世界各地から招かれる国際的セラピスト 奥田健次独占インタビュー【前編】
世界各地から招かれる国際的セラピスト 奥田健次独占インタビュー【前編】
奥田健次(行動分析学者)Xアマゾン

長崎へ♪

パートタイム教授、奥田健次です♪( ´ε`)

もうすぐ大学を超早期退職して、1年になりまする。

激動っちゃ激動でしたが、今ある日常が自分にとってフツーなんですね。大変っちゃ大変ですが、あれこれ分からんことを考えるのは、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄だと思ってますので(>_<)笑

対処可能なことは考え尽くす。

対処不可能なことは考えない。

これ病気にならんための基本。

今日は、これから長崎県へ飛びます。昨年に続いて、長崎県臨床心理士会から呼ばれまして。

そもそも、おれは臨床心理士なんての要らないねんけども、ある人が「取得した上で、ゴロゴロいる下手くそを批判して、踏んづけてやるのがええんちゃう?」と助言するので、「せやね」と。資格を取るために大学院に入ったわけじゃなくて、臨床と研究したい大学院のコースがたまたま指定校だったわけで。で、やっぱり要らんと思って取らなかったんやけど、大学で勤めるようになって学生らのために持っておいてやろうかってのと、上記の助言です。

しょうがない、1回だけお受験してやるか。1次試験も2次試験も合格。2次試験(面接)のときなんか、面接官に対して「落とせるもんなら落としてみろや」という態度だから、そんな鬼っぽいオーラが出てたかもしれん(笑)。もちろん、わざわざ失礼な言動は取りませんよ。でも、一言くらいはチクッと言いましたがね。まあ、合格だったわけです。

取って見てガッカリ。持ってるヤツらの中で「最高の資格ですよ」とか言う同僚教員もいて、「こいつ、アホちゃうか?」と。自分の肩書きや資格を「最高」とか言うてる最低な人物は置いといて、臨床もできん奴をバッサバッサと切り倒したわけです。そしたら、案の定、干された(笑)。以前に、前のブログで断筆する前に書いた記事なんか、ちょっと過激やからか今でもアクセス多め。ま、結論としては「もみけし」でしたね。呼ばれるはずもない。てか、とある会員によれば、しばらく講師希望アンケート調査をやらなくなったらしいし(笑)。しょぼいなぁ。

まあ、そんなわけで取る前からも「要らんな」と思っていたのが、さらに「要らない、逆に持っているだけで損してる」と思うようになってました。

ところが。

昨年、長崎県から研修会講師の依頼が。おれ、当日の講義を開始してお昼休みくらいまではまだドッキリやないかと疑っていたからね。ほんまに、今まであちこちの研修会に呼ばれていたけど、臨床心理士がらみはゼロでしたから。ドッキリではありませんでした。打ち上げのときに、「なんで私みたいな毒だらけの危険人物に講師依頼されたんですか?」と聞きましたら、どうやら拙著を読んで下さった骨のある臨床心理士の中で、どっちかというと痛烈にダメ心理士を批判しているのに、それに共感して下さった(そして、この毒を必要と思われた)からのようです。

多くのトップは自分の立場を危うくするのを阻止しようと考えて躍起になっているのですが、ごく稀に「ええもんは取り入れる」というトップがいるんですね。すると、そこでは血の巡りが良くなって健康体な組織になるんです。長崎がそうでした。しかも2年連続。前代未聞が2年連続しますかね。

そりゃ、日本というか世界を動かすことになる龍馬さんを活躍させる何かが、やっぱり長崎にはあるっちゅうことよ。

一度、毒か薬か知らんが強烈なものを入れると、役に立たないものが見えてくる。トップの人らは常にそれを恐れているんです。彼らの理屈づくりが笑えるほどの低レベル。大学の教授達なんですけどもね。「ええもんは取り入れる」に続いて、「役に立たんものは排除」も必要だということです。

ただ、さすがに2年連続は受講される方々に、何か申し訳ないような気がして。

抗生物質を飲み続けたらあかん、みたいな。

受講者に「来年は別の講師を」と言われたら、何かおれが損したような気分になるし。だから、おれのほうから「来年は別の講師を」と言います。これ、まじで。ほんまは毎年でも「喜んで!」やねんけど、やっぱり他のお薬も取り入れていただければ、後からまた良さってものが(あるのなら)分かっていただけるはずやし。2、3年に一度くらいか、オリンピックイヤーに行くくらいがええのかな。

長崎にはプライベートで行きたいですねえ。「ながさき言葉」を今回こそ聞けるとええな。そういえば、前のブログで当時の記事の中の一部分、おれのコメントが入ってました。若い子によれば、なんか敬語を使うと長崎弁が消えるんやって。ほんまかいな〜( ̄▽ ̄)笑 関西弁は敬語にも関西弁の敬語があり、イントネーションはそのまま残ります。敬語を使わないで、シルブプレ。「ながさき言葉」、セボン・セシボン・トレビアーン。

ちょっとアレルギーで喘息ひどいのですが、明日は長崎での研修会。毒にも薬にもなるものを振りまいてきます(^^)/

※いよいよ明日の日曜、NNNドキュメント 2/17放送「孤高の出張カウンセラー 」 予告動画。

奥田健次

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る

インタビュー特集もっと見る

 

奥田健次(行動分析学者)トップページへ

奥田健次(行動分析学者)プロフィール

プロフィール写真


奥田健次(おくだけんじ)
身長・体重 174cm・63㎏
生年月日 1972年1月20日
血液型 B型
出身地 兵庫県

プロフィール詳細

このブログの更新情報が届きます。

奥田健次(行動分析学者)モバイル版

ブログモバイル版

奥田健次(行動分析学者)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp/kenjiokuda/

奥田健次(行動分析学者)カレンダー

2013年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

奥田健次(行動分析学者)カテゴリー

奥田健次(行動分析学者)アーカイブズ

奥田健次(行動分析学者)リンク

奥田健次(行動分析学者)お仕事依頼