカーの人がやってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

円山「どうもどうも」

 

 

 

 

 

酒井「お世話になっております」

 

 

 

 

 

円山「お、こちらが新しく入った子?」

 

 

 

 

僕「よろしくお願いします」ペコッ

 

 

 

 

 

円山「じゃ、まずは面談シート

書いてもらおうかな」ペラッ

 

 

 

 

僕「面談シート?」

 

 

 

 

 

 

 

~AV豆知識~

大体面談では面談シートを書きます。

答えた内容をメーカーの人がカルテみたいに

書き込んでいく場合もあります。

 

 

 

 

 

円山「わかんないとこは空欄でいいから」

 

 

 

 

 

 

 

 

僕「はい」

(えっと、年齢と誕生日、

スリーサイズ……あと可能プレイ……)

 

 

 

 

 

ここで男優Nさんの言葉が蘇ります。

 

 

 

 

 

 

僕(ハードSMとスカトロはNG……と)

 

 

 

 

 

 

 

僕(他にも色々あるな……ナマ、中出し、

……ん? レイプ???)

 

 

 

 

 

 

 

僕「あの、このレイプって

別に本当にやるわけじゃなくて、

演技でってことですよね?」

 

 

 

 

 

 

円山「そうだよ?」

 

 

 

 

 

 

 

僕「わざわざ記載する必要って

あるんですか?」

 

 

 

 

 

円山「ああ、たまに演技でも

トラウマだったりが蘇って

パニックになる子がいるからね」

 

 

 

 

 

僕「へー」

 

 

 

 

 

 

 

~AV豆知識~

ちなみにこの出来事を以前

ツイッターでつぶやいたら、

元セクシー女優でタレントの

成瀬心美さんからこのような

リプライをいただきました。

 

 

 

 

 

IMG_5135

 

 

 

 

 

実際に被害に遭ったことが

ある場合以外にも大きな声で

怒鳴られたりが苦手な人なども

NGにする場合があるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

僕「書けました……」オズオズ

 

 

 

 

 

 

円山「はーい、どれどれ……

えーっと、パブはどうなのかな?」

 

 

 

 

 

 

僕「パブ? 

えっと……入浴剤の」

 

 

 

 

 

 

酒井「それはバブだね」

 

 

 

 

 

円山「あはは(苦笑)

パブっていうのは

パブリシティの略だよ」

 

 

 

 

 

円山「たとえば、AVは

誰でも見られるような雑誌の広告に

載ったりすることもあるから、

そういうの嫌な子は事前に公開範囲を

聞いてるんだよ」

 

 

 

 

~AV豆知識~

パブは事前に事務所で聞いてる

場合もありますが、メーカーでも

再度確認されたりします。

 

もちろんAV女優として有名に

なりたい子もいますが、

全員がそうとは限らないですから、

雑誌までOKとかインターネットOKとか

全部公開OKとか色々指定できます。

 

ちなみにパブ全部公開OKの女優を

「パブ全開」「パブ全」と略して

いったりしますね。

 

 

 

 

 

 

 

もちろん僕の覚悟は決まってましたから、

 

 

 

 

 

 

 

僕「全部載って大丈夫です」

 

 

 

 

 

 

 

と、こたえました。

 

 

 

 

 

 

 

円山「はい、じゃあ、以上で

面談終了でーす。宣材はまだ

ないんだよね? 写真だけ

撮らせてもらえる?」

 

 

 

 

 

ゲイビデオの経験があるので

この場合の写真がなにかは

すぐにわかりました。

 

 

 

 

 

僕「はい」

 

 

 

 

 

円山「じゃ、こっちで」

 

 

 

 

 

といい、別室に案内されます。

 

 

 

 

 

それ専用の部屋らしく、カメラが最初から

セットされていて、脱衣所のような

スペースもあります。

 

 

 

 

 

 

僕(どのみち見せるけど、脱ぐ瞬間は

隠せるように配慮してるのか……)

 

 

 

 

 

 

なんというか、そのチグハグな感じが

むしろ僕を緊張させました。

 

 

 

 

 

 

僕「脱ぎましたー」

 

 

 

 

 

 

 

円山「はい、じゃあ、出てきてください。

うんうん……タトゥーとかそういうのはないね」

 

 

 

 

 

 

~AV豆知識~

このメーカーでの身体の

チェックは体型だけでなく、

入れ墨や傷痕などの確認も

兼ねています。

 

あると出られないわけでは

ないですが、メイクさんが隠したり

する手間もあるので、大事な確認です。

 

しかし、密室に男性と二人きりになって

裸の写真撮られるのは、女の子にとっては

かなりコワイんじゃないかと思います。

 

 

 

 

 

 

円山「はい、じゃあ、撮りまーす」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

……と、これで面談は全部終了で、

僕はその日同じ作業を3社繰り返しました。

 

 

 

 

 

CAさんは大きな会社でしたが、

他は小さな会社も中くらいの会社も

色々ありました。

 

 

 

 

 

その中の一つのメーカーで

僕はかなり不吉な言葉をいわれるんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_5210

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕「あ、あはは……」

 

 

 

 

 

 

 

 

これから男の娘AV女優として

有名になろうと思っていた僕に

その言葉は辛辣でしたが、実際

僕もその気は感じていました。

 

 

 

 

 

 

僕(そういえば、テレビとかでも

しつこいくらい『彼氏が彼女に着替えたら』

みたいな企画やってたのに、ずいぶん

見なくなったな……)

 

 

 

 

 

 

 

 

僕(もしかして、それで最近

ゲイビデオの女装モノの

オファーもなかったのか……?)

 

 

 

 

 

 

 

朝倉さんがいまノンケの間で

女装モノのAVが流行っていると

いっていたのは、もう1年前です。

 

 

 

 

 

 

 

ともかく、そんな不穏な言葉を

受けながらも、面談を終えた僕は

大阪に帰りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、実際その言葉通り、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3社全部に落ちました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

←続きます

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る

インタビュー特集もっと見る

 

PROFILE

大島 薫(おおしまかおる)

大島 薫(おおしまかおる)
所属事務所:フリーランス
身長・体重:165cm・53kg
生年月日:1989年6月7日

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

CALENDAR

2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

ARCHIVES

QR-CODE

ブログモバイル版

大島 薫|おおしまかおる(タレント)オフィシャルブログ