世界各地から招かれる国際的セラピスト 奥田健次独占インタビュー【前編】
世界各地から招かれる国際的セラピスト 奥田健次独占インタビュー【前編】
奥田健次(行動分析学者)Xアマゾン

歯取穴埋

行動分析学者、奥田健次です(+。+)

大学は超早期に退職させていただき、西軽井沢で学校づくりを始めてもうすぐ1年になります。

大学在職中は、なかなか病院に行く暇もありませんでした。内科や耳鼻科は、仕事に穴を開けないためになんとか通いましたが、歯科の定期クリーニングは後回しにしがちでした。で、こっちに移住した今は行きたいときに行けます(^^)

そんなわけで、親知らずラス1を取ってもらう決心をし(なかなか決心できなかったのは昨日の記事の通りです)、やっていただきました。

「1時間かかります」ということで開始。高校の美術室にある木槌とノミは出てきませんでした。確かに、本当に20年近くの月日の中で、口腔外科手術の技術も機器も進歩しているんだと実感。

それでも、やっぱり力仕事ですよ。

お医者さんも途中、「こりゃ大物だわ〜」と(^▽^;)

ですから、そうなんです。子どもの頃から「強い歯だ」と、どの歯科医にも言われてましたもん。このときばかりは強い歯であることを恨みましたが(´・ω・`;)

麻酔が効いているから歯や歯茎には痛みは無いのですが、なんせ『ONE PIECE』のキャラくらいに口をでっかく開け続けるので顎の苦しさ、首の痛さ、呼吸の出来なさが辛かったです。苦しいと、どうしても生理的に“ i ”の口形に近づきます。でも、そこんところを意識的に“ a ”にしようと頑張るわけですから、閉じる力と開ける力の拮抗なんですね。すんごい筋肉痛になるやろな。なりました。

ゴリゴリ、グリグリ・・・・

チュイーーーーーン・・・

これらの繰り返し作業。

下あごが砕かれる感覚です。びくともせん、おれの親知らず。先生は全身の力でゴリゴリ来ますからね。

「びくともせい!」と思っていたのですが、強い歯、なかなかびくともせんの。

ようやく40分ほど経過して、おれの下あごからミシミシっと響く感覚あり。そこからはすんなり取り切れたわけです。で、あとは針と糸で歯茎をフフフンって感じで2針。3〜4針くらいの覚悟もしてましたが、2針で済みました。1時間予想のところ、45分ほどで済みました。

左の親知らずは2日かかりましたからね。

おれはどうせウミガメのように涙を流すだろうと思っていたのですが、涙ゼロでしたよ。その代わり、うがいのときに麻酔で口に感覚が無いもんやから、よだれかけが濡れましたね。1歳児に戻った気分です。

言われていた通り、術後2時間ほどしたら麻酔が切れてきて、「はひぃ、はひぃ」とジンジン痛みが湧いてきました。「こりゃ頓服、いっとく?」とか思ったけども、最近、アレルギーの薬やら内臓系の薬やらを服薬することが多いので、なるべく我慢しようということで乗り切りました。自宅でここまで我慢できるんなら、歯科医院にてもうちょっと堂々としてればよかったのに(-_-;)

夜ご飯は、やっぱりおじやでした。口がほんわりとしか開きませんもの。でも、結構、食べられましたよ。

今の痛みを、うまいこと例えるならば。そやね。高校生にぶん殴られた後、その同じ箇所を中学生にぶん殴られたくらいの痛み。いい比喩や。しかし、それなら高校生と中学生を鑑別所送りにしてやるんやけど、今回は自分からやってもらいに行ったわけでね。うーむ。あんまり良い比喩ではなかったな(-_-) ま、痛みはそんなレベルってことです。

20代のときに下あご左の親知らずを2日かけて取ってもらったときの苦しみをMAX100とすれば、今回は40くらいかも(>_<) いや、左の親知らずのときはMAX100やなくて1000ですよ。

そして、奥歯1本分、ダイエットに成功(* ̄∇ ̄)ノ

いま、扁桃腺も腫れているんで、扁桃腺も子どもの頃から夢だった除去手術をしてもらったら、さらなるダイエット効果があるかもしれんし、のど風邪をひかなくなるならアリかもしれんね。

現在、おれの顔は少し腫れてます。顎骨折くらいの感じかな。あくびも痛くてできへんねぇ。口の中は抜いて穴が空いた部分には詰め物が入っていて、黒い糸で2針の糸付き男。血はタラタラ出てますね。しゃべりは当然、滑舌が悪いです。いま、小学生にケンカ売られたら負けちゃう可能性があります。

今日はこれからまた歯科医院で、術後1日の様子を見てもらって、来週くらいに抜糸って感じですかね。来週、中盤からアチコチ行ったり来たりなんですね。それで糸付きのままはやだ。旅先でおかゆとかおじやとか、手に入らんかもしれんし。

今月は長崎で講演あるし。あ、長崎の講演の日の夜ですよ、NNNドキュメントのオンエアは。あー、あの美味しかった皿うどんを食いてぇ。ちゃんぽんは苦手やけど、皿うどんがめっちゃ美味かった。

このまま、羽鳥アナ、ちゃうわ、歯取穴埋め状態では皿うどんも食べられへん。

そしたら、そんときはほんまに泣きます。ウミガメのようにではなく、子どものように泣きます。

じゃ、病院いってきます。

奥田健次

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

奥田健次(行動分析学者)トップページへ

奥田健次(行動分析学者)プロフィール

プロフィール写真


奥田健次(おくだけんじ)
身長・体重 174cm・63㎏
生年月日 1972年1月20日
血液型 B型
出身地 兵庫県

プロフィール詳細

このブログの更新情報が届きます。

奥田健次(行動分析学者)モバイル版

ブログモバイル版

奥田健次(行動分析学者)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp/kenjiokuda/

奥田健次(行動分析学者)カレンダー

2013年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

奥田健次(行動分析学者)カテゴリー

奥田健次(行動分析学者)アーカイブズ

奥田健次(行動分析学者)リンク

奥田健次(行動分析学者)お仕事依頼